August 30, 2011

「100,000年後の世界」短縮版を見た

Eternity.jpgClick to jump to WebSIte

 これからの日本の原発をどうするのかを、ろくに議論しないまま民主党の代表選挙がおこなわれ首相になる人が選ばれた日の深夜、NHKのBS-Pで「100,000年後の世界」の短縮版を再放送した。ことしの2月に放送したもので、劇場版1時間19分を49分に短縮してある。ぼくは劇場版を以前に見たから、どう縮めたのかにも興味があった。

 原題は「ETERNITY」つまり「永遠」という。短縮版では、インタビューの大部分を残しながら、深さ500mの地下の世界を映像と音楽と沈黙によって「永遠」を表現しているところが削られている。たしかに、短い方がわかりやすい。けれど、十万年という気の遠くなりそうな時間の長さと重さを、ぼくたちに感じさせる力がなくなっている。そもそも、永遠を感じさせようというのに時間をけずったのだからそれは当然のことかもしれない。両方を見ると、この映画が伝えたかったことがよくわかるから、短縮版にも意味がある。
 

 メッセージの芯にあるものが、このまま原子力エネルギーを使い続けていいのかという修辞的な問いかけであるのはいうまでもないが、テーマはコミュニケーションである。タイトルは十万年後だが、その一点にではなく実は十万年間絶えることなく、延々と「これをとり出したら大変なことになるぞ」ということを伝え続けなければならないのだ。もしも開けようとする生物がいたら、たとえ人間であれその場で殺してでも阻止しなければならない。

 計画に関わる人たちさえ、意見はまとまらない・・・各国語で書いたメッセージをモニュメントに書いておくのか、しかし、何語であれ十万年後に原題の文字を理解できるのか、入るなと言われたら調べてみたくなるのではないか、むしろ何も残さず自然の森に蔽われ注意を引かないようにするのがいいのではないか、そもそも十万年後に人類が残っている可能性はむしろ低いだろう・・・結論は出るはずもない。とにかく、100年後に廃棄物を閉じ込めるというのだ。しかし、地震の多発地帯にありながら原発をつくり、放射性廃棄物の処理についてなにも考えず、何の手も打たずに増やし続ける日本よりは、12億年前の岩盤まで掘り進んで置いておく計画をじっさいに始めているフィンランドのやりかたには、むしろ尊敬の念を抱かされる。極地も近い国にとっては、太陽光も風も潮流も水力も電気に変えるのは容易ではないのだ。

 現在抱えている廃棄物をどう処理すべきかは、とにかく考えなければならないことだが、そもそも廃棄物を出さなければいいのだから、原発を廃止することがもっと大事なことであることをぼくたちは忘れない。「リーダー」の出現を待ち焦これるよりも、エジプトのように、リビアのように、シリアのようにみんなが立ち上がるしかないのかもしれない。

*このドキュメンタリーが短縮版であることをNHKは表示していない。それを意識したのは、たまたま同じ時期に劇場で上映されていたからだ。すくなくともそれを知らせるべきではないだろうか。この映画のテーマがコミュニケーションであるならなおさらだ。

■関連エントリー
*100,000年後の安全/MADCONNECTION
*核の文明を問う 映画「100,000万年後の安全」/池田香代子ブログ

投稿者 玉井一匡 : August 30, 2011 08:30 PM
コメント

菅総理は東京も含め3000万人の避難を覚悟したと。今からそうなると誰が知ろう!

Posted by: senrinoinkyo : September 18, 2011 07:28 PM

千里の隠居さま
 ご丁寧なご説明ありがとうございます。

Posted by: 玉井一匡 : September 1, 2011 02:59 PM

核とは原子核のことで原発とは無関係です。分子は原子からなり原子は原子核電子中性子などからできています。中学の理科です。失礼

Posted by: senrinoinkyo : September 1, 2011 10:41 AM

senrinoinkyoさま
 わたしも、本を読んだ範囲では、まともに考えれば二酸化炭素が温暖化の主要な原因だと決めつけるのは間違っていると思いました。
まともに考えれば、原子力発電が割の合わないものであることは、容易に理解できるのに原発を推進し続けたのと、おなじですね。まともに考えればあの広大な中国に戦線を拡大することや、アメリカを相手に戦争をすることなど狂気の沙汰でであることはわかるだろうに、戦争をやめられなかったのもまったくおなじなのですから、われわれ人類の愚かさは筋金いりですね。
 そういう核融合の話が、あまり表に出てこないのはどういうわけなのでしょうか、水素爆弾への利用という問題がうしろに控えているからなのでしょうか。

Posted by: 玉井一匡 : September 1, 2011 05:40 AM

千里の隠居より
緑陰読書で「地球温暖化」関連の科学系の書籍5冊と核融合の書籍1冊を読みました。地球温暖化は一部の人々が自分に都合の良いデータを元に騒いでいるだけ。温暖化はやはりまやかしでした。
原子力発電対策として「太陽光発電」「風力」「地熱」その他環境に優しいがほとんど役に立たない技術は不要になる。代替は開発に50年かかるが「核融合」です。重水素と三重水素が燃料でもちろん放射能や炭酸ガスは出ません。
地球のエネルギー問題は50年先にはまったく心配無用です。
以上は世界の第一線科学者が認めています。
核融合は息子が阪大で伏見康治先生のグループで研究しました。日本はこの分野で世界トップです。千里の隠居は旧サイエンティスト。

Posted by: senrinoinkyo : August 31, 2011 03:55 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?