May 31, 2011

原発をやめようとしない人々

Fukushima-2S.jpgClick to PopuP
 福島原発の事故から2月半を過ぎたが不思議でならないことがある。
 この事故によって、もしかすると日本の国土の一部は人間の尺度では永久に近いほどのあいだ農業ができず住むこともできなくなるかもしれない。もし水蒸気爆発が起きれば複数の原発が連鎖して東京も住めないことになるだろう。これまででも、周囲の国にとどまらず世界中に大きな迷惑をかけている。日本国民に対して及ぼしている迷惑ははかりしれない。

 にもかかわらず、これまで原発を推進したり是認あるいは黙認してきた人々の中に「これまでの、原発についての私の考え方は間違っていた。これからは、原発をできるだけ早く廃止するのと平行して自然エネルギーへの転換を進めるために力をつくしたい。」と発言する人が出てこないのはどうしてなんだろう。
そう言うべき人は、政治家も学者も、「ジャーナリスト」も、組織としての大手マスコミも、数え切れないほどいるではないか。
そう言えないのはなぜなんだろうかと、理由をいろいろ想像してみる。

① 原発に否定的な意見は、いまだに読んだことも聞いたこともない。
② 原発の問題点を指摘する説明をきいても、むずかしくて理解できない。
③ これまで原発を推進(賛成)してきたからには、いまさら立場を変えることはできない
④ 電力会社から多額の献金を受けているので、裏切るわけにはいかない
⑤ どんな地震が来ても事故を起こすことのない原発をつくることができる。もちろん、これからの数百年間、どんな地震が来ても廃棄物を安全に保存する方法がある・・・と思っている。
⑥ 外国の侵略を阻止するには核兵器は必要である。そのときのためにはプルトニウムをたくさん用意しておかなければならない。
⑦ 所属派閥の長老が原発推進の先頭を切っていたのに、いまさら逆らうわけにはいかない
⑧ これからも原発をつくり、あるいは続けて行こうとしている国があるのに、日本だけがやめて迷惑をかけるわけにはゆかない
⑨ これから、わが国はアジアに原発を輸出しようとしているところだ。
・・・・・まだまだ、いくらでも考えられるが、これくらいにしておこう

 政府が、中部電力に対して浜岡原発を防潮堤ができるまでの停止しか求めないのは、ベトナムをはじめとする外国へ原発を輸出する商談に菅直人自身もすこぶる積極的だったからだろう。しかし、彼がまだ日本と世界に貢献したいと考えているならこう言えばいいのだ。
「原発の危険性についての私の認識が間違っていた。
しかも、すぐに原発をなくしても、多少の節電をすればやってきえるし、自然エネルギーはすでに原発より安くなっていることを知らなかった」と。
「・・・だから、私が首相として原発の廃止と自然エネルギーの開発に命をかけます。」と続ければ、これまで原発を推進してきた歴代の政府と官僚を批判する優位な立場に立てるだろう。
できればもうひとこと「わたしは、とうてい首相の器ではないが、衆知を結集して原発の終息と被災地の復興のためにつくしたい。いや、これを契機にして、これまでの人類の誤った方向をただす戦いの先頭に日本が立とうではありませんか。それは、人類と地球を救うための第一歩になるでしょう」と言ってほしい。

 しかし、G8の首脳の一部になっただけでうれしさを隠せないでいた人に、それは期待できないように思う。できるなら、G8の場でそう演説したはずだ。だとすれば、脱原発の指揮は、これまで反原発の立場を続けてきた河野太郎にしかできないのかもしれない。
解散・総選挙をせずに野党の党員を首相にする方法はないのだろうか。

投稿者 玉井一匡 : May 31, 2011 07:12 PM
コメント
Tosiさま  おっしゃるとおり、もしこれが自民党内閣のもとであったら、どういうことになっていたかを考えると、これでも半歩前に進んだというべきですね。朝日新聞が加納時男と河野太郎のインタビューを並べて掲載したのを見たときには、自民党はこういう人物によって構成されているのかと、さすがに唖然としました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/加納時男  IAEAの加盟国は、石油による火力発電所の新設はしてはならないことになっていると、先日聞きましたが、そのときに思いました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/火力発電所 IAEAはそもそも原子力の平和利用をはかるための組織なのだから、「原子力の安全な利用」を考えるのであって、廃止しようとはしない立場にあるのだと。  仮にかれらの存在基盤を考慮するにしても、IAEAは、「日本のような地震の可能性の極めて高いところでは原発はつくるべきではない」と指摘するべきだと思います。 Posted by: 玉井一匡 : June 2, 2011 10:07 PM
私は菅政権を支持しませんが、よく言われているように、もし自公が政権にあったなら浜岡さえ止めることはできなかったでしょうし、加納時男氏が「参与」をつとめているような議員グループによる連絡調整のもと、経産省、電事連、経団連、三井住友銀行などの意向により明確に従う形であらゆる対応がなされていることでしょう。 政官業学報労の核エネルギー推進派(というか広義の原子力ムラに属する人々)が決して誤りを認めず、まったく反省もしないどころか、いぜんとして恫喝のような威圧的な発言を繰り返しているのは、彼らは(公にはっきりそう言うことはさすがに避けるとしても)デモクラシーは必ず衆愚政治につながるので決定過程における民主的要素はできるだけ骨抜き・形骸化しなければならず、高級官僚とロビー団体の緊密かつ不透明な協議が事実上あらゆる政策を方向付け決定することが望ましいと考えているからでしょう。これはカレル・ファン・ヴォルフェレンが分析したようなシステムの特徴ともほぼ一致します。彼らが自分たちの「無謬性」を本当に信じているとも思えませんが「愚民(主権者人民のこと)」にそう信じさせるためにそのような「神話」を維持しようと腐心していることは確かです(実はもう誰も信じてはいないでしょうけれども)。しかし有体に言えば、彼らは単に自分たちの個別利害に過ぎないものを一般利害と受け取らせようとしているだけなのです。 それから、あまり期待していませんでしたがIAEAの報告書案にはかなり失望させられます。日本の原子力ムラにとっては「想定通り」の嬉しい内容でしょう。これは、若干の津波対策と保安院の経産省からの形式的な分離だけで十分、あとはほとぼりが冷めるのを待つだけ、という彼らの思惑に「正当性」を与えるのに役立つ恐れがあります。この報告書案はまた、IAEAが国際原子力ムラの一部であることもよく理解させてくれます。 Posted by: Tosi : June 2, 2011 07:54 PM
iGaさん  孫正義は、すでに反原発のリーダーのひとりになっているから、あちら側から移ってきたひとという感じが、すでにしませんね。例によって夕刊紙は悪口を書いていますが。  三木谷のことは聞いていながら、あまり信用していなかったのですが、これだけ経済界全体が鈍感なことを思えば、新興の企業はフットワークがいいのですね。新しい企業は、脱原発がむしろ主流になるでしょう。城南信金の理事長のことは知りませんでした。  城南信金のサイトを見ると、「節電プレミアムローン」という太陽光パネルなどへの個人向け低金利融資を始めたんですね。金額は300万円まで、はじめの1年間は無利子で以後1%/年だそうです。http://www.jsbank.co.jp/service/kariru/PremiumLoan/index.html Posted by: 玉井一匡 : June 2, 2011 06:12 PM
今の処、経済界で脱原発を意思表示したのは城南信用金庫の理事長とSBの孫正義、それに楽天の三木谷が...原発を推進する経団連に嫌気がさし、経団連を脱退すると言ってるくらいでしょうか。 これだけ経済をマイナス成長させる要因となることが証明され、発電原価も高く、廃炉にするメンテナンス費用も莫大となるのに、大手企業経営者から脱原発の声が上がらないのが不思議です。日立、三菱、東芝と云った原子力村の企業から...それを望むのは無理でしょうが、自社工場で自然エネルギーと効率の良いガスタービンで電力を自給して電力会社に頼らない企業家の登場が望まれますね。 Posted by: iGa : June 2, 2011 11:12 AM
kawaさん  まったく、腹立たしいことばかりです。 大手マスコミは、世間と東電と永田町の様子をうかがって、勝ちそうな馬の背中に乗ろうと形勢を見ているのでしょう。みずからの思想あるいは価値基準をもち、それに則って報道するという姿勢をもたずに、それを「中立」ということにしている。  あれほど、御用学者を排出(輩出のまちがいではありません)している東大はこの事態に対して大きな責任を免れない。こういう事態を招いたことに対して大学が何の発言も対処もしないなら、東大全体が同じ体質であることをみずから物語ることです置かれてきた立場を考えれば、京大も似たようなものなんでしょう。 Posted by: 玉井一匡 : June 1, 2011 10:01 PM
イノウエさんのブログで似た話をしたばかりでした。 たまたま見かけた高円寺でのデモについて、一切マスコミが取り上げなかった事、単なる近所迷惑だとの書き込みなどに、大きな何かと、それに釣られる人の多い事が分りました。 原発を止めて電気のない状況で暮らせるのかとの御意見に驚きます。 長い半減期(未来永劫とどう違うのでしょうか)人の暮らせない事と2割3割の電気が減る事の大小が計れない人は、もっと別の個人的な損得があるとしか思えません。 kawaさん どうもです。 放射能が人体に与える影響を今は過小評価しつつ 結論を先送りにしている間に子供たちはリスクの中に身をさらしながらどんどん成長していきます。 我々大人は次の世代・そのまた先の世代ににとてつもない負の遺産を背負わせてしまいました。 現在の生活や電気のあり方を根本から考え直さねばならないですね。  原発を活かそうとする人達の意地汚く浅ましい事も残念ですが、それ以上に我身の生き死にや損得が計れないとしたらバカですね。 Posted by: kawa : June 1, 2011 12:22 PM
AKiさん  そうですね。ぼくもけっして諦めようとは思いません。 いままでボーッとしていたような若者たちが世の中 を変えようと行動するようになったし、様々な人たちが表に出てくるようにもなりましたね。問題が潜んでいるよりは、露わになる方がずっとましでしょう。 それに、ものごとが本質的なところが、人の眼に見えるようになってきたように思います。さらに、大手メディアが真実を伝えないモノなのだということを、多くの人が実感として知るようになったことも、だれもが発言できる環境ができてきたのも、言い兆しでしょう。 Posted by: 玉井一匡 : June 1, 2011 02:32 AM
あらわになるこの国の現実に、情けなく、いたたまれない今日この頃です。 でも、そこを変革していかねばならない……、まだ、そのように考える多くの方々が存在するように思えます。 じっと耐えながら、どうつながっていけるのか……、考えています。 Posted by: AKi : June 1, 2011 01:03 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?