February 14, 2012

2月14日のGoogleアイコン

GoogleValentine.jpgClick to open Google
Googleのトップページを開いたら、Googleのロゴがこんなものになっている。
右向きの三角をクリックすると、絵が動き出してアニメーションになった。(携帯用のサイトではアニメーションにならないようだ)それを見ているうちに、今日は2月14日であることを、やっと思い出した。このアニメーションは、なかなかすてきなメッセージを伝えてくれる・・・と思いながら、ちかごろちょっとGoogleに感じている不安を思い出した。
 このごろぼくのMacBookは、GoogleMapでストリートビューが見られなくなったのだ。写真が映るべきところが真っ黒のままいつまで経っても出てこない。しかも、GoogleEarthもおかしい、起動させてもフレームが出てきたところでパタリと消えてしまう。

 Apple Storeに電話で相談したらSafariをリセットしてみたらどうだと指導されたが、それでもダメだ。
電話を切ったあとで試しにGoogleのブラウザー Chromeをダウンロードして開いてみると、GoogleMapの反応がとても速い。おまけに、ストリートビューがすぐに開く、しかも地図からストリートビューに移るときに2Dから3Dに連続的に変化するという演出がある。

 Googleが,自分のところで提供しているブラウザーをより魅力的にしようとするのは当然だろうが、まさかsafariでは見られないように邪魔をしてるわけじゃないだろうなあと、ちょっと心配になった。ぼくだけの問題ならいいんだが、こんなことが起きるのはMacのOS7とGoogleEarthやGoogleMapの相性がわるいせいなんだろうか。・・・もし、そうだったら、ジョブズが元気だったら、カンカンに怒ってGoogleに怒鳴り込むだろうな。

 本、地図、メールをGoogleが手中にして・・・さらにCloudが進んだら、Googleのようなところが莫大な情報を握ることになる。もしも独裁的なやつに乗っ取られてそれがコントロールされるようになったら、大変なことになると心配になってきた。そんな不安を感じてしまうのも、かつてのドイツを思い出させるような、独裁的でヒステリックな人物が世の中の不満と不安のすきに乗じて大衆的な人気を日本で持ち始めてきたからだ。

VALENTINE1.jpg■追記
 バレンタインデイの翌日には、いつものGoogleロゴに戻った。
昨日のロゴをクリックすると、こんなアニメーションになった・・・女の子が一人で縄跳びをしているところに少年がやってくる。うちに帰ってGoogleで贈り物を探す・・・まずはバラの花・・・女の子は振り向きもせず縄跳びをつづける・・・また家に戻った少年はつぎつぎと贈り物を持ってくるがおなじことだ・・・最期に縄跳びの縄を持ってきて,自分も縄跳びを始める・・・・少女は、自分の縄を捨てて、二人で跳び始める!!
 どうかGoogleが、変な奴に乗っ取られないようにと、願うばかりだ。

投稿者 玉井一匡 : 04:00 PM | コメント (0)

February 07, 2012

「スペース」が閉じないうちに!

EmbracingDower.jpg
 ふたりの日本近現代史の研究者、ジョン・ダワーガヴァン・マコーマックの対談が1月2日にBSで放送された。(2012 巻頭言特集「J.ダワ−×G.マコーマック 震災後 日本と世界への眼)
 ここでダワーが口にした「スペース」という言葉が、とても新鮮で記憶に残された。

 建築のことばとしては、「スペース」は新鮮どころかモダニズムの根幹をなす知らぬ者のない概念だが、ダワーの指摘するところは、それとは別だ。
 東北を襲った地震と津波という天災のありさまに加え、被災した人々のふるまいがテレビやYouTubeなどで報道されると、世界中の人たちに深い同情と共感が生じた。それは中国や韓国のようにかつて日本の侵略を受けた国の人たちや、わずかとはいえ北朝鮮さえ例外ではなかった。こういうとき、国際的な軋轢や国内の対立などがなくなって、これから世界が変えられるという「空間」、自由な「スペース」が生じることがあるのだ。いまそこに、日本人が上からの力によらずひとりひとりが自分自身の手によって自分たちの世界をつくってゆこうとする動きが生じている。・・・ダワーはそう指摘する。

 彼の言う「スペース」とは、そういう意味だ。しかし、それが開いているのは一時期のことであって、時が経つと閉じてしまう。関西の震災のときにはそれが、およそ1年くらいで閉じてしまった・・・とダワーは続けた。よくも悪くも、われわれ日本人には、限られた空間・限られた時間を共有するということは、深く身に染みついている。

 このまま「スペース」は閉じてしまうのだろうか。
ダワーの見た草の根のデモクラシーの発生とは、災害から勇気をふりしぼって立ち上がろうとするひとびと、原発という技術の危険を身をもって知った人たちが、自ら動きだしたことなどを指しているのはいうまでもない。ぼくたちは「スペース」の消えないうちに動き、さらに「スペース」ができるだけ長く開いているようにしなければならない。

EmbraceDower2.jpgClick to open amazon
 ダワーがピューリツァ賞を受けた著書「敗北を抱きしめて」(Embracing Defeat :Japan in the Wake of World War Ⅱ)では、太平洋戦争からマッカーサーによる占領時代までの日本を描き出し、戦中戦後の日本の支配者たち、国民、マッカーサー占領軍について、手厳しい批判を加えている。
 しかし同時に、敗戦直後の日本には「スペース」が生じ、草の根のデモクラシーが生じたことを評価している。だが、やがて旧体制の支配層が既得権益を取り戻し、高級官僚と旧財閥の支配する国家にもどったことでそのスペースは閉じてしまい、結局、日本に草の根のデモクラシーは定着しなかったとしている。
 彼は映画「日本国憲法」でも社会学者日高六郎とともに、この映画の軸をなす発言者として登場している。これは、監督であるジャン・ユンカーマンがアジアとアメリカ各国の人たちにインタビューをしてまわり、日本国憲法とは日本とその周囲の国にとって何であるかを明らかにし、どうすべきかをわれわれに問いかけるのだ。(左上の写真は、この映画の中のダワーです)

 戦後の「スペース」に生じた草の根のデモクラシーは芽のまま摘み取られはしたが、それでも「日本国憲法」は遺された。その後の日本とアジアの平和と経済自立に、それが貢献したことはたしかだ。もし、今回の地震・津波と原発崩壊のあとの「スペース」で、何も残せずなにも獲得できないことにでもなれば、日本は凋落をつづけるしかなくなるだろう。それは、かつて戦争を支えた日本人のように、この時代に生きる日本人の怠慢による犯罪だと将来の歴史が評価することになっても当然かもしれない。
 脱原発をめざすことを宣言して、それを前提に、踏まれても枯れない草の根のデモクラシーの根を拡げることが、いまに生きるわれわれの最低限の目標ではないか。そうしてこそ、東北の再建に腰を据えて集中することができるのではないか。

■追記
Facebookで、「特報!速報!東京も法定数を突破しました!!!」ということを知りました。
原発についての都民投票の条例をもとめる署名です。
これは、ネットではなく自筆の署名が必要だというのに、ぼくはまだ書いていません。
2月9日が締め切りというので、探したら神楽坂に署名できるところがあるのを見つけました。
少しでも多くしたいので、明日行きます。草の根です。
http://kokumintohyo.com/branch/archives/1027
■コメント
なぜか、このところコメントが書き込めない状態になっています。いろいろ調べていますが,目下のところ原因がわかりません。コメントをお書きくださる方は、とりあえずメールをお送りください

投稿者 玉井一匡 : 01:00 PM | コメント (0)