September 21, 2011

9月19日・さよなら原発+高村薫インタビュー

GenpatsuIranai0919S.jpgClick to PopuP
 19日午前中に「香港“女子的&路地的”裏グルメイラスト展」に行って小野寺光子さん、初対面のこももさんに香港の話をうかがって、「女子的」と「路地的」のイラストの画風がちょっと変わったことなど質問をしたりしたあと、昼過ぎからは明治公園の「9.19さよなら原発」集会+デモに参加した。
明治公園にデモのために集合するのは何十年ぶりのことだ。公園がいっぱいで入りきれない人がたくさん出るほどだが、6万人あつまったと壇上から報告された。実感としてもそれくらいだったろう。集会からデモにうつろうと立ち上がったときに全体を見回したら、われわれと同じような年頃の人たちが多い。
 先ほど壇上からメッセージをつたえた呼びかけ人たち、鎌田慧、大江健三郎、澤地久枝、内橋克人、中では落合恵子が若い方で、ぼくより1,2才上だから、山本太郎をのぞく全員がぼくより年長だった。若い人たちは、別のところに集まってデモをしたのだろう。「kai-wai散策」のエントリーには、別のデモの様子がある。
 ぼくは、ここに来るまで考えていたことを改めた方がいいと思いはじめていた。できるだけ多くの人たちが一つのデモに集中するのがいいとぼくは思っていたのだが、この集合場所には、この人数で精一杯だ。

 そういう印象は、3つのグループにわかれてそれぞれのコースを歩き始めてからさらに強くなった。11日には、歩道側まで警官の壁を構築して、デモと歩道の間の行き来を妨げて、出入りしようとするヤツを逮捕さえしたときいていた。ところが、我々が青山通りに出ようとしていると、「はーい、つぎの信号を右折してください。気をつけてください」と、警察官が言った。デモで警官の、こんなおだやかなものの言い方は初めて聞いた。参加者が多かったので、警官の人数が分散して歩道側に警官の壁をつくる余裕がなくなったのだろう。しんがりに近かったぼくたちがNHK前に着いた時には、とうに太陽が沈んでいて7時近かった。

 さまざまな主張を掲げて同じ時間帯にいくつものデモを打てば、警察は分散した。もし、それぞれに主張の違うグループが一緒にやれば、壇上に上がって主導権をあらそうこともあっただろう。だったら勝手にやろうというのではなく、原発をやめようという基本的な主張を共有する複数のグループが時間帯だけはそろえる、できればルートも効果を高めるように協議会のようなものを設けて議論し調整すればいい。日本では北アフリカの一連の行動のようなことは起こせないだろうが、日本なりに携帯・twitter・フェイスブック・SKYPEによって連携することができるだろう。

GenpatsuTakamura0919.jpg高村薫インタビュー/YouTube
 その夜、報道ステーションで古舘伊知郎による高村薫のインタビューを見た。20年も前に原発を題材にした小説「神の火」を発表した高村は、いつもそうであるように徹底的な取材取材にもとづいて克明に原発を描いている。とうの昔から原発について考え抜いたうえでこの現実を迎えたひとがインタビューで語った意見は、いま日本人が共有しなければならないものを簡潔に示していた。
「福島は、元通りには回復できない被害をうけたという厳しい現実を認め、さまざまな困難はあるだろうが、原発の再稼働をしないという厳しい決断をする。その上で、何が可能であるかを政府が提示するべきだ。厳しい現実と厳しい決断をすることが希望なのだ。」と語っている。この映像がYouTubeに残されているので、見てほしい。
 デモの最後のあたりで、信号の前におだやかな表情で見覚えのある人が立っていた。かつての東大全共闘代表・山本義隆氏だと思った。先端の物理学者であった彼は、いま何を考えているのだろう。彼もふくめ、この日のデモに参加した人たちの多くが高村薫の意見に同意し思いを新たにするだろう。

■関連エントリー(この日集結したJEDIのブログ)
9.19「さよなら原発」/aki's STOCKTAKING
9.19さよなら原発/MADCONNECTION
NO NUKES ! ALL ST☆R DEMO 2011.9.19/「kai-wai散策」

投稿者 玉井一匡 : 07:14 AM | コメント (4)

September 19, 2011

「9.19 さよなら原発」

SayonaraGenpatsu.jpgクリック→公式サイトへ
 9月11日から9月19日にかけて、全国で脱原発のさまざまな集会やデモがおこなわれている。
ぼくはそのひとつ19日の「さよなら原発集会」に参加しようと思っている。主張にさしたる隔たりがない数々の行動が同じ日にある中で、ぼくがここに参加しようとするのは、おそらくここがもっとも多くの人が参加する行動だろうと思うからだ。

 福島原発の経過と今後について、近く首相が国連で報告する。世界の目が日本に向けられているいま、あらゆる脱原発の行動は、ひとつに集まって日本の国民の意志を世界に示すのがいいことはだれにも分かっているだろう。にもかかわらず行動が分散するのは、おそらく行動する側とそれを規制する側の双方に理由がある。行動側は、グループごとに主張に違いがあり、団体ごとの間には主導権争いのようなものがあるのだろう。それに対して、規制する側は上下関係の支配によって統率される一つの組織だし、つまらない法の後ろ盾があるうえに仕事なのだから、彼らはまとまりがいいのは当然のことだ。

SayonaraGP-WhiteHouseS.jpg
 日本でデモや集会がひとつにまとまることを阻んでいるのは、空間的な条件がある。日韓ワールドカップのときに、ソウルは十万人単位の人たちが市庁舎前の広場にあつまって韓国を応援したことが、チームを盛り上げた。アメリカでも、ホワイトハウスの前にある大きな広場で、公民権運動やベトナム反戦運動に人があつまった。しかし、東京ではそういう象徴的な広場にはひとを集まらせないように工夫をしている。外苑絵画館前広場はフェンスで囲って野球場にしてしまったし、国会前には警官がつねに目を光らせている。新宿西口に人が集まって開かれた「フォーク集会」のときには、ここは広場ではなく歩行のための場所だとして道交法違反で取り締まった。東京都庁前広場の使用を都知事が認めるはずもない。
 安田講堂前の広場は、かつての機動隊と学生の攻防のあと、地下に学生食堂をつくり地上をつまらない植え込みにして学生が集まることができないようにした。ここを設計した香山壽夫建築学科教授は、その後愛知県立芸術大学のキャンパス建て替えのマスタープランに関わっている。

 いま、新宿でおこなわれるデモの終着点が東口の「アルタ前」ときに「アルタ前広場」と呼ばれる場所になることが多い。これを「広場」と言うのは、さすがに気が引ける。警察がいつも「通行の邪魔になります。ただちに解散してください!」と大音量の拡声器で叫ぶのも、そこだけ取り上げればもっともだ。これが日本の広場だと世界に伝えるのも、日本人の民意を表現することがどういうしょぼい状況にあるかを伝えるのには、大いに役立つかも知れない。柄谷行人が「反原発デモが日本を変える」と言ったのも、この「アルタ前広場」に停めたワンボックス車の上だったのだ。

投稿者 玉井一匡 : 07:29 AM | コメント (8)

September 13, 2011

「香港 路地的 裏グルメ」

HonkongRojiteki2.jpg香港路地的裏グルメ/池上千恵 著・小野寺光子 イラスト/世界文化社

 ぼくが日頃から愛読しているブログのひとつ、いやふたつ、おっと三つだ。「お江戸から芝麻緑豆」「開心香港街市」の"こももさん"こと池上千恵さんが著者、「ONE DAY」の小野寺光子さんがイラストをお描きになったガイドブック仕立ての本が出た。「香港 女子的 裏グルメ」の続編である。
 おふたりのブログは、たべものに向ける情熱の大きさと熱、その書きっぷりが楽しい。それが二人分重なるんだから、この本がおもしろくないわけがない。さっそく買ってきた。
香港が好きで好きで好きでたまらないふたりが、その思いのたけをそそぐ、香港の裏通りにあって地元のひとびとが日常的に通う店の、内臓のうずたかく乗せられた麺やお粥や丼もの・点心、そしておやつの数々。

 異文化を理解するなら、まず好きになることからはじめるのがいいに決まってる。だとすれば、人間に普遍的な興味である「食べること」を手がかりにするのは相互理解の王道だ。国家というヤツは、国境はここだあそこだと押し合いへし合いして、のべつ排他的にならざるをえない。しかしひとりひとりの人間はそれとちがって、店のオヤジが「これはうまいよ」と言って皿に盛った料理を出し、それを食べた客が「なんてうまいんだ!」と喜べばそれだけで、たがいに理解と信頼を結ぶことができる。それが路地的裏グルメの力だ。

HongkongRojiteki2S.jpgClick to PopuP
 期待にたがわず、書かれているもののどれもこれもが旨そうで、しかも20〜30香港ドル(1ドル=10円)から、50$に届かないくらいのものばかり、手当たり次第に食べあるいたら何日かかるだろう。その安い旨い繁盛する店の背後にある主の人柄、店構え、やってくる常連たちの振る舞いにいたるまで、記述は著者の主観であるとおっしゃる。そうやってひとりの人間が自分の数枚のコインと責任をもって評価を下してこそ、料理と店のありようと著者自身を、ぼくたちは感じとり信じられるのだ。だれの眼鏡をかけて見たものなのかわからない新聞の記事や世論調査など、ぼくは信じない。全ての店名、食べ物の名称に広東語読みでルビがふってあるから、多少は広東語を勉強できる。それもまた、いつか香港で不器用な友情を構築する助けになるだろう。

 こももさんと光子さんには香港とは別に大きな情熱を傾ける対象があるが、その情熱のあまりの大きさと深さは、ぼくの理解のかなたにある。V6レスリー・チャンである。V6は香港とは関わりがなさそうだが、情熱のほどを知るにはブログのバックナンバーを探す必要がある。( 補記:そう書いたら、こももさんのコメントで、V6にハマったのは香港公演を見て以来だと訂正があった。じつはV6とも香港を通じてのご縁なのだ )光子さんがONE DAYの新しいエントリー「すべてはレスリーから始まった」にくわしく語っていらっしゃるように、レスリー・チャンと香港への愛情は分かちがたく結ばれている。彼女は、この本でたくさんのイラストを描いていらっしゃるが文章はないだけに、香港について語ればとどまるところを知らないと言われる情熱のすべてがイラストに姿を変えているにちがいない。
出版記念のトークショーを聞きに行こうと思っていたが、またたく間に予約が埋まったそうだから、人気のほどが知れる。
最後にひとつ付け加えておこう、ふたりは軽挙妄動を気取っていらっしゃるが、そのかげに品の良さがところどころで見え隠れするのがこの本の味わいをいいものにしている。

かつてスパイ小説で読んだ香港ははるか遠くにあったが、いまはなんて近くにあるんだろう。・・・といってもぼくは、現実には返還前に一度行ったきりだから、そう感じるのはこの本とおふたりのブログのお蔭なのだ。

■こんな催しがひらかれます
 池上千恵著『香港路地的裏グルメ』出版記念
「香港“女子的&路地的”裏グルメ 小野寺光子 ILLUSTRATION原画展」
 会期:2011年9月18日(日)〜22日(木)10:30~18:00(22日は15:00終了)
 会場: SPACE K代官山
■追加情報
iPhoneのアプリケーションに、こんなものがあるのを見つけました。
料理の広東語表記があって発音を聞けるのは、とてもたのしいのだが、もうすこし料理の種類をふやしてほしい。
バージョンアップしてくれることを期待しよう。いずれも250円
飲茶点心ー中華料理(香港飲食)
香港茶餐廳 - Cha Chaan Teng(飲食店_喫茶・軽食)
Yum Cha Dim Sum (Food_Hong Kong):上記の「飲茶点心」の英語版

投稿者 玉井一匡 : 08:15 PM | コメント (4)