June 21, 2011

神の火

Kaminote.jpg神の火/高村薫/現在は文庫/新潮社

 いつものように、表紙の見返しに書かれた短い解説さえ避けて読みはじめた。とはいえ、サスペンス+スパイ小説であることは知っていたし、「神の火」というタイトルが原子力を意味することは容易に想像がつく。どのみち2,3ページも読めばすぐに原発をテーマにしていることがわかるのだから、すこし背景について書いてしまおう。

 あえて規範から逸脱することをおそれない、にもかかわらず、ひとに深い愛情を持つことのできる男たちを著者は共感をもって描写するので、男たちはそれぞれ魅力に満ちている。
2段組で325ページにおよぶ厚い本は、原発をテーマにして今から20年前、9.11から10年も前、ソ連が崩壊した年に出版された。小説の中では、巨体をもてあまして余命いくばくもないソ連が、肩で息をしている頃らしい。

 冒頭の、巨大な建築物の工事現場の描写をちょっと読めば、いまのぼくたちにはすぐに原子力発電所であることがわかる。さっそくGoogleマップを開き地図モードで「音海(おとみ)」というキーワードを打ち込むと、若狭湾の中に複数の半島が延びてつくりだしている小さな湾のひとつにぼくたちは跳ぶ。
 おだやかな水面に浮かぶ生け簀、繋留された漁船、潮の香り、地図を見るだけでうっとりするような湾がつらなる。原発は、かならずそういう美しい海を狙ってやって来るらしい。音海のある半島の根元に関西電力の高浜原発がある。

TakahamaNS.jpg高浜原発:Click to Open GoogleMap
 モードを航空写真に切り替えると高浜原発の施設が見える。拡大してゆくと、これが平時の原発なのだと気づくが、ぼくは水素爆発したあとのとっ散らかった原発にばかり関心をもっていたのだ。半島の東西の湾に水路がつながっているから、一方が冷却水の取り入れでもう一方が排出用の水路なのだろう、ふたつの水路が半島を横断して根元で断ち切っている。水路の泡立ちで、西側の内浦湾が排水口であることがわかる。原発は健康だが、じつは半島と湾は根本で断ち切られている。おそらく住民の間にも険しい対立をつくりコミュニティを分断したのだろう。

 「神の火」は、この原発をモデルにしているに違いないが、「音海原発」はこの敷地のすぐ北あたりに位置する。小説には地形が具体的に書かれているから、GoogleEarthを見ながら読まずにいられないのだが、そのあたりを写真モードで見ようとすると、なぜか白い雲におおわれている。事故後にGoogleマップを曇り空にするようだれかが要請したのだろうか。あるいはもっと早く手を打ってたのだろうか。
 原子力発電所内部についても詳細な描写があるから、平面図をおおざっぱに書いて見ながら読んでいきたいところだが、ストーリーを追いたいスピードにとっては、そんなことをしている余裕がない。またあらためて原発研究のために音海原発にもどることにした。

 巻末にはこう書かれている、「1991年8月、単行本として刊行された『神の火』は、文庫化にあたって全面的に改稿が施され、単行本は絶版になった。本書は文庫判を底本として、新潮ミステリー倶楽部の一冊として新たに刊行したものである。」と。
高村薫は改版するときには原稿に手を入れるひとであるとは聞いていたが、そのときに電力会社や経産省からの「強い要望」があったのだろうか、出版社の自主的な政治的配慮もはたらいたのだろうか。興味はつきない。

 このひとはジョン・ル・カレが好きなんだろうなと思いながら読んでいたが、図書館で手に取ったジョン・ル・カレのスパイ小説の腰巻きに、高村薫の言葉があった。
 たしかに、ベルリンの壁がなくなってから、ジョン・ル・カレもフリーマントルも読んでいて緊張感を失った。にもかかわらず、今になってもこの小説が緊張感を持って読めるのは、北朝鮮がまだあいかわらず生きているからでもあり、それにもまして「核」が冷戦構造と同じくらいの断層、ベルリンの壁のような排他的な閉鎖社会をつくり暗黒を抱えこんでいるからなのだろう。

投稿者 玉井一匡 : June 21, 2011 01:00 AM
コメント

NHKのニュースウォッチ9で、この原発事故と日本の原発について高村薫にインタビューしたものがYouTubeにあります。
http://www.youtube.com/watch?v=1G8K0QdTdy8

Posted by: 玉井一匡 : August 1, 2011 02:46 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?