May 30, 2010

「想像の共同体」とiPad

SozoKyodotai.jpg「想像の共同体 」/ベネディクト・アンダーソン 著/ 白石隆 白石さや訳/

 ぼくは自分ではまだiPodを買っていないし、TVや印刷メディアで取り上げたものもあまり見ても読んでもいない。日本での発売前に、打ち合わせでお会いした人のものを触わったことがあるだけだ。秋山さん五十嵐さんのiPodについてのさまざまなエントリーを読みながら、世間のメディアがiPadを本を読む道具としてばかり取り上げているのは、彼らはiPadがこわくて仕方ないからなんだろうと思いながら、ちょうどいま読んでいる途中の「想像の共同体」のことを思い浮かべ日本語について思った。

「想像の共同体」は、以前にエントリーした「日本語が亡びるとき」の議論で主要な拠り所としている本だ。そのときに、ざっと目を通したり拾い読みしたりしたままだったのだが、いまごろになって読みたくなった。
 「想像の共同体」の軸をなす論理は、国民国家という形式が作られてゆくにあたって「出版語」というものの存在がきわめて重要であったということだ。ここでは共同体とは国家のことを意味している。かつてはアジアであれヨーロッパであれ、地方によってさまざまな言語が使われていたが、印刷という技術と出版という事業が広まることで共通言語が確立してゆき、それによって国民国家という概念が作られていったのだとしている。反グローバリズムとしてのナショナリズム評価に取り上げられているようだ。
 そうした立場から見ると、iPadは出版というビジネスの形式にとっては脅威にもなり変える力にもなるだろうが、同時に日本語が滅びようとする流れを変えるかもしれないとぼくは思いはじめた。

 「日本語が亡びるとき」の論旨を荒っぽく縮めてしまうと、こうだ。
もともと英語は現在の世界語となっているが、インターネットによってますます力を増すとともに、放置すれば日本語は滅びてゆくというのだ。いや放置ではなく、学校教育で国語の時間を減らして英語を増やして日本語の滅亡に国家が手を貸している。しかし、自分で英語を学ぶ機会や方法などいくらでもあるのだから、むしろ母国語をきちんと教育するべきだ。文学は母国語でなければ書けない。書かれなければ読まれない・・と。「日本語が亡びるとき」では、もう少し丁寧にせつめいしてあります。

 空間がかぎりなく拡がること、つまり最新の世界中の情報と過去の情報が、画像や映像や音楽もふくめて拡がることをぼくたちはすでにパーソナルコンピューターで知っている。そこに「本」が置かれることになるのだ。
 iPadでは、日本の古典文学がインターネットの情報と同じポジションに置かれる。しかも青空文庫を開けば、漱石などの大部分とかなり多くの古典さえすぐさま読むことができる。むしろ、蓄積された自国の文学や思想といまの文学、いまの外国の本や新聞を同じ大きな机の上に拡げるようにして読むことができるということだ。
もし、Googleが考えているように、世界中の図書館の本をスキャンして読むことができるようになったときには、情報は空間ばかりでなく時間も広がる。さらに、各国の言語でそれがなされるようになれば、むしろグローバリズムが世界を均質化するという問題に立ち向かうための重要な武器になるのかもしれない。


投稿者 玉井一匡 : 07:25 AM | コメント (3)

May 17, 2010

MacBookの入院・iPhoneの災難

MacBook-iPhoneS.jpgClick to PopuP
 ずいぶん長いあいだエントリーできなかったが、またしてもぼくのApple家族に試練が訪れたからなのです。4月の半ばをすぎたころにMacBookが入院、そのあいだにiPhoneが水没した。
5月12日にMacBookの修理が終わったと携帯を鳴らしたので、閉店間際の秋葉原ヨドバシに飛び込んだ。ぼくの身体と、その一部をなす脳がふかくMacと結びついているらしいことを思い知らされた。MacBookの不在中、iMacは元気でいるというのに、なかなかエントリーしようという気になれないのだ。

 昨年秋にメーカー保証の1年+アップルケアの2年=合計3年の月日が終わってしまい、2年間残されていたヨドバシカメラの販売店補償「ゴールドポイントワランティ」で修理をした。これが無償で修理のできる最後だった。その顛末については以前に「MacBookの帰還:8回目の入院から」としてエントリーしたのだが、このひと月ほど前からときどきMacBookが立ち上がらなくなった。黒い画面になって、数秒間起動ボタンを押し続けて再起動させるべしという旨のメッセージが現れるのだ。徐々にその頻度が増して、ついには何度やっても開かない状態になった。

 最後の修理報告書を引っ張り出してみると、この修理と同じ箇所が故障した場合は「90日以内」は無償で修理すると書かれている。日付をみれば、まだ10日ほど残っているではないか。店に持って行くと、まず点検して有償修理になるようなら電話をくれるという。有償なら、かなりの費用がかかるにちがいない。iPadが買えるほどの費用はかかるだろうなあ。その場合は・・・・などと、心配のような楽しみのような気分だった。
 しかし、考えるにも図面を描くのにも、そして文章を書くのにも頭の回転が思うに任せない。MacとりわけMacBookがぼくの身体と脳と一体化していて、いかに人間の身体と脳の行動範囲を広げてくれているのかが骨身にしみた。アップルストアに修理に持って行くと、たいていは「4~5日かかります」と言うのだが実際には2~3日で修理が終わたと電話が来るのだが、販売店の修理になったらひと月以上かかったので、かえってAppleCareの意味を実感した。

マザーボードの交換だから、前回と同じだったので無償であった。
だが、ハードディスクは初期化されていた。
だから、いまはまだ回復途上にある。

その、MacBook入院中に、ぼくがiPhoneを事故に遭わせた。

洗い物をしているときにiPhoneに電話がかかったので、左肩と顎のあいだにiPhoneを挟んで話しているうちに滑って水没した。
あわてて取り出したら画面は変わりなく表示される。アプリケーションを開くとちゃんと動くじゃないか。
電話をかけてみた。・・・かけられる。安心した。
しかし、相手の音が聞こえない!!
iPodはどうだろう・・・やはり音が出ない。溺れそうなぼくはワラをさがした。イヤフォンだ。・・・イヤフォンをつなぐ。・・・・・ちゃんと聞こえるではないか。電話もイヤフォンがあればつかえるのだから当分はこれでいい、さいわい着信音はスピーカーから出てくる。
ドライヤーの風をあてて乾燥させようとしたが、回復しない。せめてひと晩、風通しのいい軒下においた。
そして、翌日。性懲りもなくまたPodを鳴らしてみる。・・・・・きこえる。きこえるのだ。ごめんなさい、これからは気をつけますと、心から約束した。

そして先週の日曜日の帰りがけ、ぼくは自転車をとめて娘に電話をかけた。
おわってウェストポーチに戻そうとしたときに手が滑ってアスファルトに角をぶつけた。しかし、イヤフォンをつけていたからバンジージャンプ状態を経て、ジャックが抜けたから、落下距離はたいしたことはないではないか。
ディスプレイには、電源を切る表示が出ている。・・・電源を切った。
もういちど電源を入れると、画面は真っ白に煌々と輝くばかり。ああ、文字も画像も出ない。四角い懐中電灯のように白い光を放つばかりだ。
うちに帰り着いてACアダプターにつなげたが、何時間かかっても変わらない。
もうひとつのワラ、「困ったときの再起動」にさいごの期待をかけた。電池で動くやつはコンセントを抜けば止まるということができない。ぼくは、iPhoneがはやく電池を消費するようにACアダプターをはずして、ひと晩放置することにした。

そして翌日 ACアダプターをつなげて充電およそ1時間
起動させると・・・・・・・iPhoneの初期画面が現れた。

ぼくはいま、刑期を終えた囚人のように、深い反省の日々にある。
5月13日、友人の愛してやまなかったゴールデンラブラドールのショコラが死んで、生前に仲のよかったひとに写真つきのメールを送ってくれた。ぼくは、それをデスクトップパターンに取り込んだから、水の好きなゴールデンリトリバーである彼女が守護天使になってくれるよう、一緒に写真に納めた。
いや、あのときすでに彼女が護ってくれたのかもしれない。

■追記
MacBookのかげから顔を出しているのは、木製のグリーンイグアナです。かつて事務所で飼っていたグリーンイグアナのアンヘルにも守護天使になってもらおうとしました。
*関連エントリー グリーンイグアナのアンヘル:パッシブソーラーな生き方/MyPlace

投稿者 玉井一匡 : 01:11 AM | コメント (8)

May 03, 2010

VevtorworksではじめるCAD

VectorworksCAD-S.jpgVectorworksではじめるCAD 2010/2009/2008対応 /五十嵐 進 著/ソーテック社/3,800円
 宅配便で本が届けられた。さっそく開いてみると長年愛用しているVevtorworksのマニュアル本の新バージョン「VevtorworksではじめるCAD」だった。いうまでもなく著者は五十嵐進さんだ。すでに、この本のことは五十嵐さん自身によるMADCONNECTIONのエントリーを読んで知っていた。
 その後、愛用のMacBookがふたたび変調をきたして連休中に入院することになった。おかげで外に出るときも自宅にいるときも隣にいたMacがいない。iPhoneでは物足りない。喪失感とはこういうことかと絶えず感じる羽目になった。
 言いかえれば、それほどにMacが肉体化しているわけで、それはぼくの身体(手と脳)の能力を延長したものとして感じられるように、Macができているからなのだ。Vectorworksは、もともとMac用につくられたアプリケーションだったから、Macそのものと同じように、いまではぼくの身体の一部となってしまった。
 しかし、初心者だった頃には、分からないことがあると五十嵐さんに電話をかけて質問して迷惑をかけたが、そのうち、Vectorworksについて質問の電話をかけることがなくなった。ひとつには、ぼくの上達したせいでもあるが、もうひとつには、彼の書いたマニュアル本ができたので、それに相談すればすむようになったからだ。もしかすると、うるさい電話から解放されようという思いがこの本を書かせる力になったのかもしれない。

 このCADの入門書に目を通しているうちに、かつて、手描きからCADに移るのを躊躇していたことを思い出した。図面として建築を表現するのは、ほかの人に計画を伝えるためである前に頭の中で思い描いている建築を図形にして空間を客観的にみるためでもある。自分の頭の中にあることを言語にすることによって思考を客観的に対象化できるのとおなじことだ。
 しかし、機械を間に介したCADでは、それが思うようにできないだろうと思っていた。ワープロ専用機を使い始めた頃には、キーを打ち込んで文章をつくることと考えることがつながるまでには2年くらいかかった。ところが、MiniCAD(Vectorworksの前身)を使い始めたときには、すぐに、考えることと画面に現れるものがつながるようになった。マウスによって、おおよその位置や大きさを画面に描くことができるし、機能の選択もキーボードでなくマウスで選ぶことができたからだ。それに、平面図の壁に高さを与えてやれば、すぐ3次元に姿を変えた。
 さらに、スケール感が長年身体に染みこんでいるのに、1/50の図面1/20の図面がディスプレイの中ではさまざまな大きさに変えられるということに、感覚的に対応できるだろうかと疑問に思っていたが、それにも何の抵抗もなく適応した。よく言えば、人間の感覚というのはとても幅の広い適応能力をもっているらしい。わるく言えば、身体にしみついたスケール感なんていいかげんなものだったんだといわれるかもしれない。
 こういうことをしたいのだがと思ってメニューバーをあちこち探してみると、それらしき機能が必ずどこかに見つかった。ぼくはますますMacとMiniCADが好きになった。

 とはいえ、どんな建築をつくるかを他の人に伝える図面には厳密な寸法で描くことが欠かせない。それはCADには必須の機能であって、それにはどうしたって数字(digit)や文字をキーボードで打ち込まなければならない。マウスをつかう感覚的な入力だけではすまないのだ。
そうなると、マニュアルやマニュアル本が必要になってこの本の登場するというわけだ。

投稿者 玉井一匡 : 02:59 PM | コメント (2)