June 23, 2008

ゲリラガーデニング:Guerrilla Gardening

GuerrillaGardening5S.jpgClick to PopuP
 イギリスにGuerrilla Gardeningという活動をしているやつらがいると聞いた。
近頃ではゲリラという言葉が使われることさえめっきり少なくなったので、ぼくは言葉だけで深い好感と共感をいだいてしまった。昨今、マスコミが反政府ゲリラと呼ぶことも記憶にない。たいていは武装勢力といい、テロリストと呼び、それだけで暴力的で反社会的・犯罪的な存在であるように感じさせようとしている。かつて、ゲバラやカストロやホーチミンのように、ヒーローに使われたことばが犯罪者のためのものに置きかえられるようなった。
 それは、かつてのヒトラーとはちがって権力者の力の行使が巧妙になったからでもあり、直接にはかかわりのない市民を巻き添えにすることに、ゲリラが潔癖でなくなったからでもある。おそらくはマスコミが現在の権力者の流す情報を鵜呑みにするようになった怠慢のせいでもあるんだろう。
では、このゲリラガーデニングとははどういう行為なのか。

GuerrillaGardeningS.jpgClickToJumpToThisSite
 Googleで「Gardening Guerrilla」を検索してみると Guerrilla Gardening.ORGというサイトがある。
イギリスで活動している、すこぶる平和的なゲリラなのだ。放置されている公共用地を、夜陰に乗じて勝手に草を取ったり植栽したりしてしまうという。このサイトには、さまざまな活動(彼らはMissionと呼んでいるようだ)が報告されている。文章に加えて「BEFORE」と「AFTER」の写真もある。もちろん、このサイトからコミュニティへ(Community)への登録申し込み(Enlist)もできる。

 冒頭の「Welcome」は、こんなふうに書かれている。・・・なんといってもゲリラだ。戦闘的な文章にしておいた。
「このブログは、ロンドン周辺でわれらが企てた非合法の造園行為を記録すべく始めたものだ。
だが、それが見る間に拡がり深まりを見せるようになった現在、このサイトは公共空間をないがしろにする怠慢に戦いを挑むための武器庫(arsenal)と化した。のみならず、いまや世界中のゲリラガーデナーの集結する場となった。
 諸君!  同志として誓いをたてこの広場に集い、園芸戦の第一線から届けられる熱い報らせを分かち合おうではないか。」
・・・アーセナルはサッカーのクラブチーム・アーセナルFCが本拠地としているロンドン北部の地名であることは知っていたが、それが「武器庫」を意味することをぼくは知らなかった。
アーセナルのサッカーが攻撃的な人材が豊富なわけだ。

 たとえば、現在のところ一番はじめに書かれているMissionの例を見ると、冒頭に二つのデータがかかれている。行動の形式と場所、決行の年月日だ。
Maintanance Mission : Albert Embankment
Guerrilla Gardening:saturday31May 08
ここでは、ひとつひとつの行動をMissionと呼んでいる。テムズ川をはさんで国会議事堂の向かいの道路にある植え込みが雑草に覆われていて、いずれは植え込みそのものがつぶされてしまうのは必定というありさまだった。時は昼間とあって、役所の工事担当者に見えるようグリーンのつなぎを身につけて草刈りをしたら、すぐに見つけられてしまった。が、さいわいなことに彼女は彼らのシンパだったので、むしろトウモロコシとひまわりの種を寄付してくれることになった。・・・なんてことが書いてある。

 日本でも植え込みの管理をすべき自治体がろくに手入れをしないところがある。そんなことなら、その前に住む住民に依頼して植物の手入れをしてもらうことにすればいいものを、見るにみかねてその前にある店が自分で植栽をしていると、ある日、やってきたひとびとが違法行為であるとして植栽を撤去してしまったと聞いたことがある。ゲリラは、そうですかといって撤去されたら、また植えてしまえばいいのだ。植物はいつのまにか伸びるものだ。
 道路のアスファルトの割れ目、排水溝のコンクリートとアスファルトの隙間に花をつける三時花(サンジカ)なども、植物自身が行うゲリラ戦の一形態だとぼくは思う。
ゲリラ活動をまじめに考えれば、植えた植物のその後の手入れはどうするのだ、やたらにはびこるような植物はまずいだろう、なんてことも心配しなければならないところはあるが、こいつは面白い活動だ。国・都道府県・市町村の公共事業は必要か否かに関わりなく、むしろ金を使うこと自体を、隠れたしかし第一の動機としているものが少なくないのは周知の事実だ。それがおよぼすマイナスの効果に戦いを挑み、あちらこちらでまちを気持ちよいものにするためのさまざまな戦い方が、ガーデニングにかぎらず、たくさんあるのではないかと考えさせてくれる。

■参考のために
GuerrillaGardeningBook.jpg「ON GUERRILLA GARDENING」という本がある。Guerrilla Gardening.ORGに紹介されているのをぼくはまだ見てもいないが、副題に「境界なきガーデニングのハンドブック」という副題があって内容は容易に想像される。Guerrilla Gardening.ORGでつくったものだ。

・ゲリラ:Wikipediaによれば、ゲリラの語源はスペイン語だと書かれている。フランス語のGguerreからきているのだとぼくは思っていたのだが。
・レジスタンス:じゃあ、Wikipediaでは「レジスタンス」をどう書いているのだろうかと気になった。電気抵抗などから始まって、「レジスタンス運動」についてはすこぶるあっさり3行ほどですませている。じゃあ、フランス語版ならくわしいだろうと思って、「他の言語」から「Francais」を選んでみたが、「Conflit politique et résistance」は2行にしかならない。英語でもそうなのだ。どういうわけなんだろうか。

投稿者 玉井一匡 : 02:27 AM | コメント (21)

June 16, 2008

ルバーブ:rhubarb

 Click to PopuP

 信濃追分にしごとで行った帰りに、軽井沢のスーパーマーケットで生のルバーブを見つけた。葉っぱを取って茎だけになったやつがズイキのように7,8本の束になっていたが、店で売っているのを見たのは初めてだった。山と自然をとり続ける写真家森本二太郎さんは、かつて長野県の八千穂にティピーテントをつくって家族5人で住んでいらしたことがある。15年ほど前に、家族でそこに遊びに行ったことがあったが、その庭に沢山栽培されていた。帰りがけにジャムを一瓶いただいたのがそもそもルバーブなるものを知った初めてのことだった。林望の「イギリスはおいしい」にも、ルバーブのことが書かれているが、あまり美味いものだとしては書かれていなかったような気がする。漢方薬で大黄とよばれる緩下剤として使われるのがルバーブなのだそうだ。英語版のwikipediaの記述は、さすがにていねいで写真も豊富だ。
 サラダなどにも使えると、どこかで読んだおぼえがあるので、スーパーにおかれていたやつの端を2センチほど折ってそっと試食してみた。青リンゴのような甘酸っぱい味がする。生でもけっこういけそうだ。迷った末に一束をレジに運んだ。380円なり。

 Click to PopuP
 インターネットでルバーブジャムの作り方を調べた。2〜3cmの長さにブツブツと切って同量の砂糖を加えて10分とちょっと煮れば簡単にできるそうだ。茎の根本の方は赤くて上の方がは緑なので、ふたつに分けると2色のジャムができると書いてあるものがある。なるほど。
 しかし、色が違うだけではちょっと面白くないから、緑色の方には、火を止める寸前にみじん切りにしたやつを入れた。5本、450gほどをつかって砂糖は80%くらいにした。砂糖は足りなければ、あとで足せばいい。レモンを半分しぼった。どろどろの液体にならないように少し早めに火をとめた。たしかに簡単このうえないし、ジャムとしてもうまい。が、砂糖はもっと少なめの方が酸っぱさが残っていいかもしれない。シルバースプーンというイタリア料理の本によれば、砂糖が50%と書かれている。瓶に入れたままで見ると黒っぽい色になってしまうけれど、器に少し入れて2色をならべるとなかなかきれいだ。やはり2色作った方が食欲をそそる。
 Terrence ConranのThe Essential Garden Book にはgiant rhubarbという名の植物写真が載っているが、これでなくともルバーブは葉っぱが大きいので観葉植物としても楽しそうだ。そのうえうまくて、薬にもなるんだから、文句のつけようがない。

■追記1
kadoorie-aveさんがコメントをくださって、5月23日のONE DAYのエントリーでルバーブのジャムのことを書いたと教えてくださった。そちらの方が丁寧かつ写真も多く、いつもながら美味そうなので、作ろうとお思いのかたは、これをClickしてください。:ジャムの季節/ONE DAY
■追記2
盛岡在住のaiさんもコメントを下さって、ご自身で育てたルバーブについてエントリーしていらっしゃると教えてくださった。ルバーブはこんな植物というタイトルだから、畑に生えている様子が写真で見られるのです。
■追記3
念のために、上記の「イギリスはおいしい」の、ルバーブの書かれているところを読み返してみた。その章のタイトルが、なんと「下剤のジャム?」というのだけれど、じつは著者はルバーブをむしろとてもおいしいし、コンポートやパイにしてもおいしいと書いている。それによればジャムは材料と同量の砂糖をつかうとあった。


投稿者 玉井一匡 : 07:56 PM | コメント (16)

June 02, 2008

カフェ杏奴 の LOVE GARDEN カップ

CafeAnneLGcupS.jpgClick to Jump Kai-Wai散策
カフェ杏奴に行った。
「お砂糖入りのチャイですね」
「もちろん」
しばらくしてLOVEGARDENのカップが登場。デジカメが故障したので携帯電話を取り出す。
「時差ボケ東京をならべますか?」
「いや、チャイをこぼすといけないから、これだけ」
「時差ボケ」は、PHOTOSHOPで追加しよう。
案の定、ソーサーにはチャイがこぼれた。たっぷりとカップに注がれているからでもあり、早く飲みたいばかりにいそいでしまうからでもある。
めずらしくカフェ杏奴は満員に近い盛況で、新しいお客さんがくるたびに「少しお待たせしますが、よろしいですか?」と念を押している。牡丹で名高い薬王院施餓鬼が行われたからだそうだ。
Chinchiko-Papaが先客で、いのうえさん、それにカークさんも現れた。もちろん、この3人は施餓鬼とはなんの関係もない。
masaさんのサイン入りの「時差ボケ東京」が話題の中心なのは言うまでもない。カークさんは「こういうのは、今までになかったよね、木村伊兵衛賞じゃないの」なんて言ってしまった。もし、本当にそうなったらすばらしい。
 ぼくたちが本を脇に置くと、隣のテーブルについていたお客さんが「それ、よろしいですか」とおっしゃるので、どうぞどうぞと手渡した。いのうえさんたちが「先生」とよぶこのひとは、国家の定義によれば「後期高齢者」と呼ばれるだろうが深紅のTシャツを身につけて、1/3ほどの年齢の女のひとと一緒だ。

 興味深げに本を開きながら二人の会話が進んでいるので、しばらくしてぼくは説明を加えてあげたくなってテーブルを移動した。
「メガネがないんでよく見えないけれど、止まっているのはこれだな」
と、ページを開いて指でさしておっしゃる。
「われわれは、こういう風にまちをみているんだなあ」
先生は、masaさんが聞いたら涙を流しそうな反応を返された。お年寄りも子供も、女も男も、面白いと思ってみられる写真。コーヒーを飲み忘れてしまいそうだったから、コーヒー冷えますよと余計なお節介までしてしまった。

 ここはかもめ食堂みたいですねとカークさんに言われて、ぼくははじめてそう気づいた。店の外で記念撮影をしたあと、うれしそうに店に入ってきた若いご婦人の二人連れがあった。ママに話している会話が流れてくる。ふたりは姉妹で、妹さんの名前が「杏奴」なのだが、いままで同じ名前の人に会ったことが一度もないのに、インターネットで「カフェ杏奴」という名を見つけた。それがうれしくて、横浜から来たんですという。ぼくも、初めてこの店に来たときのことを思い出した。
 鹿児島の出身だときいたから「カフェ杏奴のイラストを描いた小野寺さんという人の仲間の『かごしま食楽彩菜』というブログが、鹿児島の食べ物のことを書いていらっしゃるのですが、いつもとてもおいしそうなんですよ」と言ってブログ名のメモを書いてあげた。「ONE DAY」「お江戸から芝朝緑豆」を加えたのは言うまでもない。しまった、「レイコさんの食卓から」だった。

最後に、KARAKARA-FACTORYの野澤さんと杏奴ノオトで交信した。今のノオトはmasaさんが寄付したもので、それまではいわゆる大学ノートだったが、かのモールスキンをプレゼントしたのでちょっと緊張を求められるのだろうか、だれもが丁寧に書くようになったようだ。帰りがけ、中井の駅の近くの花屋でブライダルベールひと鉢が500円というお買い得をレジにもっていったら、日曜ですからこれをサービスといって、店の主が淡い黄色のバラを5本くれた。バラの方がずっと高そうだ。といっても、あるじは見目麗しい女主人ではない。むしろむさ苦しい男子だったと言わねばならない。


■カークさん(山田馨さん)の写真展が開かれます
 カークさんは、4月にカフェ杏奴で開かれたioraのライブの写真をいのうえさんに届けるため、この日、杏奴にいらしたのでした。
上にもリンクしてありますが、カークさんのブログを開くと、どんな写真を撮っていらっしゃるか見ることができます。
 ・期 間 :6月30日から7月5日まで(日曜休館)
 ・会 場 :銀座のギャラリー「ツープラス」/ここは、以前にneonさんの個展も開かれたところです。
 ・ウェブサイト:詳しくはこちらをお開きください

■関連エントリー
「ONE DAY」:つながるつながる・ひろがるひろがる「レイコさんの食卓」

投稿者 玉井一匡 : 07:49 AM | コメント (33)