October 26, 2011

カマキリと研ちゃん

KamakiriShadowS.jpgKamakiriSakubunS.jpg
 朝日が心地よくあたるようになってきた頃、シャガの葉にカマキリがくっきりと影を映していた。
彼女たちは昆虫の世界では恐れるもののない存在であるからだろう、カメラをいくら近づけても逃げようとしないどころか、「蟷螂の斧」を振り上げて威嚇する。この強気、見上げた根性が、ぼくは好きだ。まだお腹が大きいからこいつが生み付けたわけではないだろうが、数メートル離れたサカキの枝にはカマキリの卵が産みつけられていた。

 カマキリの卵を見ると、ぼくは去年の夏の「研ちゃん」こと海津研の個展を思い出す。
 原稿用紙一枚にセピア色の文字で書かれた「カマキリの卵」という題の作文とおぼしきものがあった。なんというヘタクソでひどく読みにくい字だろう、カマキリのカマをペン先にしてセピアのインクで書いたものででもあるのだろうか・・・・と思いながら、目を近づけるとセピアのインクと思ったのは大間違い。ぼくは爆笑してしまった。右の写真をクリックするとクローズアップ写真が見られます。
 クローズアップを見ても、すぐにはなんだか分からないかもしれない・・・無数のカマキリの幼虫を並べて文字にしたものなのだ。とはいえ、幼虫は研ちゃんの大量虐殺で死んだわけではない。作文のわきに並べられていたこの文章のプリントアウトを読むと分かります。

 このひとは人気のある派手な虫よりも、「虫けらのごとく」ひとびとにないがしろにされるやつら嫌われる虫、あるいはちっぽけなやつらに興味をひかれる。そういうムシたちを、よーく見て拡大したりするとじつはとても美しかったり愛すべき表情をしていたりするのを発見することによろこびを感じるのだ。多くの昆虫好きは、虫を捕まえて標本にするのだが、研ちゃんはそのちっぽけなやつを大きくて細密な絵として描いたり、アルミ箔でハエをつくったり、あるいは紙を切り込んで小さなカニをつくる。小さな生きものを虫眼鏡で大きくしたりつくったりしてみると、その意味も大きくなり意味が変わったりするのだ。

 KamakiriYodakaS.jpg そういうやつだから、彼は宮沢賢治の「よだかの星」がすきだ。鳥やムシをいくつかの部分にわけた平面の切り絵をつくり、それをガラスの上に置いて少しずつ動かしながら撮影する方法で「よたか」というアニメーションをつくった。個展には、その切り絵と撮影の仕掛けが展示されていた。
 ヨタカは口を大きく開けて昆虫の群れのなかに飛び込んでムシたちを捕らえて食べる。名前の一部に「タカ」という名をもちながらちっぽけなやつらを食べる、弱くて不細工な鳥と、いつもいじめられている。そのヨタカがあるときムシたちを食べようとしているとき、自分自身もたくさんの虫のいのちを奪って生きているのだと気づく・・・というものがたりだ。
 
「よだかの星」は、あらゆる存在が他者に依存し他者を傷つけずにはいられないことを描く。それは同時に、あらゆる生きものは他の生きものがあってこそ存在できる自然という精密なシステムがあるということでもある。食物連鎖の最上位に君臨する人間をつねに捕食する種はいないが、その代わりに人間自身の中に同じ種である他の人間を食べはしないにしても犠牲にしたり利用したりする連中がいる。そういうやつらは、何万年もなくなることのない有毒物質をつくり、自身をも含むあらゆる生きものを傷つけ精密なシステムそのものをこわそうとしている。
 

投稿者 玉井一匡 : 08:20 PM | コメント (0)

October 19, 2011

ちぎれたサドル

SaddleS.jpgClick to PopuPSaddleNS.jpg
 またしてもあいつがモノをこわしたというエントリーかと嬉しがる皆さんの表情が目に浮かぶが、今度ばかりは壊れたとはいえ天寿を全うしたのだと胸を張りたい。
雨の降らない日は毎日のように、十数年にわたって70kgをささえつづけた自転車のサドルが、とうとう壊れたのだから。とはいえ、新旧2つのサドルの写真を並べると、ずいぶん情けない姿になっている。

 サドルの一枚皮をフレームに固定するピンが、前に3本うしろに6本あるのだが、そのうち前の3つのピンの穴すべてで皮がちぎれてしまった。自転車の折れてしまったフレームを溶接してくださったタカムラ製作所の高村さんには、そのときサドルを見ながら「これもすごいなあ」と言われた。「スルメのようだ」と言われたのは秋山さんだ。なんとでも言うがいい、たしかにスルメだがオレはこのサドルを愛しているのだと内心で思ってぼくは鷹揚に微笑むのだった。
新しいやつをamazonに注文したのが宅配便で届けられたので2つを並べてみると形といい色といい、初めはこんなだったのかと驚いた。

 いまのサドルは、プラスティックやプレスした鉄板をクッション材と薄い皮や人工皮革でくるむという作り方が多いが、1866年創業のBROOKSのサドルは、厚くて固い牛革一枚をプレスしたものをスティールのフレームに張るという仕組みを今も守っている。たとえば弓に弦を張るような仕組みだから、皮は前後に引っ張られるのだ。丈夫なものではないか。

SaddlesBackS.jpgClick to PopuP BROOKSのサイトを開いてみると、トップページのFEATURED CONTENTという欄に44 YEARS IN USEというサドルの写真があった。ウィークデイに毎日12km走ったと書いてあるから、44年間の走行距離は12*5*52*44=137,280km。走行距離でいえばわがスルメサドルの2倍くらい走っている。ぼくは自転車を雨にさらしたのは2、3回くらいしかないが、皮の表面には細かにひび割れがはしっている。ロバート・レッドフォードの顔の肌を「亀の甲羅みたい」だと口の悪いおすぎが言うけれど、ちょっとそんな感じになった。
 しかし44年モノの表面をみると、まだまだ使えそうだ。これはサドルの後側にコイルスプリングがついているタイプだから振動を吸収する。だから、皮にかかる引っ張り力は大分おだやかになるが、スポーツタイプのサドルは、おそらくピンと張った皮そのものがわずかに伸縮して振動を吸収するのだ。
それを思えば、10数年間を耐えてくれたことにご苦労さんと言おう。

投稿者 玉井一匡 : 11:23 PM | コメント (6)

October 16, 2011

「福島の原発事故をめぐって-いくつか学び考えたこと-」

GenpatsuMegutteS.jpg「福島の原発事故をめぐって-いくつか学び考えたこと-」/山本義隆著/みすず書房
 9・19さよなら原発デモの解散地点の近くで山本義隆氏とおぼしき人物の姿を目にした。そのあとで、原発が引き起こした現在の事態についてあの人はどう考えているだろうと思っていたら、9月29日の朝日新聞に高橋源一郎が「論壇時評」でこの本を取り上げていた。
 新聞の1ページを担当していればそうもなるんだろうが、ただひとり脱原発の立場とされた大臣をマスコミが退陣に追い込んだことについて触れながら、高橋源一郎は正面からのマスコミ批判を避けようとしているのがどうにも食い足りない。この「福島の原発事故をめぐって」のとりあげかたも気に入らない。おかげで、ぼくはぜひ読みたくなった。

 100ページに満たない紙数で、日本に原子力を導入した政治的背景、技術的な問題点を語った上で、著者のフィールドである科学技術史の中に原発を位置づけ、その結論として脱原発を導くという内容は深い。

 ぼくたちの世代にとっては説明するまでもないのだが、若いひとたちは山本義隆氏を知らないのかもしれないということに気づいて、このエントリーをすっかり書き直すことにした。
 著者は、理学部物理学科大学院の博士課程で量子論を専攻する学生だったときに東大全共闘の代表などというものになってしまった。彼がセクトに属するいわゆる活動家でなく、したがって、生涯をかけて研究したいことを持ちながらそれを捨て退路を断つ覚悟で先頭に立ったことが、その他のノンセクトの学生も動かし、反目するセクトさえひとつにまとめる一時期ができたのだと思う。それから安田講堂の攻防があり、長い法廷と「塀の中」の時間があった。
 その後長いあいだ、ぼくは彼の消息を知らないでいたが、2003年に「磁力と重力の発見」(以前に書いたのに、なぜかエントリーせずにいたのを改めてエントリーしました)という3巻からなる科学技術史の本を書いて大きな注目を浴びた。

「あとがき」に、この本を出すことになった経緯が書かれているし、山本氏の人となりがそれとなく感じられるので、その全文を引用しておこう。
 *** みすず書房の編集部から雑誌『みすず』に原発事故についてなにか書いてくださいと依頼され、なんとか原稿を書いたのですが、少し長くなってしまいました。連載にしてもらえるかと思っておそるおそるお渡ししたのですが、いっそのこと単行本にしましょうと言われました。そんなつもりはなかったので少々面食らったのですが、有難くお受けすることにしました。こうして出来上がったのがこの本です。原子力(核エネルギー)技術の専門家でもなく、特別にユニークなことが書かれているわけではありませんが、物理教育のはしくれにかかわり科学史に首を突っ込んできた私が、それなりにこれまで考えてきた、そしてあらためて考えた原子力に反対する理由です。
2011年7月24日 山本義隆 ***

 山本氏による科学技術の流れにおける原子力の位置づけを、間違いをおそれずに思い切って縮めると、つぎのようなものだ。
 「科学」とは、論証の学問から出発したが、自然を定量的に理解し実験による検証を経て獲得された法則性を提示するものであるのに対し、「技術」は技術者や職人の経験と試行錯誤を蓄積したものだ。「科学技術」とは、その科学と技術を並べたものではなく、「科学」の普遍的な法則性を適用してつくりだされた「技術」のことである。
 科学と技術がそのように統合されたのは産業革命もワットの蒸気機関の発明に至ったときで、その後、電磁気学から電気という動力がつくり出される。大恐慌に対して、アメリカはニューディールという、国家主導の強力で大規模な経済対策を行ったが、その延長線上に、同じように国家が研究者を結集して原爆製造を実現するマンハッタン計画があった。

 水蒸気でタービンをまわし電磁誘導で電気をつくるのが発電機だ。原子力発電とは、その水蒸気をつくるための熱源として原子力を利用するものにすぎない。これは、科学技術のたどった上記の過程をひとつにまとめたものであって、巨大な規模と限りない危険のために国家の経済的・法的な後ろ盾なしには進められないという点でもマンハッタン計画と通じるものだ。
 著者は、原子力を「ここにはじめて、完全に科学理論に領導された純粋な科学技術が生まれたことになる」と書いて、特別な科学技術だとする。
 その原子力の利用は「それまですぐれた職人や技術者が経験主義的に身につけてきた人間のキャパシティーの許容範囲の見極めを踏み越えた」ものであることに本質的な問題を抱えているとして、こう締めくくる。・・・日本はアメリカやかつてのソ連とならんで、大気中に放射性物質を大量に放出した国の仲間入りをした以上、「事故の経過と責任を包み隠さず明らかにし、そのうえで、率先して脱原発社会、脱原爆社会を宣言し、そのモデルを世界に示すべきであろう。」

■参照サイト
GenpatsuManhat.jpgManhattan Project/wikipedia
 マンハッタン計画について英語版wikipediaは日本語版よりもはるかに記述が多い。ぼくはマンハッタン計画というのはこっそり行われた陰謀のように感じていたけれど、この英語版の書き方の充実ぶりを一瞥すれば、アメリカにとってマンハッタン計画は大成功をなしとげた大規模な国家事業だったことが感じとれる。スーツを着たご婦人たちが颯爽とならぶ写真には、「オークリッジのウラニウム精製施設Y-12の勤務交代時 Clinton Engineer Worksでは1945年5月までに82,000人が雇用された」と説明されている。

 Project Sitesという項目には、全国に分散したマンハッタン計画関連施設の地図がある。そのひとつは、ドキュメンタリーフィルム「終わらない悪夢」で廃棄物垂れ流し施設として報じられている3カ所のうちのひとつ Richland(Hanford Engineer Works)である。この地図を見れば、マンハッタン計画がどれほどの力を結集してつくられたものであるかがわかる。しかし原爆が完成したときには、想定していたナチスドイツは降伏していた。せっかくつくったものを使わないのはもったいないとばかりに広島に原爆を落とし、それだけで、すでに日本は戦意を無くしていたのに、タイプの違う原爆を試したくて長崎にもうひとつ落としたのだ。
そして、原爆の副産物である原発を日本に売りつけようとしたアメリカに、岸・中曽根・正力などの面々がよろこんで飛びついたのだとすれば、ひどい話だ。

投稿者 玉井一匡 : 09:41 AM | コメント (4)

October 06, 2011

rememberingsteve@apple.com

Jobs.jpg
いずれ予想されていたことではあったけれど
ぼくたちはスティーブ ジョブズを失った
原発が日本と地球に深い傷を残した2011年に

Appleのウェブサイトは
遺影のつぎのページに追悼文をかかげ、最後に
故人を偲ぶEメールを送り想いをともにしようと
よびかけている

If you would like to share your thoughts, memories, and condolences, please email rememberingsteve@apple.com

ぼくもメールを送りました。


■追記
きっと、あの人はアップルストアの写真を撮っているだろうと思って kai-wai散策に行ってみると
rip Steve @ Ginza Apple Storeというエントリーがある
スティーブ ジョブズにふさわしいキャンドルが「i」の文字に見える
しかし、通行の邪魔になりますと言って警備員が邪魔をしていたそうだ

投稿者 玉井一匡 : 10:06 AM | コメント (2)

October 02, 2011

科学博物館へ:「恐竜博2011」と2万4000年の物差し

KahakuTiraTriS.jpgClick to PopuP:トリケラトプスを待ち伏せるティラノサウルス

 10月1日、科学博物館へ行った。目的は2つ。
ひとつ目は、7月にチケットをいただいたのに「恐竜博2011」の会期がまたしても残り2日になってしまったので、トリケラトプスを待ち伏せするティラノサウルスの骨格などを見ることだったが、それにもうひとつ重要な目的があった。

 プルトニウム239の半減期である24,000年、あるいはフィンランドの核廃棄物貯蔵施設の保存期間が設定した100,000年という時間は、とてつもなく長くて実感がない。何か具体的な物差しとなるものが、博物館の常設展示にあるにちがいない。それを見つけたい。
科学博物館に着いたのは11時頃でちょっと出遅れたので、蛍の光を聞きながら出口に向かうことになった。子供の頃、一日中博物館にいた日曜日のように、ひさしぶりに長居して同じように胸を躍らせた。

 恐竜博の展示にはさまざまな実物の骨格化石がある。レプリカの骨格は、組立てかたに自由があるのだろう、生活や振る舞いを再生するように組み立てられている。待ち伏せる姿勢をつくらせたり、ほかの種と組み合わせて展示するなどの配慮があるのだ。待ち伏せるティラノサウルスは、小さな前足は伏せた状態から立ち上がるときに使われたという新しい説にもとづいたものなのだろう。研究が行動学にまで及んできた成果を反映したものなのだろう。中には、2011年2月に発表されたという最新の研究成果の展示まであったし、残された物質を分析して始祖鳥の羽の色まで復元したという展示は、2009年に発表された研究成果なのだ。まだ2年前のことだ。

 恐竜が栄えた期間は1億6000万年。いまから6550万年前にユカタン半島にぶつかった巨大隕石の衝突による気候変動で絶滅したとされるのだから、2万4000年を実感できる物差しは、もとよりこの特別展示にはない。
 しかし逆に言えば、かくも長い時間をかけて地球の環境に適応するようにつくられた緻密で巧妙な生物の共生システムを、ぼくたち人類は壊してしまうかもしれないのだ。現在、産業革命から数えて200年間、原子力をつくり出してから半世紀強、これを台無しにしてしまうに要した時間がいかに短いものかということを実感する。

KahakuHito1S.jpgClick to PopuP ネアンデルタール人:約20万年前〜2万数千年前
 ぼくが求めるものは、常設の地球館にあるはずだ。こちらは人が少なくて落ち着いて見られる。まずは「シアター360」の行列の最後尾についた。この日から10月の新しい出しもの「 マントルと地球の変動–驚異の地球内部–」&「宇宙137億年の旅-すべては星から生まれた-」である。球形の内側のスクリーンに映し出される映像を中央のブリッジから見ると前後上下左右の光景は、目も眩む臨場感だ。ビッグバンから地球の誕生そして現在の地球内部へ潜入するまで、長い長い137億年をわずか10分に縮めて説明し体験させ納得させる。映像のリアリティも編集もじつによくできている。15分の待ち時間は十分に報われた。

 そこを出て2万4000年の物差し探しにとりかかる。まずは人類の発生から始めようとB2Fの「地球環境の変動と生物の進化」の展示を探すと、ほどなく「彼」に遭遇した。この展示には、発見された猿人、原人あるいは旧人の骨からつくられた復元像が何人かいる。中には、二足歩行で名高い「ルーシー」もいた。彼女は320万年前のレディーだ。恐竜の時代が1億6000万年あったのに対して、人間は二足歩行を始めて300万年にすぎない。
 プルトニウムの半減期にもう少し近い復元像はネアンデルタール人、フランスの「ラ・フェラシー」で7万年前の骨からの復元像である。7万年は半減期のおよそ3倍だから、1/2の3乗つまりプルトニウムの線量が1/8になるわけだ。10万年までは、あと2万8000年。

KahakuNihonHomoS.jpg港川人:1万8000~1万6000年前
 ネアンデルタール人は2万数千年前ころまでいたというから、かれらの退場はほぼプルトニウムの半減期に一致する。彼らがいなくなったころは同時に、ホモサピエンスが表舞台に登場した時であるはずだ。そのホモサピエンスが現れたのが20~25万年前、プルトニウム239の半減期の10倍だ。人によっては、高濃度廃棄物が無害になるには20万年というから、ホモサピエンスのこれまでの歴史をそっくり費やすことになる。日本列島のホモサピエンスの骨は土質のために保存されにくく、3万2000~1万2000前の断片しか見つかっていないという・・・沖縄で骨が発見された「港川人」の小さな、しかし凛々しい男の絵が説明書きに添えられているだけだった。しかし、この時代まではプルトニウムの半減期にほぼ等しいではないか。ホモサピエンスの復元像がないのは、見てくれは今の人間と変わらないし、シンボルとしてはあまり面白みがないからなのかもしれない。

 ああ、おもしろい一日だったと思うそばから、いま我々は深刻な事態に直面していることを思った。いまのぼくたちには、プルトニウム239の半減期24,000年という時間がとても大きな意味をもつようになった。
かつて、原発か石器時代に逆戻りかという二者択一を迫っておどす連中がいた。じつは、石器時代は電力不足のシンボルではなく、原発の汚染の長さのシンボルであることがわかった。それは、ネアンデルタール人が滅びてから現在までの時間にひとしいのだと。

■関連サイト
 *国立科学博物館(高校生以下、65才以上は常設展示の入場料が無料です)
 *シアター360
 *アジアの先史時代年表
 *American Museum of Natural History(アメリカ自然史博物館)
■wikipediaの参照項目
 *Lucy
 *Neanderthal
 *ネアンデルタール博物館
 *ラスコー洞窟
 *Humanヒト(英語版)
 *Tyrannosaurus(ティラノサウルス英語版)
 *Triceratops(トリケラトプス英語版)

 

投稿者 玉井一匡 : 12:07 PM | コメント (0)