November 19, 2011

「ハーブ & ドロシー」

HerbDrothy.jpg「ハーブ & ドロシー」:アートの森の小さな巨人/監督・プロデュース 佐々木芽生

 ハーブとドロシーのヴォーゲル夫妻は現代美術有数のコレクターである・・・とは、この映画で知った。このドキュメンタリーフィルムを観ているあいだ、ぼくの体中には温かくおだやかなうれしさと痛快さが満ちてきて、最後までそれは引くことがなかった。

 常盤新平がニューヨークのバーで飲んでいるときにバーテンダーにきいたという話をエッセイで読んだことがある。「ビジネスマンが飲んでいるとアートの話題になるんだが、アーティスト同志だと金儲けの話になる」というのだ。ニューヨーク在住の絵画のコレクターといえば、おおかたは並外れた大金持ちだ。
 ところが、この小柄なふたりは経済的にはまったく「普通のひと」でありながら、アートへの思いの強さ深さ、作者とその仕事に対する接し方がすてきに型破りであるし、売買で儲けようなどという気はさらにない。ひとに見せて自慢しようという気もまったくなさそうだ。好きなものを見つけ出してそばに置いておくだけでいい。そのコレクションときたらさまざまな意味であきれるばかりだ。どんなぐあいにしてそんなことになったのかを、書きたくて仕方ないのだが、この映画を観る楽しみを奪わずにおきたい。

 夫ハーバートは 1922年生まれ、ハイスクールを中退してから1980年に退職するまで連邦郵便局に勤務して仕分けのしごとを続けた。妻ドロシーは1935年生まれ、大学院修士課程を修了、ブルックリン図書館(Brooklyn Public Library)の司書として勤務した。ニューヨークのど真ん中のワンルームのアパートメントに同居するのは、わがもの顔にふるまう猫、水槽の中を徘徊するアロワナ、数匹のカメ。そしてなによりもおびただしい美術品のコレクション。

 もともと美術が好きだったハーブと、結婚してから美術に踏み込んだドロシーは、一緒にニューヨーク大学の講座で絵を学び描くようになったが、やがて鑑賞と蒐集に専念する。以来、ふたりはいつも手をつないでギャラリーをのぞき、アーティストのスタジオを訪ね、電話で様子を聞き、歩きまわる。妻の給料で生活をまかない、夫の稼ぎはすべて作品の購入にあてたということくらいは言ってしまおう。そういう暮らしをするなら、ニューヨークという街に住めば楽しくて楽しくてたまらないことだろう。
 映画の大部分が、このふたりと現代美術のアーティスト、美術館のキュレーター、批評家などのインタビューと会話によって構成されている。二人が大金持ちでないにもかかわらずこんなコレクションをつくり、アーティストたちと特別な世界を築いたというのではない、むしろ普通の立場にある人だからこそできたのだと気づく。ただし、傑出した鑑識眼をそなえている。同じように、この監督はアジア人の、しかも若い女のひとだから彼らの世界に踏み込むことができ、こんなドキュメンタリーフィルムを撮ることができたのだろう。

 残念なことに、劇場上映を見逃してしまったので、ぼくはWOWOWの放送をダビングしたDVDで見たので、機会があればこんどは劇場で見たいと思っています。

■関連ブログ
『ハーブ&ドロシー』/お江戸から芝麻緑豆/ こももさん
■関連ウェブサイト
NATIONAL GALLERY OF ART :ワシントン 国立美術館公式ウェブサイト
Herbert and Dorothy Vogel/Wikipedia:寄贈した美術館、作品を購入したアーティストの膨大なリストがすごい
BROOKLIN PUBLIC LIBRARY:ドロシーが勤務したブルックリン図書館ウェブサイト
■関連エントリー
「美の猟犬」と安宅英一の眼/MyPlace:安宅英一とヴォーゲル夫妻は、まったく立場がちがうけれど、気に入ったものに対する情熱の燃やし方には通じるものがあると思うのだ。

投稿者 玉井一匡 : November 19, 2011 02:10 AM
コメント

こももさん
 イメージフォーラムって、ぼくは行ったことがなかったからストリートビューで確認もしたし、すっかり行くつもりだったのに、見損なっちゃいました。DVDを見終わって、こんど劇場でやるときには必ず見に行くぞと固く決心しました。
 この二人の生き方は、ほんとうに気持ちいいですね。生き方にしても、作品の選び方にしても、とにかく原則からはずれない。しかも、その原則はすっかり自分自身の中から出てきたものだから、「原則」をバッグから取り出してものごとにあてて判断するなんてことはない。すこぶる自然に振る舞っている。

ふたりは、生き方の理想型のひとつですね。

Posted by: 玉井一匡 : November 19, 2011 09:26 PM

もし予定が1日ずれていたら、『ハーブ&ドロシー』を見ている最中に震災にあっていたであろう…というタイミングで、劇場におりました。
ハーブとドロシーのふたりの、なにがあろうとおごることなく、また落ち込むこともなく、日々坦々とぶれることなく生きている様が
とても心地よく、見終わって本当にすがすがしい気持ちになったのを今でもはっきり覚えています。
あの映画を撮ったのが日本人女性ということもあって、物語の組み立てがすんなりと入ってきたのかな、とも思います。
ハーブとドロシーの小さな二人が、いつもきゅっと寄り添っている姿がすごく暖かで、うらやましくもありました。

http://edokomomo.exblog.jp/16037770/

Posted by: こもも : November 19, 2011 08:36 PM

nOzさん
 ほんとにおもしろいです。
見ている間もきもちいいけれど、あと味もとてもいい。
もっと早く見て早くエントリーすればよかったと思います。

Posted by: 玉井一匡 : November 19, 2011 01:51 PM

面白そうですね!
自主上映募集、最寄りの映画館に上映してくれないか聞いてみよう。

Posted by: nOz : November 19, 2011 01:40 PM

AKiさん
ぜひ、どこかでごらんください。じつはぼくも、劇場でやっているのを知っていたながら見過ごしてしまいました。先日、WOWOWで放送したものをダビングしたDVDを借りて観たのです。いずれ劇場でも観たいとは思っています。

Posted by: 玉井一匡 : November 19, 2011 11:25 AM

観たいです。なかなか、難しそうですが……。

Posted by: AKi : November 19, 2011 10:16 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?