April 27, 2010

浪曲の夕べ:伊丹秀敏師匠の三味線で浪曲を聴く

Itami2ReharsalS.jpgClick to PopuP

 よかった。ああ、たのしかった。演奏についてであるのはいうまでもないけれど、盛況になったこともうれしかった。
ぼくたちはすでに ほんの数十秒とはいえ演奏を耳にしていたからなおさらに待ち遠しく楽しみでならなかったけれど、それをなしにひとが集まってくださるかどうか気になった。ところが、十畳ひとつと八畳間ふたつをつなげて舞台をしつらえ椅子と座椅子が並べられた会場は満員になった。ぼくは3時間も前に松戸に着いていたのにちょっと外に出て戻ってきたら、おおかたの席はうずまっていて、一番前の2列だけに遠慮が座っているようだった。もうしわけないけれど、ぼくたちは前から2列目の座椅子にありがたく腰をおろすことにした。

 なにをかくそう、ぼくは浪曲を生で聴くのは初めてのことだったから浪曲三味線の解説がいちいち興味深く、好奇心が膨らんだところにすぐその場で音になるとあってはおもしろくてしかたない。これが花魁道中、こういうのが勇ましい場面だという説明のあとに鋭い眼差しでまっすぐに背を伸ばした秀敏師匠のはりつめた撥さばきが糸をはじく。三味線は太鼓に糸を張ったような珍しい楽器なんだそうだと言われて目を転じればなるほど四角い太鼓に棹をつけて糸を張ったものにちがいない。
 浪曲の三味線は背景を描き出し、かけ声が場面を転換させる。「三囲(みめぐり)稲荷の由来」では浪曲の伝統に則って、この日の主役である曲師はかげに隠れて富士路子さんがうたい語るのだ。障子のかげで糸をはじく演奏者が見えないから、音楽によって情景を表現する力がかえって増すのだ。目をつぶって聴いていると即興演奏なのだとは信じがたいほどだが、姿勢を崩さず表情も変えず情と風景を描き出す様子が目に浮かぶ。

Itami2BentohS.jpg穴子弁当を大きくする
 一部が解説、二部で実演、そのあとに折りたたみテーブルを拡げて第三部に控えし穴子弁当がまたうまかった。写真を拡大してください。これをつつきながらビールで師匠一行を囲む会でも運よくとなりに師匠ご自身がお座りになった。三味線を抱えて撥を手にしたときの厳しい顔つきからは一変して、すっかりやわらかい表情になった。わたしは天丼がいいとお選びになったが、こんどは穴子丼をすすめよう。

「どなたかとくに影響を受けた方はいらっしゃいますか?」とI氏が質問した。
「師匠の伊丹秀子さんです。あれほどの人は他にいない。美空ひばり以上の人がいないのと同じです。どこに行っても花道にも舞台にも人がいっぱいになりました」
「CDやレコードは買えるところがありますか?」
「浅草のイサミ堂にあります」
それほどの人を、ぼくは名前も知らなかった。niijimmaさんが、伊丹秀子さんについて「Across the Street Sounds」に「端座する名人の背は伸び撥踊る、声色許多で間を走る(2)」として、エントリーしていらっしゃる。

次回は5月15日、伊丹秀敏師匠と水乃金魚さんの二丁三味線を披露してくださるそうだ。
即興なので、よほど息が合っていないと二丁三味線はできないんだと、金魚さんはおっしゃる。こんどもまた楽しみだ。

■関連ブログ
席亭 宇「浪曲の夕べ」/kai-wai散策
宇 光景/kai-wai散策
端座する名人の背は伸び撥踊る、声色許多で間を走る(1)/Across the Street Sounds
端座する名人の背は伸び撥踊る、声色許多で間を走る(2)/Across the Street Sounds
三囲稲荷/Googleマップ

投稿者 玉井一匡 : April 27, 2010 11:56 PM
コメント

Niijimaさん
そう、だれもがとても満足そうだったのが気持ちよかったですね。
今度は、もっと若い人が増えるといいななんて、欲がでてきます。

Posted by: 玉井一匡 : April 29, 2010 07:34 AM

furuさん
そのとおりです。とても惜しいことをしました。
浪曲の最盛期を生きていらした師匠のお話をじかに聞けるというのは
ほんとうに貴重な機会だったと思います。つくづく。
でも、5月にはまたやりますから、安心して下さい。

Posted by: 玉井一匡 : April 29, 2010 01:19 AM

ほんとうに盛況でしたね。
帰ってゆくみんなの顔がほころんでいたのが格別に印象的な会でした。

Posted by: M.Niijima : April 28, 2010 07:15 PM

ああ、懇親会に出れなかったのがつくずく残念です。

Posted by: fuRu : April 28, 2010 10:15 AM

ありがとうございました。
演奏としてよかっただけでなく、懇親会がよかったということは、集まったひとのありようがよかったんということですね。
それには、核になる人たちがあればこそでしょう。
浪曲や三味線も、核のひとつになれるかもしれませんね。
そうやって考えていると、ホントにたのしみです。

Posted by: 玉井一匡 : April 28, 2010 02:22 AM

今回の催しは、演者と観客の距離が、物理的に...だけではなく、接近していたことがとても良かったですね。また、三部の弁当を食べながらの懇親会が、いかにも場所を活かしてのことで、これがまたとても良かったように思います。なんとなく、ちょっとだけ、相撲の場所に居るような気がしました。
とにかく、こんな催しを思いついてくださって、ありがとうございました。次回だけではなく、これからもつづいてくれたらよいな...と心から思います。

Posted by: masa : April 28, 2010 12:57 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?