January 29, 2012

「シャルロット・ペリアンと日本」を探る

PerriantTicketS.jpgClick to open flyerPerriandPoseter.jpg

 ぼくはシャルロット・ペリアンが好きだ。とりわけ、切り紙細工でつくったようなダイニングチェアの歩き出しそうなユーモラスと、パリにあるちいさな自宅アパートメントの、いかにもおだやかな心地よさが。

 神奈川県立近代美術館は昨年、開館60周年記念の展示として「シャルロット・ペリアンと日本」を開催した。この美術館を設計した坂倉準三がコルビュジェの事務所でペリアンと数年を共にした縁がある。「ペリアンと日本」をテーマにするからには、彼女が初めて日本にやってきた頃の日本とフランスの困難な状況のなかで来日した意味を掘り下げるべきではないか。
 しかし、初詣の人々で歩きにくいことを分かりながら鎌倉まで行ったのに、新しい発見がほとんどないまま帰ってきた。とはいえ「展示されていなかったこと」についての好奇心が膨らんできたことを収穫と思うことにして、すこし調べてみた。

 ペリアンが日本に来たのは1940年、坂倉準三らの尽力で日本の商工省に招かれて輸出品のデザインの指導をするという公式の立場だった。とはいえ、この年は真珠湾攻撃の前年だ。どういうわけで好きこのんで、こんな時代の日本に来たんだろうという疑問がわく。
 ぼくは「シャルロット・ペリアン自伝」を図書館のサイトで予約したが、本はまだ来ない。そこに何が書き残されているのか知らないうちに、まずはwikipediaなどネット上の情報から推理してみよう。

 この1940年には、フランスは年始めからのナチスドイツ侵攻に屈服して6月にパリを明け渡し、親ナチスのヴィシー政権ができた。日本は、それまでの長いあいだ中国と戦争を続けている。
 wikipedia(仏)によれば、ペリアンが日本に来たのは1940年の秋。日本では、1月から7月まで米内光政が首相で、彼は三国同盟に反対していた。ペリアンが訪日を決めたころのフランスはドイツに侵攻されているが、日本では米内が首相の地位にいたはずだ。そういう時であれば、ペリアンを日本に疎開させようと坂倉たちが考えて仕事と立場をつくり、ペリアン自身も、もともと興味のあった日本に行こうと考えるのは、むしろ自然なことだ。

 しかし、ナチスドイツを避けてやってきたのに、ペリアンが着いた頃には日本の首相は三国同盟推進派の近衛文麿に代わり、日本はすでにドイツと同盟国になっていたはずだ。ところが、母国フランスを代表する政府は、形式上は親ドイツのヴィシー政権というねじれた状況のおかげで不本意ながら同盟国の人間なのだ。日本本土では、まだ戦闘がないから「輸出工芸指導の装飾美術顧問」という立場で京都や東北までめぐり、河井寛次郎や柳宗悦らと交流し、腕利きの職人たちも知った。41年には「選択・伝統・創造」展を開いて竹のシェーズロングを発表した・・・おそらくこういうことだったろう。

 アメリカとの戦争まで手を広げた日本の政府は,翌1942年になると“undesirable alien”(好ましからぬ外国人)だとしてペリアンを日本から追い出す。(Charlotte Perriand/wikipedia(英))海路帰国する途中に、こんどは、日本支配下にあるベトナムで足止めを食ってしまう。それ以来、彼女は足かけ5年にわたって*ベトナムですごす。その間に二度目の結婚をして娘をもうけ、ハノイの芸術展のパビリオンを設計したという。(Charlotte Perriand/wikipedia(仏))上のチケットの写真をクリックして「ペリアンと日本」展の「報道用資料」を開くと、年譜には「第二章 日本発見 1940-1946」とされていて、ベトナム滞在のことはふれずにこの時期も日本にいたかのようだ。
PerriantAptS.jpg 日本に滞在していたときには、戦時下で苦しむ人たちや、ときには外国人に排他的な振舞いをする日本人に接することもあっただろう。ハノイに足止めを食らっていた間には、ベトナムと日本とフランスの争いに居あわせたはずだ。この間にペリアンは何を見て何を考えていたのか興味深い。スケッチや日記が、どこかにあるのではないか。「シャルロット・ペリアンとベトナム」展あるいは日本も含めて「シャルロット・ペリアンとアジア」展も、いつかやってほしいものだ。

 誰でも知っていることだったのかもしれないが、切り紙細工のようだとぼくが思っていた合板の椅子は「オンブル(ombre)」、つまり影という名称で、文楽の人形遣いの黒子から着想したのだと、この展示で知った。影が立体になって立ち上がったということなのだろう。
 彼女の住むアパートメントのことは、1984年の「GA HOUSES 15」(ADA EDITA)の、写真やフリーハンドで描かれた平面図とともに巻頭インタビューで知った。部屋はメゾネットの2層で、木でつくられた螺旋階段を昇った上の階にはパリを見おろす窓際の食卓とルーフテラスがある。こぢんまりしたスペースにモノたちが棲みついていて、窓から見るパリのまちと風を分かちあうようで、なんとも気持ちのよさそうな、彼女の生活と人柄を写しとったような住まいだ。影が、その本体とピッタリよりそっているように、このアパートメントでは住まいが住み手の生活のしかた生き方と寄り添っている。この住まいには,日本を偲ばせるところが少なくないから、「ペリアンと日本」を伝えるにはいいと思うのだが、なぜか今回の展示にはない。
 ぼくは時々この本を出しては、気持ちよい住まいというものを確認する。インタビュアーの発言にはGAと書かれているのだが、解説の文末に(Y.F.)とある・・・インタビュアーは写真を撮った二川幸夫さんなのだ。後記には、その二川さんがめずらしく言葉をつくしてこの住まいに賛辞を送っている。
「都市生活のアパートとして第一級のものであり、こんなにエレガントなインテリアは見たことがない。ここには近代建築が素晴らしい形で生きている」と。
 
■この「シャルロット・ペリアンと日本」展は、秋岡芳男展を開いた目黒区立美術館でも4月14日から開かれる。
 秋岡芳夫は日本の工芸との関わりが深いし、秋岡のデザインした合板と鉄板のハイブリッドの折りたたみ椅子はジャン・プル-ヴェの影響を受けているのは間違いないだろう。プル-ヴェとペリアンは、やはり木材と鐵をつかった棚のデザインと制作などで協同関係にあった。

投稿者 玉井一匡 : 11:24 PM | コメント (0)

January 16, 2012

秋岡芳男展で思ったこと

AkiokaTaketonboS.jpgClick these images to PopuP

 会期も残り3日という年末に秋岡芳男展に行って満ち足りた気分で会場をあとにした。
 モノをつくることとモノをつかうことが気持ちよいつながりを持っているときに、いい道具や機械ができるのだということを、秋岡芳夫と仲間たちのしごとが伝えた。それが、この展示の気持ちよさと充実感の理由らしい。

 会場にはいるとすぐに、目の前の大きなテーブルの上に溢れんばかりの竹とんぼの色とりどり。ゆるやかに傾斜をかえてゆく竹でつくられた羽根の曲面、そこに嵌め込まれたらしい金属・・・単純この上ないおもちゃであるからこそ、表面にペーパーをかけては指をすべらせると滑らかさにうっとりとする様子も、金属を象眼して回転の勢いを増そうとした工夫も、手に取るように想像された。それも、少しずつちがうやつが、あんなにたくさん並んでいることによって、どんなにかいろいろなことを考えたのかが分かるのだ。
 竹とんぼの羽根をやすめる群れのもたらした思いは、会場にいるあいだずっと、それどころか今だって持続している。竹とんぼだけではない、どれも丁寧で巧みな展示だった。

AkiokaRadioS.jpg クライスラーというラジオは、どれもこれも素敵だった。
解説を読むと、そのクライスラーという会社は、秋葉原のサトー無線の前身であり、製品は「ラジオ」ではなくて、受信機の中身の機械部分は買い手がつくりそれを納めるためのケースが「クライスラーキャビネット」という商品だったのだ。これが大いに人気をよんでたくさん売れるので、秋岡氏が親しかった河潤之介・金子至両氏に会社をつくらないかと声をかけ、頭文字をつらねて「KAK」とした。

 かつて長い年月、国家はよそのくにのたくさんの町と家を壊し生命を奪うために、自分たちの国に住む人々からもあらゆるモノといのちを供出させ、引き替えに飢餓と苦痛と絶望や悲しみをくれた。ラジオは、その苦しみと無駄の終わりを告げる言葉を伝えて解放のはじまりになったのだ。自分で組み立てた機械をこのキャビネットに入れたら、とても素敵なラジオになってしまえばどんなに嬉しいことだったか、目に浮かぶ。これがたくさん売れたというのも当然のことだ。

 1月2日にBSで「J.ダワー×G.マコーマック 震災後 日本と世界への眼」という対談を見た。戦後の一時期、市民の側からデモクラシーを築こうとする動きが日本にもあったが、やがて既得権益を守ろうとする中央集権的な力が回復して、今に至るまでそれが続き、その延長に原発という中央集権的なエネルギーがつくられた。しかし、この地震・津波と原発が、もういちど草の根デモクラシーをつくる契機になるかもしれないとジョン・ダワーは指摘している。
AkiokaKAKs.jpg 秋岡芳夫とKAKのしごとの質と密度の高さは彼ら自身の力によるのはいうまでもないが、その背景には、敗戦直後の日本に自由と草の根のデモクラシーが育とうとしていたという流れがあったのだろうと、ダワーの話を聞いていて思い浮かんだ。戦後の草の根デモクラシーの昂揚は一時的なものに終わったが、彼らの活動は長く深く持続した。市民自身の視点にもとづいて自分たちの手で世の中をつくることがデモクラシーという思想であるとすれば、秋岡たちのしごとは自分たちの手で自分たちのモノをつくり出して、その結果として自由が築かれるというものではないか。

 じつは、そもそもぼくが秋岡芳男展に来たのは、所蔵するライラックのスクーターを出展することになったという知らせを河浩介さんからいただいたからだった。これは、今この時代に持ってきても、もっとも魅力的なスクーターかもしれない。その開発にまつわる無念と腹立たしさについてはkawaさんのブログ Things that I used to do のエントリー「ライラックモペッドAS71」にくわしい。(モペッドとはmotorとpedalをくっつけた「moped」だが、たしかスズキがペッドをペットに変えて「スズモペット」という名の製品をつくっていたことがあった)彼が部屋の中にこのペパーミントグリーンを家具のようにして置き、深く愛するのも当然だろう。しかも、KAKの河潤之介氏は河さんの父上なのだ。
 三菱重工がライラックにこのスクーターのOEMをもちかけたのでライラックは工場を拡張する。ところが,三菱は革命的なデザインに口を出してその一部を変更させた挙げ句に販売を縮小してしまい、そのほかの要因も手伝ってライラックは倒産に追い込まれる。その過程はそのまま、戦後に芽生えた草の根デモクラシーが、既得権益を護ろうとする力の支配に圧殺された世の中の動きと重なって見える。

 こういうことが度重なったのだろうか、メーカーの都合と利益のためにつくられる製品が消費者に一方通行で流れてゆく、大量生産・大量消費という中央集権に疑問をもった秋岡は、そこから立ち位置を変えて、その地域にある材料をつかいそこにいる人たちがモノをつくる、そしてモノと心を通わせて生活するという文化を育てるということに力を注いだ。
しかし、それは決して方向転換ではなく、もともと一貫して持ち続けていた姿勢なのだ。展示は、それを感じられるように、たくみに示していた。

 モノをつくるための道具のコレクションや、自分のこどもたちのためにつくった手づくりの木のトラックや食器棚。絵本というしごとがあり学研の「科学」や「学習」の付録という世界がつくられている。秋岡芳夫と仲間の活動の豊穣を、立体的に、美しく、しかも知的好奇心をそそるように構築された展示だった。
それは、この目黒区立美術館の規模が小さいことも手伝っている。大きな美術館では、順路が時間と空間を線状に並べざるをえないのに、ここのような小規模な美術館では、ものごとが一つの方向に一つの流れに乗って動くわけではないことを表現することができる。大規模な都市あるいはコミュニティーよりも小規模な都市やまちの方がここちよいのと同じことだ。

ここのドアをあけて外に出れば、春には目黒川沿いの桜に包まれるだろう。
閉館まで見て充実感を手にして師走のまちに出ると、ぼくは川縁を歩きながらすぐに友人に電話をかけて、見た方がいいよと伝え、家に帰ってからメールを送ったほどだった。それなのに、いろいろなことを考えてしまいエントリーがこんなに遅くなって、後塵を拝してしまいました。

■関連ブログ
秋岡芳男展/Things that I used to do
秋岡芳男展/aki's STOCKTAKING
二寸五分/MADCONNECTION
権之助坂で/kai-wai散策
驚きの秋岡芳夫展/BLOWIN' IN THE WIND :
秋岡芳夫展に行ってきました/漂泊のブロガー2
■参照
秋岡芳夫/wikipedia

投稿者 玉井一匡 : 07:27 AM | コメント (0)

January 01, 2012

新年おめでとうございます

2012Nenga.jpg

 昨年、新婚のブータン国王夫妻が東北の被災地を訪れたときにこどもたちに話していたことばが印象に残ったので、それをもとにして年賀状をつくりました。彼はこう言ったのです。「龍はどこにいるか知っていますか?・・・・龍は、あなたたちひとりひとりの中にいるのです。それをあなたたちが育てていくのです」と。
 もしかすると言い方はちょっと違っているかもしれないけれど、ぼくにはそう記憶されていて、龍が自分の中に棲んでいるという考え方を、とてもおもしろいなと思ったので、そのことがそれこそ龍のように、いまもぼくの記憶に棲みついているのです。

2012ButanDragonS.jpgClick to PopuP

 左の絵は、ブータン王国のウェブサイトで見つけました。きっとこういうサイトなら龍の絵があるだろうと思って開いたところ、サイトのいちばんはじめにこれがあったのです。この絵の中から龍を切りとり、海をつくるのにちょうどいいかたちを切り取りました。そういえば、ブータンはチベット仏教を信仰するチベット系の人たちであり、中国の青海湖はチベット族の住むところだから、青海波というのはチベットを起源としているのかもしれませんね。
 ブータンでは自分たちの国を「雷龍の国」と呼んでいることがwikipediaに書かれています。

 このところ数年、年賀状には「一陽来復」と書くことにしていたのですが、国王のことばを使いたかったので「有龍自吾身來」と書いて「龍有り吾が身自り來たる」と読むことにしました。中国語を全く知らないので、論語の「有朋自遠方來」(朋有り遠方より來たる、あるいは、朋の遠方より來たる有り)の文法を借用したことは想像がつくでしょう。もともと、ブータンの先王が提唱した,豊かさの指標としてGDPにかえてGNH(Gross National Happiness)という指標をという考え方に、ぼくは共感していました。

投稿者 玉井一匡 : 01:26 AM | コメント (2)