January 29, 2011

西武新宿線の車内で省エネ

TrainDoorS.jpgClick to PopuP

 うちの最寄り駅は、各駅停車しか停まらない。
つぎの駅では急行や準急の待ち合わせのために大部分の列車が数分のあいだ停車する。先日、こんな車内放送が流れたのでおやっと思った。
「急行電車の待ち合わせのため3分ほど停車いたします。なお、省エネのため各車両のドアの一カ所をのぞき、閉めさせていただきます。」
どのドアが残るんだろうかと思って見ていると、ぼくの乗っていた最後尾の車両では、4カ所あるうちのうしろから2つ目が開いたまま残された。写真を拡大すると、左から2つめが開いていることがわかる。

 かつて雪国のディーゼル車は、駅に着いてもドアが自動的には開かなかった。
やや重いドアを手で引いて開き、閉じるのは自動だったのだが、それはちょっとおくれた電車なのだと子供心に思っていた。それが、車内のあたたかさをまもるためであることに気づいたのは、ずいぶんあとになってからのことだ。じつはエネルギー節約だけでなく、乗客だって寒くない方が快適なのだ。
 ドアの開閉のパターンをいくつか選べるようにすることは、それほど難しいことではないだろうが、既存の車両の改造はなかなか手がかかる。この車両は新しい型だから、はじめからそういう設定でつくられているのだろう。ドアの脇の座席には耳の高さくらいまでのスクリーンがついている。見た目には鬱陶しいが、これも風よけという配慮なのだろう。上りの終電車などは、乗客が少なくて寒さがひときわ身にしみるから、だれもがドアの脇の席は避けるものだ。

 車といい家電といい日本の製品には、なくてもいいような余分な機能がつけられことが多いけれど、これは日常の生活にも通じるいいサービスだなと思う。つぎには、勝手に電気を消費している自動販売機や明るすぎるコンビニの照明なんかもなんとかしてほしいものだ。

 電車はひと休みしたあと、いったん全てのドアを開けてから、ふたたび閉じて出発した。

投稿者 玉井一匡 : January 29, 2011 09:00 AM
コメント

senrinoinkyoさま
 AKiさんが鬼の霍乱ですか!
ちょっと副作用はありますが、いつも体内のアルコール消毒を怠らない人ですからね。
じつは、わたし「カクラン」という漢字を知りませんでした。
ところで、かくらんて何のことだろうかとiPhoneの大辞林で調べてみたら、こう書かれていました。

夏に起こる,激しい下痢や嘔吐を伴う病気の古称。今日の急性腸炎・コレラ・赤痢などか。また,日射病・暑気あたりともいう。季夏。「鬼の━」

Posted by: 玉井一匡 : March 5, 2011 07:57 PM

aki先生が鬼の霍乱でひとつきほど完成が遅れ花の散る頃から新緑になりそうです。

Posted by: senrinoinkyo : March 5, 2011 04:55 PM

琵琶湖の鮒寿司はいわゆるお米と一緒に調理したものではあるが似て非なる物です。酒盗のようなものです。ご飯に乗せると抜群、嫌いな人もいますが。長浜に有名な店があります。なじみが行くと樽を空けてくれます。琵琶湖周辺の町にもそれぞれ名前の通った店があります。これも新鮮な材料が少ないので手をかける関西の流儀ですかね。

Posted by: senrinoinkyo : February 5, 2011 05:25 PM

senrinoinkyoさま
 だから、京都にはうまい鯖寿司があるんですね。名前だけで寿司に一緒にしていいかどうか分かりませんが琵琶湖には、鮒寿司もありますね。
京の鯖街道はもっと古いのでしょうが、江戸では、魚の消費が増えた時代に銚子から、当時は日本橋にあった魚河岸まで魚を運ぶ鮮魚(なま)街道というのができたそうです。

Posted by: 玉井一匡 : February 5, 2011 04:59 PM

古い時代から鯖街道というのがあり内陸の京都に若狭の鯖を運んできます、琵琶湖の北西を通ります。京都は新鮮な食材が少ないのでこれが珍重されるしニシン蕎麦なんか鰊が捕れないので加工度を上げて名物にしたててます。東京の観光客が有り難がる南禅寺の湯豆腐もこの傳ですね。だから鮨なんかは駄目です。

Posted by: senrinoinkyo : February 4, 2011 06:44 PM

nOzさん
 お帰りなさい。
 パリの地下鉄はそうなんですか。これまで日本の電車では、ラッシュアワーの乗降に合わせてドアを増やし、深夜でもそれを全て開閉していたのですが、どういう状態に合わせてシステムを作るかということは、環境の変化に応じて変えた方がいいですね。
 発電所の能力は、ピークの時の消費電力に合わせるのだが、夏の甲子園で家庭のエアコン利用が増えるときがピークなんだそときいたことがあります。そういう特殊なときを基準に考えるというのは間違っているのかもしれない。

Posted by: 玉井一匡 : January 31, 2011 07:34 AM

senrinoinkyoさま
 金沢大学には、ふしぎなことを研究していらっしゃる方がいらっしゃるんですね。
大阪に初めて行ったときに、大きな声ではいえませんが、丹後半島に行き、京都府が日本海に面していることに気づきました。
金沢から福井を超えれば、もう京都だから、ぼくたちの想像する以上に心理的に京都に近いんでしょうね。完全に京都文化圏ですね。新潟でさえ、かつては東京より関西の方が近かったようですから。

Posted by: 玉井一匡 : January 31, 2011 01:30 AM

わきたさん
 はじめて大阪に行ったときには、地下鉄の回数券をバラして売っているおばはんがいたり、梅田の地下街にポン引きがいたりしたことに、とても感動しました。もちろん回数券のおばちゃんから買いました。ポン引きには、いうまでもなく感動しただけでしたが。

Posted by: 玉井一匡 : January 31, 2011 01:19 AM

そういえば、パリの地下鉄は全て手動ですね。
列車が止まる何秒か前からレバーを上げているのが「通」っぽくて真似しました。

北関東の電車の冬のシートは熱いくらいに温かく、さっきまでの寒さとで落ちるように眠ることがあります。電車通学している頃、ドアが開いて、冷気と静けさで目が覚めて、涎の処理と情報収集の1、2秒後飛び降りる、という経験も少なくありません。
それでも乗り越すことはよくありましたが、ドアの自動開閉が無くなると気をつけなくっちゃいけませんね。

Posted by: nOz : January 30, 2011 06:54 PM

私は旧制の四高の附属中学(←新制ですよ)をでました。この中学(高校も一貫です)は後に金沢大学教育学部附属高等学校になりました。現存します。昔は石川県のエリート校でしたが(笑 毎年東大にも沢山入っている)したがって金澤は詳しいです。この中学高校の先生が東京文理科大学卒で漢詩を教えてくれました。昔の高校の先生は現在の大学教示より数段上です。

Posted by: senrinoinkyo : January 30, 2011 10:15 AM

玉井さん。リンクを張った先の資料、まだ、さらっと見ただけですが、面白そうですね! 団地の話しも出てきます。あとできちんと読んでみよう〜。

Posted by: わきた・けんいち : January 30, 2011 09:10 AM

aiさん
この頃は都市を離れるほど列車には乗らなくなりましたね。
そして、歩かなくななりました。
車に乗るのはせいぜい4人くらいでドアが4枚ですから、ひとりに一枚ずつドアが用意されている。市街電車では一両にドアは2つだし、都市の電車にはドアがたくさんあるけれど、ラッシュの時などひとつの口から30人くらいは乗降するでしょう。
そう考えると、車は4ドアじゃなくて2ドアだって多すぎるくらいじゃないかって気がしてきました。
 

Posted by: 玉井一匡 : January 29, 2011 09:07 PM

忘れる位地方の電車に乗っていませんが、どこかで乗り合わせた記憶があります。
夏だったような気がします。自分で開けるのにも乗ったつもりでいるのですが・・。
いずれにしてもいい考えですね!
電車の座席の衝立はきっと通勤混雑時のはじっこの人をカバーする為にできたのか?と思ったのでした。

Posted by: ai : January 29, 2011 06:06 PM

senrinoinkyoさま

 それはいいですね。関西の方がまともにものごとを考えてやっているのでしょうか。私がはじめて大阪に行ったのは1967年だったと思いますが、東京との違いでいくつか感心したことがありました。

 そのころ東京のタクシーは大部分が自動ドアになっていましたが冷房のついた車は少なかったのに、大阪では自動ドアはない代わりに冷房があったのです。ドアの開閉くらい自分でやってもたいしたことではないが冷房があったほうが客はありがたい。まじめに客のことを考えているなと思いました。
 当時は学生なのに、タクシーに乗るはずもないがどうしてそんなことを知っているんだろうかと疑問に思いましたが、そういえばあのころは後ろのガラスに「冷房車」と書かれたシールが貼ってあったからでしょう。

 年代に確信がなかったのでネットで調べてみると、ありました。大阪市のタクシーの冷房割増料金が認可されたのが1967年だそうです。ちょうど、その年だったのですね。
http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/2297/7157/1/AN00044342-35-yamamoto.pdf

Posted by: 玉井一匡 : January 29, 2011 11:50 AM

私が3月末千里ニュータウンへ引っ越すまで暮らしている高蔵寺ニュータウン(ここも何故かニュータウンです(苦笑)の近くの愛知環状鉄道(2005年愛知万博で活躍した)では全てのドアーの開閉を乗客個人ができるようにボタンが電車内と外の各ドアーに設置されています。省エネ以外に夏季と冬期に至極快適です。

Posted by: senrinoinkyo : January 29, 2011 10:20 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?