November 17, 2003

林芙美子の住んでいた家:林芙美子記念館

hayashihouse1-S.jpg click image to pop up.

 西武新宿線・中井駅の近くに林芙美子の住んでいた家がある。いまでは新宿区立の「林芙美子記念館」となっているが、「放浪記」で流行作家になってこの家をつくり、ついの住まいとした。毎日その前を自転車で通ると、道は高台の足元を縁取るようにして走っているから、大谷石の擁壁とその上の豊かな緑を左手に感じる数10mが心地よい。
山口文象の設計した和風の家も樹木や草花が豊かな庭も別世界をつくっていて、季節ごとに美しい。それというのも、家はいうまでもなく庭の植物たちにも手入れが行き届いているからだ。土曜日など、時間の余裕のあるときに事務所に行く途中でときどき寄ってゆく。

 庭の池に泳ぐ鯉たちのために、水面に餌を散らしている人がいたので、しばらく横に立って見ていたことがあった。「わたしの家はこの隣で、林さんには、むかしうちが土地をお売りしたから、ときどきここにくるんです。この鯉もうちにいたんだが、大江戸線の工事をした時に、うちの池の水が漏れるようになってしまった。しかし、何百mだか基準の距離の限度を越えているので補償の対象にはならないんだそうだ。仕方ないから鯉をここに連れてきた。と、思ったら、こんどは鷺がやってきて食ってしまうようになった。小さいやつはひと呑みにするが、大きい鯉はくちばしで頭を突いて殺してから、おもむろに食ってしまう。」
 暑い季節に縁側に腰を下ろしていると、年配のご婦人が「蚊がいるでしょう」といって団扇を貸してくださったり「資料室はエアコンがあるから涼しいですよ」と教えてくださることもあった。そのひとは林芙美子の姪にあたり、ここに昔住んでいらしたことがあって、定期的に花を生けにみえるそうだ。
 花について家について質問をすれば職員が説明をしてくれる。家の開口部はいつも開け放たれているので、だれかが住んでいるが今はちょっと留守をしているところだというようだ。
 ここが、命のないただの展示物や記念館になっていないのは、今でもこうやって「住んでいる」人たちがいるおかげで、ぼくたちもしばらくの間は少しだけ住人になれるからだ。訪れる人が多くないという逆説もここを居心地よいものにしている。

 この家から3軒は大谷石の擁壁が続き、そのうえに緑がこぼれているが、その隣からはコンクリートの擁壁に、シャッター付きのガレージが続いている。昔は同じように大谷石の擁壁が続いていたに違いないが、おそらくは相続のために土地を売り、それを買ったディベロッパーが売る時には駐車場付きにしたのだろうと勝手な想像をする。相続税と車の力が、街を醜くつまらなくしてゆく。

 坂道をはさんで林芙美子記念館のとなりにある古い家は講談社の「日本の洋館」という本にも掲載されている刑部邸だが、「今はおふくろの名義だけれど、そのうち相続することになると、持っていることはできないだろう」と、鯉に餌をやりながら刑部さんはおっしゃった。だからといって、新宿区にはそれを買い上げる予算もない。
その後、刑部人邸には、子息の心配されたとおりの事態が生じた。
Click to Jump to「洋館に綱が:刑部人アトリエ」

 

投稿者 玉井一匡 : 11:56 AM | コメント (14) | トラックバック