July 27, 2010

二酸化炭素温暖化説の崩壊

Co2Earth.jpg『二酸化炭素温暖化説の崩壊』/広瀬隆/集英社新書

 地球温暖化が二酸化炭素によって引き起こされているということは、いまやほとんど疑う余地のない人類共通の認識のようなものになっている。だからといって、二酸化炭素の排出が少ない原子力発電は環境にやさしいクリーンエネルギーなんだと電力会社にいわれると、どこかおかしいんじゃないかと思わずにいられない。
 かつてマイクル・クライトンが小説「恐怖の存在」で二酸化炭素による地球温暖化説を批判し、NHKの長時間インタビューでこの本のことを語っているのを見た。二酸化炭素を減らすことに集中するあまり本来するべき対策を怠ることになるのは危険だと主張していた。以前にこのブログでも、そのことを「不都合な真実」と「恐怖の存在」というタイトルでエントリーしたことがある。
 ぼくはどちらの説も一方だけを信じる気にはなれないが、その後マイクル・クライトンが世を去り、鳩山由紀夫やオバマまでいずれも原子力発電の推進を温暖化対策の重要な柱にすると言い出すようになると、さすがに心配になった。余談だが、前後関係を調べているうちに、マイクル・クライトンが死んだ2008年11月4日はオバマの大統領選挙勝利が決まった日だということを知った。

 著者の広瀬隆は、30年ほど前に「東京に原発を」という本を書いた。いうまでもなくこのタイトルは逆説で、主旨は反原発である。安全だというなら、原子力発電所を新宿の新都心にでもつくれば廃熱を地域冷暖房に活用できる。でもそれをやれずに日本海がわに原発をつくるという非効率をあえてしなければならないのは、原発が危険であることを知っているからだという主張だ。この本でぼくは、原発というものは核反応による熱で水を温めて蒸気をつくり、それでタービンを回すというだけの装置にすぎず、核エネルギーのうち2/3は利用しないまま熱として海に捨てられ、電気になるのはわずか1/3であることを知った。

 本書では、二酸化炭素地球温暖化説の根拠とされている数々の現象を取り上げて、その仮設が間違であると指摘し、むしろ太陽の活動やエルニーニョ現象、冷房によるヒートアイランドなどが原因であると主張する。異常な高温と裏腹に起きている異常な低温についてはメディアもあまり報道しないという。具体的なグラフなどを提示しての論理には説得力があり、IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change)はCO2による地球温暖化の研究でアル・ゴアとともに2007年のノーベル平和賞を受賞したが、データの使い方を意図的に曲げているところもあり、ノーベル賞を返還すべきだとしている。まして、CO2 削減の対策として原子力発電を増やそうとしているのは大きな間違いだとしているのは、いうまでもない。

 著者・広瀬隆は、こう言う・・・多くの資料は、だれもが入手できるものだから、私の言うことをそのまま信じないで、自身で調べて確認してほしいと。(じつは、読み終わった本をすぐにあげてしまったので手許にないから、ぼくは正確な引用ができない)ぼくは、まだそれを確認していないから、温暖化についての彼の説が正しいかどうかはまだ自分では確信できない。
 しかし、仮にCO2が地球温暖化の原因だとしても、その対策としてエネルギーを原子力に頼ろうというのは間違いだとは思う。炭酸ガスは、動物が生きているかぎり必然的に排出するものだから、それが増えたとしても量の増加に過ぎないが、順調に動作しているときでさえ原子力発電がつくり出す放射性廃棄物や、事故がおきれば大量にまき散らされる「死の灰」は、もともと自然状態では地球上に存在しなかったものだ。われわれ人間は、それをどう処理すればいいか今も知らないから、そのうち誰かが何かの方法を考えつくまで地下深く貯蔵しておくことにしている。

 かつて学んだ確率論の基礎の基礎を、ぼくだって今も少しは憶えている。ものごとの起きる確率とそれによって得られる利益の大きさの積を「期待値」という。たとえばルーレットのルールでは、どういう賭け方をしても期待値が同じになるようになっている。調べてみたら英語では「Expected value」。それが「マイナスの利益」つまり損害をもたらすときには「期待値」はマイナスになるはずだが、マイナスの期待値を何と呼ぶのかを僕は知らない。
 これまで原子力発電所でときどき起きた事故を見れば、事故の確率はそれほど低いとは言い難い。一方、それのもたらす「マイナスの利益」はどれだけ拡がるか、どれほど深いものであるか見当がつかないほど大きく放射能がひどく長くつづくことは分かっている。しかも遺伝による被害が何世代伝えられるものなのか、想像がつかないほど大きい。・・・だから「マイナスの期待値」はとてつもなく大きいのだ。だとすれば、ぼくたちは原子力エネルギーの利用に対してはあくまでも慎重でなければならないと考えるのは、あたりまえのことではないか。

■関連エントリー
正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために/MyPlace
「不都合な真実」と「恐怖の存在」/MyPlace
■参考ウェブサイト
IPCC公式ウェブサイト
地球環境・気象/気象庁公式ウェブサイト
地球温暖化/wikipedia
気候変動に関する政府間パネル 略称:IPCC/日本語wikipedia
Intergovernmental Panel on Climate Change/Wikipedia
 

投稿者 玉井一匡 : July 27, 2010 11:18 PM
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?