March 28, 2011

HELTER-SKELTERS:ヘルター・スケルター

Helter-Skelters.jpgClick to PopuP

 根津にあるカフェ・ノマドの店の奥、コンクリートブロックの壁に18枚の小さな絵が展示されている。どれも、上に行くほど細くなって高さを強調する塔に螺旋状のすべり台が巻き付いている。それをHelter-Skelterというそうだ。neonさんこと大倉ひとみさんの、小さな絵の小さな個展だ。
 これまで大倉さんの描いてきたのは、かつて遊郭だった家並みやひとけのなくなったアパートのような、かなしさとさみしさの重ね塗りされたすきまから微かに華やかさがこぼれるような絵が多い。前回の個展では、そういう絵たちの中に、たくさんの風船が浮かぶささやかな夢のようなものが数点あった。
このhelter-skelterたちは、ちょうどあの風船の浮かぶ絵のように、ひとときの、はかない華やかさがチャーミングだ。

 そもそものはじまりはHelter-Skelter/aki's STOCKTAKINGのエントリーだった。その写真を見て、大倉さんは無性に描きたくなったそうだが、ぼくも初めて写真を見て想像がひろがっていった。それは移動遊園地のはなやかさと、やがては終わりがきて日常に取って代わられる儚さのせいなのだろう。
 GoogleでさがすとThe Phrase Finder というサイトがあった。それによれば、ことばの方が先にあって、16世紀に書かれたものの中に残っている。螺旋の滑り台というhelter-skelterは1900年前後のfairground(博覧会のようなものをひらくための広場)から登場したと書かれている。語源が別にあるわけではなく、意味のない同じような音の単語をならべるということばの一種なのだという。この構築物は、1889年のパリ万国博でつくられたエッフェル塔と無関係ではないだろう。そう言われれば、イギリスの4人組グループフェアグラウンドアトラクション(Fair Groubd Attraction)の音楽の雰囲気にぴったりじゃないか。(The First of a Million Kisses/amazon) 彼らのグループ自身も、このアルバムが大ヒットしたが2年後に解散してしまった。仮設的、ノマド(遊牧民)的だ。

 ビートルズの曲にhelter-skelterというのがあることはよく知られているらしいが、ぼくは聴いたおぼえがないから、YouTubeでビートルズの演奏を聴いてみた。どのアルバムに入ってるのか調べてみると1968年の二枚組ホワイトアルバムの中の一曲で、こんな歌詞だ。上昇する前半、滑り降りる後半。ヨーロッパの大聖堂のドームは、てっぺんまで上れるようになっていることが多い。屋根裏の階段を周りながら上昇してたどりついたクーポラ(cupola)からドームの上に出てまちを見おろすと、帰りはまた階段を下るばかり。だが、ヘルタースケルターは小さいけれど、昇ったあとに滑り台を滑走する。それは下降ではなく、むしろ飛翔するための助走なのだ。

 iPodの設定を「repeat1」にして一曲だけを繰り返して聴いたら、ちょうど滑り台を何度も何度も繰り返すみたいだ。すべり降りたら、すぐにそれとつながるように上に昇ってゆくには、滑り台とは逆に回転してゆく螺旋階段が用意されているにちがいない、きっと。

■関連エントリー
展示中/N的画譚
Helter-Skelter/aki's STOCKTAKING
■関連サイト
 helter-skelterは、lighthouseにとてもよく似ている。lighthouseをさがしてみると、こんなにたくさんのlighthouseを紹介しているサイトがあった。
The Lighthouse Directory(世界の灯台についてのサイトが分かる)
wikipediaで「灯台」と「Lighthouseを比較して見ると、日本の古い時代の灯台はまったくちがう姿をしていたんだということがわかる。
Lighthouse/Wikipedia
灯台/Wikipedia

投稿者 玉井一匡 : March 28, 2011 11:30 PM
コメント

neonさん
 「可笑しな」というより、ぼくは楽しく拝見しました。
このかたちは、灯台から来ているにちがいないと思い、あちらこちらをみているうちに、灯台が魅力的なものだとあらためて思ったので、さがしたものを追記しておきました。いろんな魅力的な灯台があるものですね。

Posted by: 玉井一匡 : March 30, 2011 04:24 PM

玉井さん、先日はお忙しい中おいで下さいましてありがとうございいました!また、素敵な記事を頂きうれしいです。
秋山さんブログが発端になり、こんなちょっと可笑しな展示をすることになりましたが、皆さん色々興味を持って下さり、やっぱり単純な仕組みではあるけれど、魅力的な建造物・・遊具であると思います。
展示が済んだら、ゆっくり教えて頂いた本や音楽を探してみようと楽しみにしています。

Posted by: neon : March 30, 2011 08:55 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?