January 26, 2008

デートDV

DateDV.jpgデートDV /遠藤智子/1,260円

1月20日につくばみらい市の市役所が、公民館でDV(ドメスティック・バイオレンス)についての講演を開く予定だったが中止された。講演に反対するメールが多数送られ、スピーカーを市庁舎に持ち込んで反対した男たちがいたので、混乱を避けるとして市がこれを中止したというのだ。夫や同居する男に暴力で支配される女のひとたちを救おうとする行動に反対するということがまず分からない。それを強引にやめさせようとする人間の主張を、市役所が受け入れる論理がわからない。
 2004年の警察の統計で、夫による妻の殺人は1年に127件という。3日にひとりの妻が夫に殺されたことになる。殺される前の暴力にさらされている人たちはそれよりもはるかに多いはずだ。しかし、そういう深刻な事態はあまり知られていないし、ぼく自身、娘がDVシェルターに実習で行っていたときに知ったことだった。それを広く知ってもらうために開こうとする講演を力ずくで中止させようとするには、どういう論理があるのだろう。
 現在あるいは過去の婚姻や内縁関係にある男女間のDVには、充分ではないにせよDV法がつくられている。しかし、この法は恋愛関係にある男女間の暴力は対象にされていない。「デートDV」は、そういう暴力が想像以上に多いこと、その予防や対処について書かれた本だ。

「デートDV」をキーワードにGoogle検索をしてみると267,000件あった。それは、もちろん、問題の多さを示しているのだが、中にはデートDVを防止しようという活動に反対するサイトも含まれていて、つくばみらい市のできごとを反映している。著者の遠藤智子さんはDVシェルター全国ネットのNPOの事務局長。この本の前にも、共著の「女性たちが変えたDV法」がある。国会にはたらきかけて超党派の議員たちと協力してDV法の改正にこぎつけた経過を書いたものだ。「デートDV」の印税はNPOに寄付されます。

つくばみらい市の講演中止に抗議し、改めて開催を求める署名活動が行われている。締め切りが1月28日で、もう駆け込みになってしまいましたが、下記の書き込みサイトから即時ネット署名できます。
 署名フォームはこのサイトへ:1月28日締め切り
■新聞による報道
「DV防止法:反対団体の抗議で講演会中止 つくばみらい市」@毎日新聞(1/18)
「抗議受け市の講演会中止に DV被害支援めぐり」@MSN産経(1/17)
「DV防止法講演会 団体抗議で中止に つくばみらい」@東京新聞茨城版 (1/18)

*このブログでエントリーした「吉原御免状」は、遠藤さんに教えてもらった本だ。

投稿者 玉井一匡 : 02:14 PM | コメント (6)

January 20, 2008

「国際カエル年」と 川

amphibian-ark.jpgClick to Jump to FrogSite

「川の地図辞典」のエントリーを書いているうちに、あらたに「川」というカテゴリーを加えたくなった。これまで、ぼくはカテゴリーを英語で表記していたが、「river」ではなく「川」にしたいと思った。ぼくたち、すくなくともぼくにとっては「川」にこめられるものと「river」から受け取るものとでは、深さも拡がりも大きく違うのだ。はじめは外国からのアクセスを考えたからカテゴリーを英語にしたのだが、この機会に固有名詞は別として日本語に変えてしまおうと思った。どうせ本文を英語で書くことにはなりそうもないし、スパムコメントよけにやむなく外国語を排除しているので、英語にすることに意味もなくなった。しかし、カテゴリーを日本語に変えてみると、なぜかちゃんと内容を表示してくれなくなってまうものが多い。原因をさがすのも時間がかかりそうなので、やむなく、できるものだけ日本語に変えることにした。これまでのエントリーで、川に関わるものがどれくらいあるだっろうかと気になったので「川」をキーワードにしてサイト内検索をしてみると想像以上に沢山のエントリーがでてきけれど、まずは主なものだけに「川」のカテゴリーを加えることにした。

 たまたま、いくつかのカエルにかかわるエントリーをしたあと、「川の地図辞典」の出版を機会に「川」が周辺のブログで話題になっている。もともと「川」と「かわず」というふたつのことばにだって縁がないはずはないところに、今年は国際カエル年なのだということを知った。カエルのうちの30%以上の種が絶滅の危機に瀕しているので、東京の4つの動物園(上野、多摩、井の頭、葛西)では今年は蛙に力をいれてイベントなどを開く。
 冒頭のカエルの写真を、「amphibian ark 2008 YEAR OF THE FROG 」のバナーに入れ替えた。この方がずっと魅力的だからだが、これをクリックすると「amphibian ark」(両生類の方舟)のサイトにジャンプする。ここから、80ページ以上のカエルについてのパンフレット、カエルのお面、バナーなどがpdfでダウンロードできる。

 かつて、日本人にとってカエルは、水と人間をむすび季節の変化を音として伝える存在だった。いまも、水田に水を張ればあたりにカエルの声が鳴り響く。とはいえ、水田地帯でさえ、かつては夜を満たしていた声の重なりも姿もはるかに減った。明らかに、農薬の使用や農業機械のための乾田化でオタマジャクシの生きる場所が減ったせいだ。都会の川は四角い排水パイプのようなものだからコンクリートの切り立った壁と平らな底が生物を拒んでいる。
「国際カエル年」なんていうものがつくられるのは、こういう事情が日本に限らないからだろう。カエルの住みやすい環境は、そのまま人間にとって気持ちよい川や池を回復することでもある。魚は水の中だけだが、両生類の活動範囲は、地上にもおよぶ。カエルを食べようとする野鳥も来る。もっとひろく水辺を考えなきゃならないのだから、鮭の遡上する川を目指す段階よりひとつ進まなければならない。

 地球からいなくなってしまうかもしれないと思うと、ぼくたちにとってカエルがどんなに親しい存在だったかを思い出した。かわいい顔をしている。地上にも生活するのでつかまえやすい。攻撃することもない。オタマジャクシも捕まえやすく育てやすい。たまごもたくさんある。小さな子供にとって水の生物の入門編だ。成長の過程がカエルほど明瞭で劇的な生物も少ない。そのうえザリガニ釣りの餌にもなった。カエルの絶滅は「川ガキ」の絶滅にもつながる。
「満州走馬燈」には、少年たちがカエルの肛門に麦わらを入れて息を吹き込んでお腹を膨らませて遊んだというちょっと残酷な話が書かれている。そういう遊びはあまり考えたくないが、それでさえ、どの子供にも潜んでいる残酷はコンピューターで敵を殺して爽快感を得るよりも、生き物にふれ時に自分のせいで命を奪ってしまい、それを後悔することで乗り越えられるという側面があるのではないかとぼくは思う。

東京動物園協会メッセージ :国際カエル年活動宣言(PDF)
amphibiab ark のサイト  :2008-year of the frog

カエルに関わるエントリー
やせがえる
やせがえる・後日譚というよりも先日譚
コモリガエル

投稿者 玉井一匡 : 11:05 AM | コメント (4)

January 17, 2008

「20km歩き」と「川の地図辞典」

Click to PopuP
 前回のエントリーを書いている途中で、なぜか後半部分が消えてしまった。それを書き直すと、ちょっと長くなりすぎたので別にエントリーすることにします。

 次女が小学生のとき、夏休みの宿題に20キロ歩きというのがあった。どこでもいいから20km歩いて、そのレポートを提出するというものだ。何回かに分けて歩いてもいいのだが、ちょうどいい機会だから、ぼくは娘を誘導して近所を流れる妙正寺川づたいに海まで下ることにした。海まで歩いてみたいとは、前から思っていたことだった。町の中を歩くからお弁当ではなくて途中のホットドッグやかき氷などを約束した。小滝橋で神田川に合流して海までいくとおよそ20㎞になる。端数は寄り道して調整すればいい。

 わが家の夏休みの宿題の常として決行は8月も末になったが、たまたま前日にすこぶる強力な台風がやってきた。しかし当日はうって変わって雲ひとつない快晴のうえ、大雨が地盤を傷めたので総武線、中央線は運休、川底は水がさらってくれたので粗大ゴミが転がっているところなどない。おそらく何年に一度あるいは生涯に一度の美しい川のほとりを歩くことができたのだろう。前日より水量が減ったとはいえ、底のコンクリートを感じさせないくらいの深さはあった。
 恥ずかしながら、このときに歩いて、ぼくは神田川と隅田川の合流点が柳橋であることをはじめて知った。自宅の近くに2軒ほど江戸小紋という小さな表札を出している家があるが、それは妙正寺川が近く、布を晒すのに都合がいいからであることもこのときに知った。落合や早稲田のあたりにも染め物にかかわる家がいくつかあったから気づいたことだった。
 柳橋で隅田川沿いに右折して海にゆくはずだったが変更して左折、両国で橋を渡ってほぼ無人の江戸東京博物館をめぐり、浅草に行くと思いがけずその日はサンバカーニバルだったので気前のいい肌の露出にあずかった。稲荷町まで行ってもういちど雷門に戻り20kmを達成して天丼でゴールとなった。

 「川の地図辞典」を開いて、この川下りのあとを辿ってみると、p269-268から→ p87-86→ p101-100→ p23-22→ p39-38→ p123-122の雷門まで、この本の12ページ分にわたるのを確認して、ちょっとした満足を得る。

 このとき僕は川を知りたいと思うよりも、川をひとつの切り口に東京というまちを縦断することによって身体的に実感したいと思っていたのだが、川とまわりの地形は記憶に深く刻みこまれたらしい。その後、事務所を飯田橋に近い神楽坂に移したとき、自転車通勤のルートは自然に川沿いのみちをとることにした。それなら、きっと往きは下り一方にちがいないと思ったからだ。
しかし、走っているうちに川べりの道は歩行者優先や建物が際まであったりすることがわかった。さりとて表通りはクルマが多くて気持ちよく走れない。川からすこし離れて並走する道に落ち着いた。これは、落合から目白を経て江戸川橋につながる高台の足下を蛇行している。だから片側にはいつも高台が控え、そこへ登る坂道と交差する。

 地形が明確であるところ、構成が把握しやすいまちにいるのは、とて気持ちよいものだ。そして、まちには重層する時間や生活が感じられるほど味がある。この本は、地形や町の構成を把握するのに、そして時間を遡るのにも有能な相談相手になる。つまり、まちを気持ちよく面白くするためのいい道具なのだ。
もしも、この20km歩きの時に「川の地図辞典」を持っていたら、ぼくはどうしていただろうと考える。他の川との合流地点や神田上水にも寄り道をしたかもしれない。そして、隅田川に着いてからは、枝分かれする堀を探しただろう。それにあのころは池波正太郎もまだ読んでいない。もう一度、こんどは上流をすこし省略して、椿山荘の足下の水神社あたりから、花見を兼ねたころにでも歩いてみるか。

投稿者 玉井一匡 : 03:27 AM | コメント (18)

January 09, 2008

川の地図辞典 江戸・東京/23区編

KawanoChizujiten.jpg川の地図辞典 江戸・東京/23区編/菅原健二著/之潮(collegio)刊/3,800円+消費税

 現在の東京23区の白地図に川の位置を描きこんだものと、同じ場所の明治初期の地図をとなり合わせのページにならべた地図帳(アニメーションのように素早くページを繰れば残像を利用して比較しやすい)。それに、川ごとの説明が分かりやすく書かれている川の辞典という構成。だから「川の地図辞典」である。現代の地図は、国土地理院の二万五千分の一に、暗渠になったものも含めて川を分かりやすく書き加え、明治の地図は明治10年代の陸軍測量局によるものを使っている。

 ものごとを知るには、まったく逆の二つの方向がある。ひとつは、自分自身が直接に接する具体的な事柄から疑問をいだき、そこから普遍的な原理に至る方法。もうひとつは、まず普遍的な原理を知り、それを物差しにして具体的なものごとを理解してゆく方法だ。
この分け方で言えば、一見したところこの本は二つ目の方法をとっている。ただし、読者はひとつ目の方法をすでに身につけていることを前提にしているから、じつは二つの方法で攻めようというのだ。さらに、Google Earthの併用も考えているのかもしれない。この一冊で、川という要素を主要なツールとして東京23区の地形全体を表現しているのだ。原理を提供し、読者それぞれが具体的な接点を発見し書き加え肉付けしてゆく。
 ぼくは、小世界をポケットにいれるような、こういう本が大好きだ。たとえば日本野鳥図鑑であれば、鳥によって日本の全体を表現する、日本という世界のミニチュアを一冊の本にしてポケットにいれて運ぶことができるわけだ。広辞苑は持ちあるくのにはちょっと重いけれど、ことばという網で掬い上げた日本のミニチュア。つまり、「川の地図事典」は川という網で掬いとった東京都23区のミニチュアなのだ。

この本が、kai-wai散策の1月3日のエントリーで紹介されると、つぎつぎとコメントが増えていき、1月12日,15:46 現在で100を超えた。エントリーの前日、1月2日のkai-wai散策のエントリーへのコメントで、わきたさんがこの本のことを紹介されたことがそもそものはじまりだった。 
発行元・之潮(コレジオ)の代表の芳賀さんは、「川好きotoko」という名でコメントに加わり、つづいて「川好きonna」さんも登場して、ブログと本の世界がつながるべくしてつながった。それをつなげたのは、川とまちを歩くという現実世界での行動であることがとてもすてきなことだ。

追記
下記のブログで「川の地図辞典」についての「同時多発エントリー」をくわだてましたので、まだでしたらお読みください。
■masaさん:kai-wai散策:「川の地図辞典
■わきたけんいちさん :Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」:「『川の地図辞典』(菅原健二/著)
■M.Niijimaさん :Across the Street Sounds:「川の地図辞典
■じんた堂さん:東京クリップ:「フィールドワーク:尾根を行く川
■光代さん:My Favorite Things:「川の地図辞典」
■AKiさん:aki's STOCKTAKING:川の地図辞典
■IGAさん:MADCONNECTION:川の地図辞典-1

投稿者 玉井一匡 : 10:32 AM | コメント (10)

January 07, 2008

「美の猟犬」と安宅英一の眼

BinoRyouken.jpg「美の猟犬―安宅コレクション余聞」/伊藤郁太郎著/日本経済新聞社/2940円

 MacBookを引き取りにアップルストアに行く前、閉館3分ほど前に三井記念美術館のミュージアムショップに駆け込んだ。
「安宅英一コレクション」の図録がほしいというと、「いまはもう福岡市美術館に行ってしまったので振込で買って下さい」と言う。
電話をかければよかったと悔やんだ。
 年末に展示を見たときには、あたり前だが実物を見た後では図録の写真とのあいだに違いがありすぎてちっとも惹かれなかったのに、この本を読んだらやはり図録がほしくなってしまった。
 焼き物に詳しいわけでもないのに、12月に安宅コレクション展を見に行ったのは、かつて豊臣秀次がもっていた国宝の油滴天目茶碗が展示されるときいたので、それを見たくなったからだが、他にもうひとつ。自宅の近くにある三井文庫の所蔵品とそれを展示する機能が、一年半ほど前にこの美術館に移されてしまったからだ。三井家の屋敷などありそうもない小さな私鉄駅の近くにひっそりとある三井文庫は、充実した内容の割にあまり多くの人が来ることもなくこぢんまりとしていい雰囲気だったのに美術館が三井本館に移されてしまうと、身近にいたひとが別世界にいってしまったようにさみしくなった。今頃になって、それがどんなところに行ったのかも知りたくなった。

 重要文化財に指定されている三井本館の会議室をほぼそのままに展示室にした堂々たる空間に包まれると、昔の財閥の金の使い方も捨てたものではないと思ってしまう。人も少なくて落ち着いている。目当ての国宝・油滴天目茶碗は思いのほか小ぶりで切れのいい姿も、紋様も美しい。
けれどもそれだけに、世界が完結してしまって広がりがないように感じられた。
もしも「このなかでどれかひとつあげるよ」なんて言われたとしても、ぼくだったらあっちのほうがいいな、などとあつかましいことを思って笑いをかみ殺す。(青磁陽刻 牡丹蓮花文 鶴首瓶/大阪市立東洋陶磁美術館蔵)
 クスリと笑ったのは一度だけではなかった。展示品を護るガラスのところどころに、それを入手したときのエピソードが書かれていて、それが安宅英一と陶磁器とのありようを生き生きと伝え想像力をかきたて、その執着ぶりへの共感と羨望が笑いに導くのだ。
 図録にその文章が書かれているのだろうと思い、帰りにミュージアムショップで開いて見たが、それはない。しかも実物を見た直後では図録の写真がちっとも魅力的に思えず、このときは図録を買わなかった。

 後日、図書館のサイトで「安宅コレクション」をキーワードに検索するとこの「美の猟犬」が出てきた。新刊書で予約はまだだれもいないのですぐに借りることができた。著者は、大学を卒業して安宅産業に就職し、以来、会長の安宅英一の意を受けて美術品の買い付けなどを担当して、篤い信頼を受けていた伊藤郁太郎氏。だから「美の猟犬」とは著者自身のことで、むろんハンターは安宅英一だ。
 安宅産業が倒産したあと、安宅コレクションをそっくり住友商事が引き受け、それを寄贈されてつくられた大阪市立東洋陶磁美術館の館長に伊藤氏がついた。安宅コレクション展の展示物はことごとく東洋陶磁美術館の所蔵品だし、ガラスケースに書かれていた文章は本書からの引用だったのだ。
 その大阪市立東洋陶磁美術館のサイトは、主な所蔵品についてとても丁寧に説明されている。「館蔵品紹介」には「館蔵品カタログ」と「QuickTime VR」のページがあって、前者には写真と解説、後者には油滴天目茶碗など数点をQuickTime VRによって回転させることができるので、器のすべての方向からの姿が見られるのが楽しい。

 Wikipediaの安宅産業の項には、安宅英一は美術品の蒐集などにふけり会社を傾けたと言わんばかりの記述がある。それは、ひとつの真実なのかもしれない。しかし、安宅産業が倒産したあと安宅コレクションを住友グループが一括して引き受けることになったときに残念がる著者に、「誰がもっていても同じことではないですか」と安宅は言ったという。それ以前からも、蒐集したものを日常の自分の身の回りに飾るということにはいっさい興味を示さなかったと、この本に書かれている。
 美術品を手に入れるとき、いや、コレクションに加えるときに示した執着ぶりを、このような態度やことばと共存させた人物を、ぼくは尊いと思う。

■2007年10月から2008年3月まで、東洋陶磁美術館は工事のために休館
 そのおかげで、この巡回展示が可能になったわけですね。

追記:関連エントリー
■kawaさん:Thngs that I used to do. 河:青磁の美 出光美術館

投稿者 玉井一匡 : 11:33 PM | コメント (11)

January 01, 2008

2008 新年おめでとうございます

Click to PopuP

新年おめでとうございます。
ことしもよろしくおねがいします。

昨年は「我が家のお雑煮」を企画したので興味深いことでしたが、おかげで正月からblogでいそがしくもなりました。ことしはMacBookが入院中で正月は少しのんびりしようと思いますが、今年はもうすこし更新の頻度を増やそうと思います。
 還暦を過ぎて2年、一期一会ならぬ一干支一会を実感。これがさいごの子年のつもりで思いをあらたにしようと思います。ふたまわり前の子年はちょうどディズニーランドのオープンのときで、ミッキーマウス型の道路標識に×印つきのチェシー猫を貼り付けて「NO CATS」標識としたのをシルクスクリーンでプリントしました。
それを思えば、いろいろなことができるようになったものです。ことしもミッキーマウスに登場してもらいました。1週間前にギンレイホールで「レミーのおいしいレストラン」を見たので、2008年にはpixarのレミーとディズニーのミッキーの共演。

撮影のロケ地にGoogle Earthの富士山を選びました。Google Earthで真北(子の方角)に富士山を見る画面に、ミッキーの太陽とレミーのシルエットを置く。「レミーのおいしいレストラン」の原題はRATATOUILLE(ラタトゥーユ)だからミッキーをトマト色の太陽にしたからレミーはズッキーニ色にするといいのだけれど、どうも目立ちすぎてしまうので富士山の裾野を探してオリーブ色をスポイトで持ってきました。
 

投稿者 玉井一匡 : 12:05 AM | コメント (16)