August 30, 2010

春海運河(はるみうんが)の鉄橋

HarumiRikkyo1S.jpgClick to PopuPHarumirikkyou4S.jpg

kai-wai散策で、豊洲に残されている魅力的な鉄橋の写真を見た。masaさんは、ここはニューヨークのHIGH LINEのようにできるんじゃないだろうかと言って、以前にぼくがエントリーした「High Line:ニューヨークの高架鉄道あとの再生」にリンクしてくださった。Googleマップでここを上空から見下ろすと、大きな橋と伴走するように細い鉄橋が平行していて、運河沿いの遊歩道の対岸には生コン工場がある。かつては、埋め立て地にある工場と港の間を原材料や製品を乗せて行き来する鉄道が運行されていたのだろう。
 HIGH LINEは牛や豚を乗せて港と屠殺場のあいだを行き来する鉄道だったのだから、たしかに共通するところがある。乗客を乗せて行き来することはなかったのだ。ぼくは鉄道ファンではけっしてないけれど、古い時代の鉄道とその施設の無駄のない美しさにひかれる。すぐに見たくなって、masaさんに電話をかけて場所を確認すると、さっそく次の日曜日に行くことにした。masaさんもつきあうよと言う。

 有楽町線の豊洲駅で降り、たくさんの人たちでにぎわうショッピングセンターを通り抜けると目の前に運河が広がった。かつての造船所のドックの一部を再利用して船着場がつくられている。そこに立って川上を見ると前方にあの鉄橋がある。上空からはあんなに細い鉄橋だったのに、こうして見ると鉄橋の方が美しい。横から見ると、けっして細くはないが美しい。
 松本零士がデザインした遊覧船「ヒミコ」が、かつてのドックを改造した船着き場を出て浅草に向かっていった。みるみるうちに運河を遡って、あの鉄橋の下をくぐり隅田川へ消えていった。ヒミコは、連続する一枚の曲面をなす皮膜で覆われている。鉄橋はアーチから下げた直線が橋桁を吊っている。古典的な力学と、いまではもう先端の技術ではなくなった鉄という金属の実直がきわだってとても好ましい。

Harumurikkyou2S.jpgClick to PopuP wideHarumirikkyou3S.jpg

 ヒミコを追うように、ぼくたちは運河を左に高層の集合住宅を右に見ながらほとりの遊歩道を歩いてゆく。ヒミコの未来的なかたちがいかに魅力的であろうと所詮はさほどスピードを必要としない遊覧船の表面のデザインであるから、すでに使われなくなった鉄橋の質実に及ばないのは当然だとしても、いま生きている人々の日々の生活がいとなまれる大規模な集合住宅やショッピングセンターがほとんど魅力を感じさせないのは、どういうわけだろう。ぼくたちの生きている現在のこの国この世界に何かが欠けている、あるいは、欠けているところでなく満たされているところにさらに何かを加え続けざるをえないのは、人間の活動として歪んでいるということなのかもしれない。
 
 道からあの鉄橋へ続くところは、案の定ネットフェンスで遮られていた。
もちろん「立入禁止」を表示する板があり、横にはネットを切って子供なら出入りできそうな穴があいている。こういう冒険をする少年、あるいは少女がいるらしいと内心ぼくはニヤリとした。masaさんは一眼レフのレンズを差し込んだ。
 橋は、中央のひとスパンだけをアーチの鉄橋にして橋脚をなくし、船の航行をしやすくしているらしいが、岸に近いところは両側ともコンクリートでつくられている。上から見ると、単線の線路がまっすぐにのびて、その線路敷の砂利の間から植物が生えている。橋脚の足下にはスズキとおぼしき魚が白い腹を上にして浮かんでいる。ここにも生物の世界があるのだ。

 ここを人がわたれるようにしたいな、しかし国交省がこんな面倒なことをやってくれるだろうか、もしかすると小野田レミコンの私有の鉄道だったのかもしれないねなどと話しながら帰ってきた。その2週間後くらいだったろうか、かつて強風で列車が吹き飛ばされる事故の起きた餘部(あまるべ)鉄橋がコンクリートに架け替えられたとニュースが報じていた。もとの鉄橋は、歩行者用になるのだそうだ。そういう前例があるなら、ここも歩行者用に残すことができるかもしれない。もしかするとすでに、そう決まっているのかもしれない。
と、期待したのだが、wikipediaをよく読むと旧鉄橋は全部を残すわけでなく、ほんの一部が残るだけのようだ。

■追記
 ネット検索してみると、ここは「東京都港湾局専用線」という鉄道の一部だったらしい。鉄道愛好家たちのたくさんのサイトがこの鉄道をとりあげている。

・「遠い日の記憶-東京都専用線」「消えゆく東京都専用貨物鉄道 晴海線」
・「晴海埠頭を歩いて 1~6」/「廃線・専用線」
・「廃線探索報告」
・「東京都港湾局専用線」

■関連エントリー
運河に浮かぶ遺構/kai-wai散策
晴海運河風景/kai-wai散策

投稿者 玉井一匡 : August 30, 2010 12:43 AM
コメント

masaさん
そうそう、あれはタフです。それにほどほどに重い。
重い方が撮る人間の思いを伝えやすい。
はじめはそれほどでもなかったけれど
いつのまにかいとおしくなってきましたが、
ぼくの基準は、食い物をうまそうに撮れるかどうかですが、はじめはいまひとつうまそうに撮れなかったけれど、いまではうまそうになりました。
なんのことはない。ぼくが、カメラの性格を把握できるようになったということですね。

Posted by: 玉井一匡 : September 2, 2010 07:32 PM

玉井さん、おはようございます。
僕が玉井さんの写真を褒める...なんて、それこそおこがましいです。僕は、いつも、玉井さんのお撮りになる写真に感心しながら学ばせていただいています。
コマーシャルの写真には、やはり撮影技術や科学電子的な品質も要求されますが、そうでない場合、写真は思考と感覚...だと思いますので、大仰で取り回しが不便とも言える一眼レフなど不要だと思います。
G10,11は、それに十分こたえてくれる性能を持っていると思いますし、それに、コンデジのなかでは、一番タフに見えます(^^; 玉井さんのお道具には頑丈であることが要求されますよね(^^;(^^;

Posted by: masa : September 2, 2010 09:25 AM

kawaさん
 土木構築物としては小さくかわいいものだけれど、彫刻だとすれば大きなオブジェですね。錆びた鉄とその両側に錆びたコンクリートという組み合わせもいいなあと思うのです。
 民主党の昨年のマニフェストにあった「コンクリートから人へ」というスローガンはとてもいいと思いますが、建設と成長のシンボルから環境破壊のシンボルへと変わろうとしているコンクリートのプラントが晴海側のたもとにあるというのも、なにか象徴的ですね。これが、やはりすたれて錆の固まりになったらかっこいいなあ。春海橋の手すりに使われているアルミの手摺子のかわいげのないことと言ったら、ひどいものです。あれを見ると、鉄が錆びるということがいかにすぐれた性質であるか、よく分かります。

Posted by: 玉井一匡 : September 1, 2010 02:42 AM

何年か前に、隣の超高層マンションの現場に暫く通っていました。私も密かに良いなと思ってました。コンクリート工場と合わせて、晴海側と豊洲側の間にあのくらいの大きさの錆びたオブジェが有っても悪く無いですよね。

Posted by: kawa : September 1, 2010 01:30 AM

masaさん
 ちょっと長くなるので分けてコメントを書きますが、masaさんに写真をほめていただき光栄です。
 たしかにぼくたち素人は、一眼レフより「コンデジ」を使うのが分相応だと思います。いつでもどこへでもMacBookを連れて行くぼくにとっては、一眼レフをのべつ持ち歩くわけにはゆきません。それに、画質のいい写真を撮ることよりもシャッターチャンスを逃さないことのほうが、ぼくたちにとってはずっと重要だと思うのです。しかも、masaさんが書いてくださったように、ネットの間にレンズを潜り込ませることも、地面すれすれにカメラを置いてディスプレイを上に向けて撮ることもできるし、料理の写真を撮るときにも、立ち上がってファインダーを覗き周りの雰囲気を壊すことをしないでもいい。ミラーの音で静寂をやぶる心配もない。カメラを腰だめにして、ディスプレイを上に向ければ、被写体になる人に必要以上の意識を呼び起こすこともない。
 そんなぐあいにシャッターチャンスをひろげることしか、技術の劣る素人には武器はないですからね。masaさんがG10,11を勧めたのもそういうことなのでしょう。でもね、たとえば夕日に光る蜘蛛の糸の先にぶら下がる蜘蛛と糸、そこを伝う滴なんていう被写体にピントをあわせようというようなときには、やはり一眼レフがあればいいなと思います。

Posted by: 玉井一匡 : August 31, 2010 09:17 PM

masaさん
 その節はありがとうございました。あのときは負傷の影響がまだ強く残っていたのですね。もっと休み休み移動すればよかったと反省します。

 あのあと鉄橋について考えていたのですが、先日、新潟でこんな話を聞きました。現在、Jリーグのホームグラウンドになっているスタジアムのとなりに水路を中心にした広場があります。まだ施設が出来たばかりのころにそこで朝市を開く提案をしたところ、公園法というものの制限があってそういう使い方はできないのだと言われたというのです。
 あの鉄橋の利用についても、おそらく法的なバリアがどこかにあるでしょう。そういうときには、法の解釈でなんとか道を探すというのがふつうの方法ですが、それがない場合には法を変えるということも必要かも知れないと思いました。あるいは、この国をそういうことの可能な社会にしてゆくことが必要なのではないかと思い始めました。
 そのためには、あの鉄橋の価値と意味をもっと掘り出さなければなりませんね。
もちろん、亡骸の一部を切り取ってミイラやアルコール漬けにして保存するような、明治村の帝国ホテルのようにではなく、全体を生かして残すのでなければ意味がないと、ぼくも思います。

Posted by: 玉井一匡 : August 31, 2010 08:50 PM

こんばんわ。拙ブログのエントリーへのリンクをありがとうございます。この日は、猛暑のなか、この二三日前にこの場所で転倒し、痛めた脇腹を抱えて...でしたが、おかげさまで、この夏いちばんの冒険(^^;になりました。とても楽しい思い出になりました。この場所を地図で見たり、この場所に立つたびに、この日のことが思い出されそうです。
ところで、左下の雑草に覆われた砂利スレスレの構図は素敵ですね。このときばかりは、コンデジならではの、フェンスの穴にすっと入る細いレンズや角度可変のモニタが羨ましく感じられました。

この鉄橋ですが、残せるものなら、モニュメントとして一部を...というのではなく、橋...という機能もぜひ残したいと、それを強く思います。

Posted by: masa : August 30, 2010 08:23 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?