December 25, 2011

『いきる 命はすてき』展に行った

InochiSuteki1S.jpg銀座で開かれている『いきる 命はすてき』展に行った。
会場は銀座のギャラリー悠玄、泰明小学校の近くだ。
石井悦子さんという若い女のひとが銀座の画廊の地階から2階までの3フロアを借りきって主催なさり、反原発デモで撮った写真を大きくプリントしたもの展示するのだとmasaさんにうかがった。さらに、新島さんが3.11以後のまちの「音風景」を録音したものを音作品として出展されるとも知った。
 ぼくはこの催しを写真展なんだと勝手に思いこんで会場にゆくと、展示されているものはさまざまで、1階の正面には大きなサイの絵があり、猫のカツラがあり震災体験を書いた文章がある。そうした展示を見て、はじめてこの催しの全体像がつかめた。作品というより行動の展示なのだ。写真を作品として展示しているのはmasaさんだけだが、それも、週末ごとに反原発デモの写真を撮ることで原発をなくしたいという思いをぶつけているという行動の結果だ。

 地階の一番奥の壁に大きなピエロの写真があってこちらを睨みつけている。左奥の壁際に一対のスピーカーが置いてある。空間に詰まっているドラムの音は、そこから出てくるのだ。床には、これからここで演奏が行われることを示す譜面台とスツールが緋毛氈の上に置かれている。

 masaさんの写真には説明がない。その代わりに左手の壁にNiijimaさんのメッセージが書かれている。(Niijimaさんのブログ「Across the Street Sounds」に全文があります)透明のアクリの板にとりつけた電子部品のかげにSDカードが差し込まれた装置が、スピーカーの間に置かれている。

 録音技術者であるNiijimaさんのブログのタイトルが「Across the Street Sounds」であることを、このときにはじめて直接に意識した。「かつてはサイエンス・フィクションの世界だけの出来事であった放射性物質に汚染されたこの国土での生活が、わたしたちの日常となってしまったのと同じく、毎週のごとく行なわれるようになった反原発デモの光景もこれまた日常と化した時代が始まった」と書かれている。放射性物質によって汚染された地球という、SFでは常套手段といわれそうな状況が現実となってしまったのだ。

 顔の表情は、なによりもあからさまに気持ちをあらわす。だからこそ、ピエロは厚い白塗りでつくられた人工の表情の下に真の表情を隠す。それと同時に、その下にはそれほどにして隠さなければならないほどの怒りや悲しみ、あるいは希望を手探りでもとめる気持ちとその表情が秘められていることも示しているのだ。デモという行為、人の感情を揺さぶるドラムという音、幻覚から揺り起こすようにときおり刺さるホイッスル、それは音による白塗りなのかもしれない。激しく表出すると同時に秘めるのだ。

 デモのドラムを聞きながら巨大なピエロを眼にして、そんなことを思った。

■関連エントリー
『いきる 命はすてき』展/kai-wai散策
『いきる 命はすてき』展 (初日)/kai-wai散策
「いきる 命はすてき」展/Across the Street Sounds
「3.11以降に現出した音風景 remix」前口上/Across the Street Sounds
「写真の力。」/う・らくん家

投稿者 玉井一匡 : December 25, 2011 09:17 AM
コメント

Niijimaさん
 地階の会場の写真を見ながら、演奏の時にはあのドラムの音を流してやったんだろうかと興味をひかれました。Niijimaさんのブログのコメントに書いたように、ドラムの音を流しながらバイオリンを弾き、それを録音したものを翌日の演奏では伴奏にして次の日にはべつの演奏をするというぐあいにトラックを増やしてゆくつくったら、面白いことになるだろうと思いました。

Posted by: 玉井一匡 : December 26, 2011 10:33 AM

masaさん
 朝おきてコメントを見ました。今朝、母を定期診察に連れて行くので、新幹線の移動中に書いているものの、車中にWi-Fiはないから新潟に着いてアップします。
展示がそういうふうにしてつくられたということを何かの方法で伝えられるとよかったですね。メールで、サイの絵は震災の災+教員の新規採用の採なんだと知りましたが、じつはぼく、なんでサイなんだと思いました。  

Posted by: 玉井一匡 : December 26, 2011 10:31 AM

玉井さん、昨日は師走の忙しいなか会場へお越しいただきまして、ありがとうございました。
ところでやはり、玉井さんの鋭さには脱帽です。この展示を、行動の展示と読み取られたこと、非日常が日常化したことを(私の音の)要点と聴いてくださったこと、クラウンの白塗りの下の表情への言及と、ここまで受け取ってくださったことに驚きを禁じ得ません。
斯様な素晴らしい紹介と感想を載せていただきましたこと、重ねて御礼申し上げます。

Posted by: M.Niijima : December 25, 2011 11:06 PM

展示2日目を終えて帰ってきたところです。
催しに足を運んでいただき、かつ早速その紹介からご感想まで...大変ありがとうございます。展示とパフォーマンスを行う空間が同じであることなど...やや問題もありましたが、こういった催しが初めてのひと達が寄り集まり、力を合わせ、ギリギリまで準備作業をつづけ、なんとか開場にこぎ着けた...その過程に、僕はかるい感動をおぼえました。聞けば、その準備作業の助っ人のほぼ全員が、311被災地でのボランティア活動を熱心に行っているひと達でした。僕ももっと役に立つジジイにならねば...と思わされた次第です。

Posted by: masa : December 25, 2011 10:09 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?