January 01, 2012

新年おめでとうございます

2012Nenga.jpg

 昨年、新婚のブータン国王夫妻が東北の被災地を訪れたときにこどもたちに話していたことばが印象に残ったので、それをもとにして年賀状をつくりました。彼はこう言ったのです。「龍はどこにいるか知っていますか?・・・・龍は、あなたたちひとりひとりの中にいるのです。それをあなたたちが育てていくのです」と。
 もしかすると言い方はちょっと違っているかもしれないけれど、ぼくにはそう記憶されていて、龍が自分の中に棲んでいるという考え方を、とてもおもしろいなと思ったので、そのことがそれこそ龍のように、いまもぼくの記憶に棲みついているのです。

2012ButanDragonS.jpgClick to PopuP

 左の絵は、ブータン王国のウェブサイトで見つけました。きっとこういうサイトなら龍の絵があるだろうと思って開いたところ、サイトのいちばんはじめにこれがあったのです。この絵の中から龍を切りとり、海をつくるのにちょうどいいかたちを切り取りました。そういえば、ブータンはチベット仏教を信仰するチベット系の人たちであり、中国の青海湖はチベット族の住むところだから、青海波というのはチベットを起源としているのかもしれませんね。
 ブータンでは自分たちの国を「雷龍の国」と呼んでいることがwikipediaに書かれています。

 このところ数年、年賀状には「一陽来復」と書くことにしていたのですが、国王のことばを使いたかったので「有龍自吾身來」と書いて「龍有り吾が身自り來たる」と読むことにしました。中国語を全く知らないので、論語の「有朋自遠方來」(朋有り遠方より來たる、あるいは、朋の遠方より來たる有り)の文法を借用したことは想像がつくでしょう。もともと、ブータンの先王が提唱した,豊かさの指標としてGDPにかえてGNH(Gross National Happiness)という指標をという考え方に、ぼくは共感していました。

投稿者 玉井一匡 : January 1, 2012 01:26 AM
コメント

masaさん
 おめでとうございます。
ぼくの思わなかったようなさまざまな対象、ぼくの感じられなかったおもいがけない視点を示していただいて、こちらこそいつもありがたく思っています。ことしもよろしくお願いします。

Posted by: 玉井一匡 : January 1, 2012 03:23 PM

玉井さん、あけましておめでとうございます。
昨年中"も"何かにつけて気にかけてくださいまして、ありがとうございました。玉井さんはお気づきでないかもしれませんが、僕は、玉井さんと交流させていただくなかで、多くを教えていただき、力づけられ、励まされ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
本年もひきつづきよろしくお願いいたしますm(__)m

Posted by: masa : January 1, 2012 11:35 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?