February 14, 2012

2月14日のGoogleアイコン

GoogleValentine.jpgClick to open Google
Googleのトップページを開いたら、Googleのロゴがこんなものになっている。
右向きの三角をクリックすると、絵が動き出してアニメーションになった。(携帯用のサイトではアニメーションにならないようだ)それを見ているうちに、今日は2月14日であることを、やっと思い出した。このアニメーションは、なかなかすてきなメッセージを伝えてくれる・・・と思いながら、ちかごろちょっとGoogleに感じている不安を思い出した。
 このごろぼくのMacBookは、GoogleMapでストリートビューが見られなくなったのだ。写真が映るべきところが真っ黒のままいつまで経っても出てこない。しかも、GoogleEarthもおかしい、起動させてもフレームが出てきたところでパタリと消えてしまう。

 Apple Storeに電話で相談したらSafariをリセットしてみたらどうだと指導されたが、それでもダメだ。
電話を切ったあとで試しにGoogleのブラウザー Chromeをダウンロードして開いてみると、GoogleMapの反応がとても速い。おまけに、ストリートビューがすぐに開く、しかも地図からストリートビューに移るときに2Dから3Dに連続的に変化するという演出がある。

 Googleが,自分のところで提供しているブラウザーをより魅力的にしようとするのは当然だろうが、まさかsafariでは見られないように邪魔をしてるわけじゃないだろうなあと、ちょっと心配になった。ぼくだけの問題ならいいんだが、こんなことが起きるのはMacのOS7とGoogleEarthやGoogleMapの相性がわるいせいなんだろうか。・・・もし、そうだったら、ジョブズが元気だったら、カンカンに怒ってGoogleに怒鳴り込むだろうな。

 本、地図、メールをGoogleが手中にして・・・さらにCloudが進んだら、Googleのようなところが莫大な情報を握ることになる。もしも独裁的なやつに乗っ取られてそれがコントロールされるようになったら、大変なことになると心配になってきた。そんな不安を感じてしまうのも、かつてのドイツを思い出させるような、独裁的でヒステリックな人物が世の中の不満と不安のすきに乗じて大衆的な人気を日本で持ち始めてきたからだ。

VALENTINE1.jpg■追記
 バレンタインデイの翌日には、いつものGoogleロゴに戻った。
昨日のロゴをクリックすると、こんなアニメーションになった・・・女の子が一人で縄跳びをしているところに少年がやってくる。うちに帰ってGoogleで贈り物を探す・・・まずはバラの花・・・女の子は振り向きもせず縄跳びをつづける・・・また家に戻った少年はつぎつぎと贈り物を持ってくるがおなじことだ・・・最期に縄跳びの縄を持ってきて,自分も縄跳びを始める・・・・少女は、自分の縄を捨てて、二人で跳び始める!!
 どうかGoogleが、変な奴に乗っ取られないようにと、願うばかりだ。

投稿者 玉井一匡 : February 14, 2012 04:00 PM
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?