August 05, 2011

「終わらない悪夢」の再放送

Owaranaiakumu4S.jpg写真:この足の下に使用済み核燃料が埋められている

 7月26日にエントリーした「終わらない悪夢」が、来週の水・木曜日に前後編に分けてBS1で再放送されることになった。これは、アメリカ、ロシア(旧ソ連)、フランスの原子力「先進国」を取材して、使用済み核燃料の処分をどうすべきかを検証したフランス制作のドキュメンタリーで、必見、というよりも必見・必録の番組というべきだろう。なぜなら、放射性廃棄物の処理が不可能であるなら、事故があろうがなかろうが原発というものはやるべきだはないということがよくわかあるからだ。

 これが放送される前の月曜・火曜日には、ドイツで制作されたチェルノブイリについてのドキュメンタリーも再放送される。

■ 第4回もう一度見たい!世界のドキュメンタリー  特別週 検証 原子力発電
8月 8日(月)午後11:00~11:50 「永遠のチェルノブイリ」
8月 9日(火)午後11:00~11:50 「被曝(ばく)の森はいま」
8月10日(水)午後11:00~11:50 「終わらない悪夢」(前編)
8月11日(木)午後11:00~11:50 「終わらない悪夢」(後編)

*再放送についてくわしくはNHKの番組案内サイトへ
*ドキュメンタリーWAVE 「内部被ばくに迫る~チェルノブイリからの報告~」日本の研究者がチェルノブイリを調査したドキュメンタリーがあります。
BS1:8月6日00:00~00:49
   8月7日17:00~17:49 

投稿者 玉井一匡 : August 5, 2011 03:36 PM
コメント

マスクマンすずめさま
 雷のおかげでときどき画像が乱れてしまいましたが、私もこの番組を見ました。チェルノブイリの家族の、厳しい検査結果を伝えられたときの表情を、つらい思いで見ました。が、問題は遠い国のことだけではなく、フクシマのことであり、日本全体のあることなのだとあらためて思いました。
 もう、何を言われようと我々は驚かなくなりました。どこがどうなっているのかを公開してほしい。我々は、それに応じて年齢別の棲み分けなりなんなり、頑張るのになあ。                                                                   

Posted by: 玉井一匡 : August 7, 2011 10:16 PM

今「内部被ばくに迫る~チェルノブイリからの報告~」を見終わりました。福島原発事故の影響が長期に渡り続くであろう事を予測させる深刻な内容でした。政府は海産物、農産物の体内被爆リスクをもっと包み隠さず明確に洗い出すべきですが多分やらないんでしょう。民間の組織が繋がり合っていく必要を痛感しています。

Posted by: マスクマンすずめ : August 7, 2011 06:12 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?