September 29, 2010

セグウェイは生きている

SegwayCrossing.jpgClick to GoogleMap Chicago
  一昨日、Segwayの会社のオーナーがSegwayを運転していて崖から落ちて亡くなったというニュースを聞いて、発明者なのかと思っておどろいたが、よく読むと会社を金で買収した人物だというので、申し訳ないが正直なところちょっと安心した。ブッシュがSegwayで転んだなんていうのは、いい笑い話だが、オーナーが亡くなったとなればそうはいかない。Segwayのホームページを開くと、お悔やみに対するお礼の言葉が現れる。

 ちょうど先日、サラ・パレツキーの小説を読みながらGoogleマップを開いてストリートビューを見ていると、Segwayにのって信号待ちをしている数人の若者たちに出くわした。これが現実界であれば「おもしろい?」と訊ねるところだがそうはいかないので、「CHICAGO,Segway」と打ち込んでGoogleを検索してみた。
すると、City Segway Touursというのがある。アトランタ、ベルリン、ブダペスト、シカゴ、ミュンヘン、パリ、サンフランシスコ、ウィーン、ワシントンDCの各都市を、Segwayで巡るツアーらしい。で、いくらなんだろうか気になったので、もちろん Chicagoを開いてみた。シカゴは、世界ではじめてSegwayによるツアーを始めたところで、このツアーには2時間と3時間のものがあって、それぞれ費用は60ドルと70ドルだという。安いとは言えないがSegwayの講習とまち歩きの入門教育をしてくれるんだと思えば、もしぼくがシカゴに行くことがあればやってみるだろう。

 ツアーは、はじめて訪れた人たちがざっと都市を把握するもののようだが、そういう目的なら自転車で回っても不便はないどころかむしろ便利だろうだから、やはりこれはSegwayの試乗と販促の意味合いが大きいのだろう。
文末には「大切なおねがい」としてこう書かれている。「ツアーのはじめに30分間のオリエンテーションを行い、全員がSegwayに慣れてシカゴを征服できるようになるまで練習していただきます。Segwayは、年齢12才以上体重100ポンド以上の方ならどなたでもお乗りになれます。ただし、酩酊状態の方、妊娠中のご婦人の参加は、残念ながらお断りしますのでご了承ください。」
つまり、30分の練習で自在に乗れるようになるということだ。

ところで、もし、日本でセグウェイを買ったらいくらするんだろうかと気になってセグウェイジャパンのサイトを開いてみたが、基本モデルで935,000円もするんだ。こりゃあ買わないだろうな。

投稿者 玉井一匡 : September 29, 2010 11:17 PM
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?