November 13, 2010

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために

TadasikusiruOndanka.jpg正しく知る地球温暖化/赤祖父俊一/誠文堂新光社

 この夏、ぼくたちはこれまで経験のないようなひどい暑さを経験した。にもかかわらず、今年の新聞やテレビがそれをCO2のせいだとした報道を、ぼくは読んだことも聞いたこともなかった。この本を読んだあとだったから、CO2温暖化説は間違いかもしれないという考え方をマスコミが受け容れたのではないかと思った。

 著者は、地球の温暖化は人間の活動によるCO2の排出よりも地球の自然現象が原因である可能性が高いと言う。それを裏づける多くの側面からの論証がデータと共に示してあって説得力がある。
 人間の生産と消費が急増してCO2の排出量が増えるようになる時期は1940年頃だが、それよりずっと前から、もともと地球は温暖化の基調にあって人間のCO2排出が増えてから温度の上昇率は変化したわけではない。したがって、人間の排出するCO2のために気温が上昇したわけではないと指摘する。地球は長期的には小氷河期からの回復期つまり温暖化の過程にあるのだと。

 以前にエントリーした「 二酸化炭層温暖化説の崩壊」で広瀬隆氏が繰り広げた地球温暖化のCO2素原因説に対する批判の論拠は、広瀬氏自身が書いているように本書の著者・赤祖父氏に多くを負っている。広瀬氏がアジテーターであるとすれば赤祖父氏は理論的支柱なのだ。広瀬氏が語ると、その口調が熱いあまりにセンセーショナルに感じられてしまうけれど、この本で著者の展開する説明は、すこぶる冷静かつ具体的なので、IPCCはノーベル賞を返上せよという広瀬氏の主張ももっともだと考えさせる。

 本書は、CO2が地球の温暖化に影響を及ぼすことそのものを否定しているわけではないし、CO2の排出を減らす必要はないと言っているわけでもない。しかし、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は次のような間違いをおかしているのだと指摘している。
・すでに共通の認識となっている小氷河期の存在を考慮に入れていない。そのために、地球がそこからの回復過程の大きな周期の温暖化傾向にあることを見ずに、短期的な変動をもって人間由来のCO2排出によるものと見誤っている。
・IPCCは、世界中の研究者たちにスーパーコンピューターをつかってシミュレーションをおこなわせ気温の上昇を算出したが、考慮すべき条件で無視しているものがあり、その上でどのようなシミュレーションをしたところで正しい結論は得られない。
・本来、科学とは、仮説を提示したあとでさまざまな検証を経てそれが認められ、そのうえで必要であれば政治的な対応が図られるものである。にもかかわらず、CO2による温暖化については、まだ十分な検証がなされないまま、政治の道具にされている。

その結果、次のような問題が生じている。
・CO2排出制限の方法をめぐり先進国と新興国・途上国の対立が顕著になった。
・飢餓、汚染、乱獲、森林伐採、など、直接に多くの人命や環境に関わり緊急に取り組むべき問題があるにもかかわらず、それらへの対処が後回しになっている。
・CO2排出に焦点があたるようになった結果、電気をクリーンエネルギーとして、原子力発電を容認しようとしている。

 温暖化を象徴する現象としてぼくたちが何度も何度も見た映像には、温暖化とは無関係な、できごとが使われていることも指摘する。たとえば氷河がドドウと崩壊するショッキングな映像に、ぼくたちは大変なことが起きていると驚愕する。しかし、そもそも氷河というものは山の上から下に移動してくるものだから、その先端では氷が割れて崩れ落ち、最後には海に流れるものなのだ。
 原子力は、電気を消費するときにも発電時にもCO2を出さないかもしれない。しかし、原発が作り出すエネルギーのうち電気になるのは30%にすぎず残りは熱として捨てられる。言い換えれば直接に海や大気を暖めているのだ。さらに核物質には、事故が起きれば広大な範囲の莫大な生物に対して被害を及ぼし、長期的に影響がつづき、廃棄物の処理や原子炉の解体にともなう危険の問題も解決していない。すぐに原子力発電をやめるのは無理であるとしても、少なくとも将来はやめることをめざすべきだと、多くの国で考えられていたはずだ。

 赤祖父俊一氏は、オーロラなど極地気象の世界的権威で、アラスカ大学地球物理学研究所教授を経てアラスカ大学国際北極圏研究センターの所長をつとめ、極地の気候についての研究を総合的に見るという立場にあった人である。つまり、温暖化の影響が直接的に表れる場所の気象を総合的に研究してきた人だ。他者の研究に対しても自身の眼で評価することができる人だと考えるのが自然だろう。
 かつて、同じように間違った状況認識にもとづいて主要な国が行動したことがあった。大量破壊兵器が作られているとするアメリカが主張し、それにわれわれの政府も同調してイラクを攻撃した。その結果が、いまも双方に作り出されている多数の死と憎しみではないか。

■関連エントリー
「 二酸化炭層温暖化説の崩壊」/MyPlace
「不都合な真実」と「恐怖の存在」/MyPlace
■参照ウェブサイト
赤祖父俊一/wikipedia
■以下の参考ウェブサイトは、「 二酸化炭層温暖化説の崩壊」/MyPlaceにも挙げてあります。
IPCC公式ウェブサイト
*地球環境・気象/気象庁公式ウェブサイト
地球温暖化/wikipedia
気候変動に関する政府間パネル 略称:IPCC/日本語wikipedia
Intergovernmental Panel on Climate Change/Wikipedia

投稿者 玉井一匡 : November 13, 2010 04:38 AM
コメント

加島裕吾さま
 コメントをありがとうございます。
おっしゃるとおり、地球の温暖化にはきわめて多くのな要因があり、さまざまな視点や立場がありあまりにも複雑で難しい問題で気が狂いそうになりますね。
しかも、過去何百年何千何万年もの時間を遡って、この大きな地球のことを考えなければならないのだから、そもそも精度の高い理論を組み立てることはきわめて難しいことでしょう。
 しかも、この問題に限らず現代の科学は専門分野が細分化されており、ほかの分野の研究者には評価することが難しくなっているでしょうから。まして素人に理解することは、できそうにありませんね。

 それだけに、他の要因をとり払って炭素の消費という一点に注目したのは、問題を整理する上ではとてもすぐれた方法だと思います。しかしそれは、たとえば物体の運動をエネルギーの移動ということに注目したのとは次元の違うことでしょう。つまり炭素の消費という指標の他にもっとたくさんのものがあるのを取り払って整理したということであるはずなのに、それだけが原因であるという受け取り方をぼくたちはしてしまっている。

 問題は、その段階でこれを政治の課題にして対策を進めようとした結果、新たな「産業」を作り出し、あるいは、それまではやめる方向にあった原子力発電をよみがえらせようとしているところにある。赤祖父氏はそういう指摘をしているのだと思います。

Posted by: 玉井一匡 : November 21, 2010 09:33 AM

玉井さん おはようございます。この温暖化の問題の提示するものはあまりに多すぎて混乱するばかりです。20年ほど前大阪の夏に出張したおり、大阪駅前は現在の東京のようでした。その暑さにくらくらとしました。そしてほとんどの家にクーラーがついて、人々はその下で眠っていました。当時東京では夜にクーラーの必要はさほどありませんでした。これは思うにco2の問題というよりは、内燃機関の増加によっての直接の熱が都市を暖めているのが主なる原因ではないかと思わせますが、その熱が宇宙に放射できないのがCO2の原因だというのでしょうね。冬にも一生懸命火をたいて暖めている。そして、原発さえもただ熱の発生で、発電機をまわしているのですよね。
 私たちはある本では火を使うことで類人猿からの決別をおこしたという人があります。しかし、この使用のスピードはますます早まって、インドや中国の経済上昇によって促されるでしょう。これは人々が豊かになりたいという、もしくは幸福になりたいという太古からの願いが進んだものですよね。そして世界通貨比較ができて金によって豊かさを得るようになってから、国の間の交流と格差が明らかになってくる。すると、豊かな国を見本に各国が競い始める。これは自然なことですが、人口も増える。豊かな人々が金で環境を買えば、後に残すものが少なくなる。
 ところが人間は私たちの幸福欲望がどこからくるのかはわかっておらずにそれに直感的に従っている。その直感の上に経済が成り立っているように思います。その直感の上の活動のために、どのようにしてこの欲望を治めたらいいのか、その方法がわからない。
 昨日の朝日新聞に、ボルネオで、その環境が金になるので投資家が動いているという記事がありました。金が有り余っているのにまた、金の匂いに誘われている。あの人達はいくらお金が欲しいのでしょうか。もしくは投資の回転を止められなくなって、投資先を必死で探しているのでしょうか。インドネシアへの海外の投資家がおこなって、原住民には権利も情報、および世界に対する教育も持たせずに、政治家や金持ちが国の発展のためにどんどん開発を進める。国と国民との乖離は考えられないほどです。
 さて、このような状況で、CO2か否かの議論をしなくてはならない科学と政治の世界もたいへん面倒な手続きの社会になってしまっていますね。私たちの感じでは両方、複合的ですよね。豊かさが森に火をつけ熱とCO2を排出する。
 そして赤祖父さんの本の趣旨をamazonで見たところ、カスタマーレビューに日本ばかりが国を挙げてco2問題に大騒ぎをしている、それよりも自国のエネルギーの確保に回る方が得策だと書いてあるそうですね。たしかに欧米との対抗ではそのようなものが必要でしょう。でも、実際にはそのようにして自国の利益を追求した欧米が、石油の調達でアラブを荒らし、中東と欧米との大きな摩擦、それも宗教を巻き込んだ争いになったのも事実ですよね。その争いのどちらにつくのかという選択を迫られて日本政府は中東での立場をかえざるを得なくなったこともありますね。私は日本的中道は正しいのではないかと思うときもあります。解決できない問題を力で決めるにはもはや大きすぎる、しかし、方法が見つからない。だとしたら、決別するのではなく、どちらも認める場合もある。これをうまく主張する方法はないでしょうか。
 少なくとも私たち個人の立場の中で、温暖化の問題は重要だし、豊かさの問題も曲がり角にあるとの認識は持つべきだろうし、多分最も効率の悪い原子力もやめた方がいいだろうし。
 私がこの解決に何ができるかと自分自身に聞いたときのひとつの答えは、これまで人々が幸福を願うために争いを繰り返してきた、たぶんその個人個人の戦いでの死の裏側を支えたものには子孫の繁栄への願いがあったのではないか。だとすれば、個と社会の双方について、よく考えることと、答えが出るものが見つかることを願うことではないのか。ありきたりな答えだと言われますが、これは意識と直感をともに働かせる意味があるのではないでしょうか。それだけで動けなくとも有効な私たちがいると認めていいのではないでしょうか。私たちたちには情報は表面的にあるものの、直接それに触る方法はないのです。非科学的に見えますが、科学だってもとは直感に頼っていますよね。そして私たちの世代では解決できないことかもしれない。
 これはどこでも言われていることの再確認になってしまいますが、私は玉井さんが書かれることや、人々や私が思うことだけでも、歯がゆいながらも、緩やかながら社会はかわるものだと思います。そして日本は比較の中ですが、そのような意思が伝わりやすい均質性を持った国民だと思いますが、いかがですか。
 そんな中で、昨日書店でレヴィ ストロースの「ブラジルへの郷愁 」という写真集を見つけました。その素朴さに打たれながら戻れない自分をどう考えたらいいのか、考えさせれました。

Posted by: 加嶋裕吾 : November 19, 2010 07:42 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?