August 29, 2009

選挙2009

Senkyo2009S.jpg 先週の日曜日、友人の選挙事務所に行った。明日はもう投票日だ。
前回の郵政選挙に吹いた逆風のおかげで彼は4年間の浪人生活をしてきたから、今回は勝ってほしい。
ことは彼ひとりではない、これまでつづいた一党支配をこの機会に変えられないようなことがあれば日本の未来は暗い。だが、その2、3日前に電話で話したときに「上空にはいい風が吹いているが、地上にはまた別の風が吹くからなあ」というので、ぼくはちょっと心配になっていた。

 ぼくが着いたときにはもちろん候補者は出かけていて、事務所に残った人たちはそれぞれに電話をかけたりはがきを書いたりの作業にむかっている。
交換した 厨房の換気扇が効いているか気になったのをまずは点検。お勝手連のご婦人ボランティアがまかないを引き受けている。みんなは済ませたから昼食を食べないかとすすめられたので、よろこんでごちそうになった。チゲ、ネギのぬた、新生姜の酢漬け、タクアン、野沢菜などで満腹した。農家の人たちから野菜が差し入れられるのだ。かたわらのペットボトルに「食事の無料提供は禁じられているからご飯をたべたひとはカンパしてください」と書かれている。

  使わなくなった立て看板を並べて頭をつなぎ壁をつくってある。それで作業コーナー・打合室・応接コーナー・電話コーナーなどに分けた。立て看板には候補者の大きな笑顔、にぎやかなインテリアだ。その中央折りたたみ机を並べたところで、しばらくぼくははがきの宛名書きをしていた。やがて、候補者たちの一団がもどってきた。
 ひとやすみすると、夕方にもういちど回ってくるから一緒に行こうというので、宛名書きを中断してワンボックスに乗り込んだ。

 候補者が私鉄の駅前広場にマイクを持って立ち、乗降客に呼びかける。
幟をもつひとマニフェストを配る人、ぼくはマニフェストをかかえて、あたりを通りかかる人たちに手渡す。
「マニフェストです。読んでみてください」
いつまでも素人くさい選挙活動だが、それがいいのだと思いながら行き交う人たちに渡そうとすると、目を合わせないようにいそいで通り過ぎる人もいれば、もう一部くださいといって激励する人もいる。

 別の乗りかえ駅には昼過ぎに対立政党の党首が演説をして人をあつめたという、そこも回ってこようという意見で二つめの駅前広場にまわる。そこにはすでに別の党の候補が来ていた。
話し合いの結果、30分後に交代するということになったので、そのあいだにぼくたちのチームは軽のワンボックスをつらねて近くの住宅地の道路に入りこんでいった。
 そのわずか30分に、近寄って握手をして激励したり、手を振ったり、マニュフェストを求めたりしてくれることが10回ほどもあった。はじめは、知り合いなのかと思ったがそうではないらしい。宗教団体の動員でもなければ、ぼくはそんな光景を見たことがない。
 「地上では別の風が吹くからなあ」と、彼がいったのは杞憂だったのかもしれないと、ぼくは思いはじめた。

 駅前に戻ると、前の候補者が引き上げようとしていた。
ここでもぼくは、ロータリーをはさんで候補者から一番遠いところでマニフェスト配りをする。駅前を通り過ぎるひとたちに渡したいと思ったからだ。
ひとり、自転車にまたがって話をきいている坊主頭の若者がいた。腕に大きないれずみをしている。
「マニュフェストです。ぜひ読んでください」 彼は受け取りながら代わりに質問を返した。
「共産党と民主党はどう違うんですが?」・・・意表をつかれた。

 仕事がなくなってしまったので知り合いの人に相談したら、共産党に相談するといいと言われて行ってみた。役所に行って生活保護をもらおうとしたら、あちらこちらとたらい回しにされる。
あちこち行くには金がいるが、食べるものは食べなきゃならないから、それで金は減ってしまう。ここに「NPO」という看板があるのを見たので、何かしてくれるかもしれないと思って来たところだという。
「NPOって何ですか?」と、すぐ前のビルの1階に入っているテナントを指さした。

 「NPOというのは会社の一種で、社員に給料は払うけれど会社として儲けることでなく、ひとの役に立つことを目的とする。ここのNPOは、まちでイベントなんかをやるんじゃないかな。だから、そういう相談をしにいくには、ちょっと違うかもしれない。」
 とはいえ彼の疑問は、どこか大事なところを衝いていると感じたので、ぼくは共産党と民主党のちがいについても四苦八苦しながら説明した。

 小選挙区制のなかにあって、この選挙は実質的に民主党と自民党の二者択一となっている。民主党の勝利の気配がたちこめる現在、民主党と共産党はゆるやかな連携をとろうとしているようだ。だとすれば、対立する二極であるよりも補完的な二軸になろうとしているだろう。
自身の中にもさまざまな違いをかかえた連合体にとっては、選挙の勝利を手に入れたあとには、「反自民」という共通項の輝きがうすれるかもしれない。
 そのとき、他者のよろこびが同時に自分のよろこびになるような仕組みをもつ社会をめざせば、これまで続いた政権との違いがおのずとあきらかになるだろう。

マニフェスト/wikipedia
民主党マニフェスト

投稿者 玉井一匡 : 11:59 PM | コメント (8)

August 19, 2009

MUTO:落書が動く

MUTO.jpgclick to see animation on YouTube.

妹の息子マックスが、「これ、すごく面白いよ」とYouTubeを開いて見せた。すでに500万ものアクセスがある。
レンガ塀に描かれた絵がアニメーションとなって動き出す。タイトルは「MUTO」、作者は「BLU」というのだが、個人なのか集団なのかわからない。
どういうやつがつくったのだろうかとGoogleを「BLU」で検索してみると、じつに162,000,000件もあるうちの2番目に「BLU」のウェブサイトがある。ノートの写真をクリックしてVIDEOのタグを選び「MUTO」をクリックすれば「MUTO」のページが開く。

そこにも作者について書かれているものをみつけることができなかったが、アニメーションについては、少しわかってくる。ブエノスアイレスとBADENでつくったというのだが、BADENがどこにあるのか、Googleマップでさがしてもわからない。

「AN AMBIGUOUS ANIMATION PAINTED ON PUBLIC WALLS」というのは、まちの壁に描いた絵が動き出す不思議なアニメーションといったところだろうか。AMBIGUOUSは、辞書には「多義的な」とか「両義的な」と書かれているのだが、はじめに見たときにぼくは、AMPHIBIOUS(水陸両用の)と読み間違えたのだが、壁にも天井もうごきまわる男は、ある意味では両生類(amphibian)だなと思ったからだった。

「 MUTO IS RELEASED UNDER COMMON CREATIVE LICENCE」は、 CREATIVE COMMONの間違いだろう。「利益を目的としてつくられたものではないから、商業的な目的(テレビチャンネルや商業目的のウェブサイトなど)でなければ、複製、転載は自由」と続けられている。ベルリンの壁がそうであったように、「壁」というのは向こう側とこちら側をへだてるのもである。それを自由に動き回ることによって、「隔てるもの」を、自在に移動するフィールドに変えてしまう。箱の中から人体が湧きだし、身体から身体が脱皮する。どこの面も、2次元と三次元の間も自在に動き回る。
だからやはり両生類じゃないかなと、ぼくは思ってしまうのだ。

「Creative Commons」/Wikipedia(英語版)
「クリエイティブ・コモンズ」/Wikipedia(日本語版)
「Amphibian」/Wikipedia(英語版)
バーデンWikipedia(日本語版)

投稿者 玉井一匡 : 01:23 AM | コメント (7)

August 06, 2009

パンダの赤ちゃんが生まれた。

panda_newborn.jpgClick to see Panda born.
もしかしたら、今日はオバマが予告なく広島を訪れたことについてエントリーができるかと、かすかな希望をもっていたのだが、実現しなかった。たとえば、なんで真珠湾攻撃をしかけた日本に謝罪しなきゃならないんだという強い主張も国内にあるだろう。しかし、もうすぐ日本の政府も交替すれば、国家としての日本もおくればせながらもう一歩前進して、オバマの来日をみちびくように期待しよう。

 代わりに、北朝鮮に捕まっていた女性記者をクリントンが連れ帰った。そしてもうひとつ、8月5日にサンディエゴ動物園でパンダの赤ちゃんが生まれた。名前はまだないのは無論だが、体重も性別もわからない。母親が、手放さないのだ。上の写真をクリックすると、動物園のサイトに飛んで、誕生の瞬間をムービーで見られます。

以前にも、ここで生まれたパンダのことをエントリーしたことがあったけれど、あれはいつだったのだろうと探してみたら2007年8月3日だった。ほとんど同じ頃に生まれているのだ。前回と同じように今回も、24時間放送のPandaCamで、パンダのハラハラ育児をリアルタイムの映像で見ることができるのです。前よりも、コマ数が多くなって、動きがスムーズに見えるように思います。

 二年前と同じく、母親はBai Yun "White Coud"とあるから漢字で「白雲」と書いてバイユンと読むのだろう。1991年9月7日生まれ201〜214ポンド
父親はGao Gao "Big Big"というのは、漢字でどう書くのかわからない。推定1992年生まれ162〜174ポンド。

*関連エントリー
パンダの赤ちゃん・8月3日誕生・サンディエゴ動物園/MyPlace
Panda Cam/MyPlace

投稿者 玉井一匡 : 08:28 PM | コメント (4)