December 29, 2010

池田学展「焦点」とAIRSTREAM

IkedaM2010-2S.jpgClick to PopuPIkedaM2010-1S.jpg

 市ヶ谷から飯田橋に向かって外堀通りと平行する一本裏の道をを歩いていると、にぶい銀色の光を放つアルミのトレーラーが駐車場に置いてあった。AIRSTREAMではないか。
駐車場は、その道と外堀通りの両方に面する小さなブロックをしめる建物のピロティにあって、通り抜けてもいいよという風情だったから僕はすぐに近づいてみた。
かつてパット・メセニーのAmerican GarageというLPをジャケ買いしたことがある。写真には牧場に牛が集うようにこのトレーラーが並んでいた。初めて見てさわる実物はやはりかっこよくて、どこかから舞い降りてきた物体のようだ。

 しばし眺めまわしたあとで外堀通り側に出ると、2階にゆく階段がある。その昇り口に "池田学展「焦点」" と書かれた小さな掲示を見て思いだした。池田学の個展をやっているのだった。上を見上げると「MIZUMA ART GALLERY」と書かれている。2年前の個展が開かれたMIZUMA ART GALLERYは中目黒だったが、あらたにこのギャラリーをつくり、今後はこちらを中心にして、中目黒は若手作家の場にするのだという。

 これまでは、1年も2年もの時間をかけたペン画の、たとえば前回の個展で中心だった「予兆」はフスマ4枚(1.9*3.4m)という大きな絵を描いてきたが、こんどはすべて27cm×22cmという小さな絵で2年ぶりの個展を開いた。個展の案内メールには、これまでの大作から今回は小品にしたことについて書かれている。
「・・・(これまでは)部分を積み上げ、外へ外へと膨らんでいくといったダイナミズムが面白かったが、内へ内へと入っていく世界にも大きな絵にはない面白さが潜んでいるのではないか」と。

 細いペンの線をいくつもいくつもいくつも加えてゆくことで絵をつくりあげてゆく。しかも、ひとたび描いた線は消すことも重ねた線によって覆いかくすこともできないから、はじめから最後まで加え続ける線は完成品の部分をなすのだ。彼の描き方は「部分を積み重ねる」ことから離れることができない。これまでの内から外へという構成は描く方法と一致していたのだが、外から内へという構成をすれば、それは描き方と逆になる。そこで、大きさを小さくするあるいは小さな部分を切り取るという形式が必要になったのではないか。

 左上の写真をクリックすると大きくなってメールに添付されてきた絵が見られる。
この絵が、視点を変えた今回の個展の方向を指し示している・・・・大きな海の一部を27*22cmの長方形の画面から見る。その海の一部を切り抜いたところから旅客機を見下ろす。その下には高速道路が走りビルが林立する都市。夜の窓の中には、これまで池田が描いてきた、たくさんの人間の生活が詰め込まれているはずだが、それは見えない。けれども、切り抜いた海を縁取る防波堤には、数人のおそらくは男たちが釣り糸を垂れている。その先の釣り鉤の餌には魚たちが集まっているだろうが、それは水面と波に隠されて見えない。
 けれども、これまで池田が描き続けてきたものを見ている僕たちは、境界の向こうの見えないところに、いかに多くの命や出来事がつまっているかを知っている。

 おびただしい量の情報に囲まれ首までそれに浸され溺れそうになってしまうぼくたちが、部分部分の情報にいちいち動かされず世界とは何かであるの本質を知ろうとすれば、釣り竿の手応えを感じる力を磨かなければならないのだ。もともとトレーラーは想像力を刺激して世界をひろげてくれるものだけれど、AIRSTREAMは小さな飛行機のような宇宙船のような姿で、さらにぼくたちの想像力をひろげる。

 ぼくにしては珍しく会期を残した時期に行くことができた。会期は2011年1月15日までミヅマアートギャラリー MIZUMA ART GALLERYです。
地図:東京都新宿区市谷田町3-13神楽ビル2F

■関連エントリー
池田学:「予兆」/MyPlace
■関連ウェブサイト
AIRSTREAM JAPAN

投稿者 玉井一匡 : December 29, 2010 07:49 AM
コメント

Niijimaさん
 これらが凝縮した世界だとすれば、3階に置かれているという「予兆」の、拡散しながら凝縮する世界もまたの機会にのぞいてみてください。まえのコメントにも書いたことですが。
なーんて、作者のようなことを言っちゃってますね。

Posted by: 玉井一匡 : January 12, 2011 09:40 PM

本日、展示を見にいってきました。
描写の細密さには言わずもがなですが、有機物、無機物、生あるもの、プロダクツ等々が、ぎゅうと凝縮された世界を顕現するアイデアはいったい何処から発想するのかとおおいに吃驚致しました。

Posted by: M.Niijima : January 12, 2011 06:28 PM

iGaさん
 ありがとうございます。
見たことのない番組と登場人物なので、なかなか雰囲気を想像できないのですが、おもしろがってくれたようですね。小布施展は、ぼくも娘と一緒に新潟に行くときに長野自動車道をまわって見て行きました。
話は変わって、会場のならびに人気のラーメン屋があります、と書きかけたけれど、新年会の前じゃあ行けないですね。

Posted by: 玉井一匡 : January 7, 2011 12:34 PM

5分位の短い番組コーナーでしたが、三潴氏のツボを押さえた解説で5点程紹介されてました。(デジタル対応テレビで解像度の低いアナログを受信しているのでテロップのタイトルは解読不能、ポスターの絵と、病院、雪景、とぐろ、うずまき、の5点)レポーターのジョナサンは『言葉の意味 良く分からないけど 凄いですね。』と云うことで、番組デレクターか構成作家の考えた展覧会のキャッチコピーは『想像の物語を楽しもう。』でした。
岩井志麻子もエロトークを封印して、白抜きの人物が日常世界のまま...であることに感心してました。

来週13日夜に新宿で女子美の新年会があるので、その前に見に行くつもりです。そういえば小布施の個展も、女子美の軽井沢寮に行ったついででした。

Posted by: iGa : January 7, 2011 11:05 AM

iGaさん
 おしらせ、ありがとうございました。
残念ながらうちの事務所ではMXはみられないのです。
そういう番組でどんなふうに扱うのか、興味あるところですが・・・
地デジになったら、もう事務所ではテレビが見られなくなるのを
どうしようかと表います・


Posted by: 玉井一匡 : January 6, 2011 09:11 PM

本日の夕方、東京MX-TV「5時に夢中!」で「池田学展」を紹介だそうです...岩井志麻子のエロトークに混ざっての、小学生レベルなジョナサンのレポートなので...多くは期待できませんが...。

RT @gojimu: 2011年も5時に夢中!木曜は志麻子&ゆかりで突っ走ります!木曜コーナーは2週限定の復活!「新春ジョナサンでもわかるアート祭り」の1週目。ミヅマアートギャラリーで開催中の「池田学展」をご紹介します!

Posted by: iGa : January 6, 2011 01:56 PM

Niijjimaさん
 このアルバムは、ぼくにとっても初めて買ったパット・メセニーのLPでした。
そうでしたね、Niijimaさんの仕事場からすぐ近くだったんですね。
ぜひ、いらしてみてください。
昨年の巨大な波の作品「予兆」は、このビルの3階にある店に行けば見られると、受付のお嬢さんが教えてくれました。

Posted by: 玉井一匡 : January 1, 2011 01:09 AM

わきたさん
すみません、30日の夜遅く新潟にやってきたので、大晦日はあれやこれやと雑用に忙しくて、エントリーにきづいたのは2011年になってからでした。
これからもまた、グレーの塊を楽しみにしています。本年もよろしく。

Posted by: 玉井一匡 : January 1, 2011 01:04 AM

AIRSTREAMが停めてある駐車場内の、飯田橋寄りの壁に描かれた(駐車場の)アイコンが気に入っていますが、ギャラリーには伺ったことがございませんでした。折角の機会ですので、このエントリーにてご紹介いただいた展示を観に行ってみます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
(American Garageは、わたしが初めて聴いたパット・メセニーのアルバムでした。)

Posted by: M.Niijima : January 1, 2011 12:17 AM

自転車が壊れたり、Macが壊れたりと、ゴッドハンド健在ですね。私のほうは、拙ブログ大変低調、JEDIにも参加できず…と、イマイチの感じなってしまいました。来年こそは…です。どうぞ、よろしくお願いいたします。

Posted by: わきた・けんいち : December 31, 2010 10:21 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?