November 21, 2010

「警視の覚悟」とナローボート

「警視の覚悟」/デボラ・クロンビー 著/西田 佳子 訳/講談社文庫

KeisiKakugo.jpgKeisiKakugoBoat.jpg アメリカ人の著者がスコットランドヤードの警察官を主人公に書いている推理小説のシリーズで、それぞれに魅力的なレギュラーメンバーをはじめとする登場人物たちが生きていて、といってもかならず誰かが殺されるんだが、ストーリーも面白くて読み続けているうちに、いつのまにかこれが11作目になった。このシリーズも作者が女性なのだ。その方が登場する女たちや世界の描写にしっかりしたリアリティを作り出すことができるからなのだろうか。
 主人公の警視たちは、彼の両親の住むイングランドのナントウィッチという町へクリスマス休暇を過ごしにゆく。文庫本の表紙カバーの写真でわかるように、まちを通る水路とナローボートが重要な役を演じているのだ。本とGoogleマップやストリートビューのあいだを行き来して、ナローボートに乗せてもらったり水路にボートが浮かぶ景色を上からみたりしているようで、それが犯人さがしにもまして楽しい。原題は「WATER LIKE A STONE」といって、「警視の覚悟」よりは気の利いたものなのだが、このシリーズはすべてが「警視の・・・」で統一しているので、つらいところなんだろう。

 舞台になっているナントウィッチは、ロンドンの北西方向、リヴァプールの少し手前という位置にある、小さく美しいまちなのだという。

KeisiKakugoCabinPlanS.jpgClick to PopuP

 物語の中に「NARROW BOAT」という本が登場する。警視の父が、このまちで古本屋をいとなんでいるということもあって、事件とナローボートに加えて「本」がもうひとつの背景をつくっているのだ。amazonで「NARROW BOAT」をさがして開いてみると中味検索があった。そこにナローボートの平面図のあるページがあって、ボートの幅はおおよそ2.1mだそうだからそれを基準に縮尺をあわせてCADソフト(VectorWorks)に読み込んでみると、長さは20mほどだ。ボートが水路の幅に合わせてあるにしろ、その逆であるにしろ、おそらくボートの幅はどれも共通しているはずだ。
 平面図を見ればボートの中の生活がおおよそ想像できる。石炭のストーブを置いてあるリビングルームをはさんで寝室とバスルームのあるゾーンと、キッチン+ゲスト用のベッドルームに変えられるダイニングルームなどのゾーンが並んでいる。水路にはT字路もあるから、長いボートは直角に曲がるのにひどく苦労するから、長さと快適さが比例するというわけではなさそうだ。

 かつてボートで荷物を下流に運んだあと、馬や人間が水路の脇の道をロープで曳いて水路を溯った。そのための細い道が今も残っていて「トウパス」と呼ぶことを、この本で知った。「toe path」かと思ってwikipediaを探したがそれらしいのが見つからない。これではないかと「towpath」が書かれていた。つまさき(toe)で立って歩くほど細い道ということなのかと思ったが大間違いで、「tow」というのは牽引することなのだ。そりゃあそうだね、「爪先立つ」は日本語のいいまわしだ。
 トウパスも狭いみちなのだろうが、水路そのものもボートの左右にわずかな隙間しか残らないほど狭い。そんな水路でボートをあやつるにはなかなかの技術がいるようだが、その技を磨くことを楽しむためにボートを持っている連中と、定住できないので子供を学校にも行かせられない水上生活者が、この水路という場所で生活を共にすることになるのだ。
 ナローボートでは遭難や転覆する心配はないだろうが、海を滑るヨットと比べれば行動の範囲はこの狭い水路に限られる。むしろさまざまな不自由を楽しむものなのだろう。大きなヨットは金持ちの道楽にすぎないが、小さなキャビンの中で広い海に出るのも細い船・狭い水路で広い牧草地をゆくのも二畳台目の茶室で茶を点てるのも、屈折した楽しみがあって、どこか通じるところがある。ミニがイギリスで生まれたのも、そういうことなんだろう。

 ナントウィッチのまちの西端をかすめる水路をたGoogleマップでどってゆくと、水路の一部が広がってナローボートの集まっているところがある。駐車場の風景はすこしも魅力的ではないけれど、どうして船が並んでいると楽しいんだろう。ナントウィッチ・カナルセンターという、ナローボートのマリーナなのだ。こういうところにボートを停めて、給油やボートの底の清掃塗り替えなどをやってもらうのだ。Googleマップを見始めると、小説の世界からやってきたことを忘れた。たくさんのレイアでさまざまに楽しめるようになった。

 ナローボートについていろいろなサイトを見てみると、当然ながら今ではナローボートと水路は生活の場というよりは楽しみの場になっていることがわかる。古いもの古いまちを生かすには、「観光」という方法がまずは頼りになるのは、日本もイギリスも同じなのだろう。しかしここでは、われら日本の観光地のように、せっかくの場所のよさを消費して使い捨てにすることにはならないのはなぜなのだろうか。

■関連エントリー
オックスフォード便り(5)/kai-wai散策
平底船:ナローボート/MyPlace
■関連Googleマップ、ストリートビュー
ナントウィッチ・カナルセンター/Googleマップ
ナントウィッチ・チェスターロード水道橋/Googleマップ
チェスターロード水道橋を下から見る/ストリートビュー
ポントカサルテ/Googleマップ
 ■関連サイト
「英国運河をナローボートで旅するには?」:以前にコメントをくださった「ナローボーター」さんのナローボートによる旅行ガイド

投稿者 玉井一匡 : November 21, 2010 11:34 PM
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?